数詞の使い方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 an
2 ne
3 dri
4 kat
5 wis
6 zi
7 even
8 ai
9 nis

oir 十 10
ent 百 100
vant 千 1000
kant 万 10000
dans 十万 100000
oidans 百万 1000000
endans 千万 10000000
vedans 億 100000000
kadans 十億 1000000000
nank 百億 10000000000
oinank 千億 100000000000
ennank 兆 1000000000000
vanank 十兆 10000000000000
kanank 百兆 100000000000000
zast 千兆 1000000000000000
oizast 京10000000000000000
enzast 十京 100000000000000000
vanzast 百京 1000000000000000000
kanzast 千京 10000000000000000000

小数点→asent

次の位に移動する時はoと-をを付加する。
同じ位で移動する時は、aと'を付加する。
最後の位はそのまま。
例として、321は、dria'ento-nea'oiro-anとなる。
小数点以下は、数字を変化させずに重ねていく。

分数は、「分子」 je 「分母(+e)」とする。

  • 数を表す時は、数字が示される語の後に数詞を置く。数助詞は用いない。
  • 序数(~つ目、~番目)は、数詞の前に前置詞"mex"を付加する。