第一課


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファルディアス語には、英語と同じ、26文字のアルファベットがあります。
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

ただし、英語とは違う読み方があります。正確な読み方とは離れますが、日本語では次のように読みます。
アー、ベー、シェー、デー、エー、エフ、ゲー、アシ、イー、ジェー、ケー、エル、エム、エヌ、オー、
ペー、チェー、エル(巻き舌)、エス、テー、ウー、ヴェー、ウェア、ゲー(喉の奥から)、イェー、ゼー

音は、日本人にとっては少し変わっています。英語とも違ってきます。以下に解説します。
母音 → 日本語のアイウエオと変わりませんが、よりはっきり発音してください。母音がつながったからといって音が変化したりはしません。
[a] a
[e] e
[o] o
[i] i
[u] u

子音
[p] p → 英語のpと同じです
[b] b → 英語のbと同じです
[t] t → 日本で習う英語のtよりも強く発音してください。弱まったり、音が変化したりはしません。
[d] d → 英語のdとほとんど変わりません
[k] k → 英語のkと殆ど変わりませんが、単音では「キ」のような発音にはならないので注意して下さい。
[ɡ] g → 如何なる場合にも、鼻濁音(ng)にならないようにしてください。
[m] m → 単語の最後などに、日本人のような、uを挿入する発音をしないようにしてください。
[n] n → mと同じように注意をしてください。
[r]または[ɾ] r → イタリア語やロシア語のような巻き舌のrですが、不可能な場合は、日本語の一般的な「らりるれろ」で発音しても構いません。
[l] l → 英語のlと同じです。舌を上の歯茎にくっつけて発音し、母音と一緒に読むときは、そのまま舌をはじきます。
[f] f → 日本語の「ふぁふぃふふぇふぉ」とは違います。下唇に、上の歯をくっつけて息を通す音です。
[v] v → fの有声音です。
[s] s → 英語のsと同じです
[z] z → 英語のzと同じです
[ʃ] c → 英語のshなどと同じです。より丁寧に、優しく発音してください
[ʒ] j → 英語のj、日本語の「じゃじじゅじぇじょ」とは違います。口の中のどこにも舌をくっつけずに発音します。
[j] y → 英語のyと同じです。
[w] w → 英語のwと同じです。uとは違います。きちんと口をすぼめて発音してください。
[ʧ] q → 英語のchと同じです。
[ɣ] x → うがいをする時のように、喉の辺りを震わせて音を出します。音のイメージとしては「ガギグゲゴ」に近いです。
    訛りのようなもので、gと同じ発音も出来なくはないですが、区別が出来なくなるので望ましくありません。