発売前情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー・登場人物

ストーリー概要

  • 主人公はシレン、相棒のコッパや女剣士のアスカも登場
  • 今作の時間軸は全シリーズの中で最新。砂漠の魔城から後の話になる
  • 今回はシレンの一族に関する事情も関わってくるらしい

プレイヤーキャラクター

シレン

  • シリーズのタイトル名にもなっているお馴染みの主人公
    • 新しく二刀流が可能に。

アスカ

  • 最後の登場作品から10年経過している為ギャップが大きい。
    • 「ござる」等の独特の口調は使わなくなったようだ。口調が一般的なものになった理由は作中で語られる
    • 薙刀や槍といった両手持ちの武器を装備できる。ただし両手武器装備時は盾が装備できない

センセー

  • 今作で初登場のキャラクター。シレンの叔父であり、シレンに剣術を指南したのもこの人
    • 二刀流専門で、盾が装備できない

仲間に関する詳細

  • アスカ、センセーの2人のみ
  • 複数メンバーでの探索時は、誰が倒れても探索失敗となる
  • ターンの経過無しに操作キャラを変更可能
  • 満腹度はHP同様キャラごとに個別設定されている
  • 仲間(AI操作)も罠を踏めば発動する
  • 誰を操作していても階段を降りられる
  • 作戦を細かく決められる(矢・石を使用していいか等)
  • それぞれのキャラが必殺技を使える

3人の武装手段まとめ

キャラクター 二刀流 両手武器 太刀 腕輪
シレン - -
アスカ - - ?
センセー - - ?

簡易年表

機種 作品名 シレン アスカ
N64 鬼襲来シレン城 10歳 14歳
DC,Windows 女剣士アスカ見参 11歳 15歳
SFC,DS,Wii 風来のシレン 18歳
GB 月影村の怪物 19歳
GBC 砂漠の魔城 20歳
Wii からくり屋敷の眠り姫 21歳 24歳

モンスター?


システム

対応コントローラ

  • リモコン+ヌンチャク、クラシックコントローラでプレイ可能

操作性・ゲームテンポ

  • プレイヤーによっては煩わしく感じる演出があるが、&bold;{大半は設定で除去可能}らしい
  • アイテムを拾うときのモーションはキャンセル可能
  • 画面外にいる仲間が攻撃したときに、カメラがそちらに移動する機能をOFFにできる
  • カメラの角度は変更可能。

Wi-Fi

「風来救助」「番付」モード搭載
  • ダンジョン内で他者に道具を転送できる「送受信の壺」という、通信モード専用アイテムが登場する
  • 「対戦ダンジョン」モード搭載
  • 友達や見知らぬ人とダンジョンの攻略所要時間を競う対戦モード
  • Wi-Fiのダウンロード機能を利用した新ダンジョン配布も予定されている。

従来のシステム

合成システム 印システム採用
マゼルン系登場
異種合成あり
装備の強化限界 あり
呪い
祝福
共鳴

追加要素

  • 二刀流
    • 読んで字の如く右手・左手にそれぞれ武器を装備できる
  • アイテムの所持数が増加(1ページ増加で20→30)、仲間の装備も含めて、1つのアイテム欄で管理し、共有して使うことに。1人の時は20。
  • アイテムが変化する"道具成長システム"が登場
    • ダンジョンの特別な場所に道具を置いておくと数ターン後にそのアイテムが変化するシステム
    • まったく性質の違うアイテムになったり、数が増えたりする
    • 装備品なら純粋に強化されたり、特殊能力が追加されることも
  • 細かいシステムの変更点
    • おはらいの巻物の仕様はDS版と同じ(選択式+選択した1つのみ解呪)
    • 天の恵みの巻物、地の恵みの巻物が選択式に
    • 白紙の巻物はシレン2とは異なり従来の直接入力方式