時制


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 時制を表すには、動詞に時制接尾辞を付加する。

第一時制接尾辞(一時接) 時制を表す
ne 現在
se 過去
me 未来

第二時制接尾辞(ニ時接) 相を表す
s 普通
je 進行
nk 完了
rt 直近

  • 直近とは、直前や直後のことを表す。
  • 時制接尾辞は、人称変化した動詞に'(アポストロフィ)を付加し、その後に更に付加する。空白を設けず、単語の一部として加える。
  • ニ時接の「普通」は、省略してよい。
  • 一時接が現在、二時接が普通の場合、時制接尾辞は省略する事が多い。

  • Ireso'seje.
 私は歩いていた。
 ireso;動詞ire(歩く)の一人称単数A形

  • Lemesa'mert shertis.
 私はすぐに本を読む。
 lemesa;動詞leme(読む)の一人称単数A形
 shertis;名詞shert(本)の対格単数C形

  • Gesta'nenk jersa.
 彼女は行ってしまった。

  • Atteso'se hamburgeris.
 私はハンバーガーを食べた。
 atteso;動詞atte(食べる)の一人称単数B形
 hanmurgeris;名詞hamburger(ハンバーガー)の対格単数C形