否定文


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 動詞文を否定する場合は、動詞の前に"ha-"という接尾辞を付加する。

  • Ha-gesa sheliis.
 私は学校へ行かない。
 ha-;否定文を作る際の接頭辞。副詞として扱う。

  • 部分的に否定する場合は、否定する部分を"ne-""-ha"で囲む。複数語に跨ってもよい。

  • Gesa ne-sheliis-ha.
 私は、学校へは行かない。
 ne-...-ha;部分否定を表現する際の接周辞。否定する部分のみを囲んで用いる。副詞として扱う。

  • 尚、"ne-...-ha"は、名詞文の否定にも用いる事ができる。

  • Ne-vepi dersie rotie-ha.
 この服は赤くない。

  • Ne-vepi dersie-ha rotie.
 赤いのはこの服ではない。

  • Vepi dersie ne-rotie-ha.
 この服は、赤くはない。