※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鏡を見た時の反応


※デボラ以外はPS2版と共通

■【名前】は 鏡を のぞきこんだ。


■アベル少年時代
  • クチのまわりに 食べ残しの汚れが のこっている。
  • 【アベル】は 変な顔をしてみた。 ……なんとなく さびしくなった。
  • 【アベル】は 自分の顔を まじまじと見てみた。 父には 似てないような気がした。
  • 二コッと笑ってみると まんざらでもなかった。
  • 舌を ベロンと出してみた。 なんと 舌の先が 鼻のアタマに とどくことを 発見した。
  • ゴンッ!! 【アベル】は 近づきすぎて 鏡に おでこをぶつけた。
  • 【アベル】は 鏡にさわってみた。 鏡の表面に ベッタリと指紋がついた。


■アベル青年時代
  • そして 大きくクチをひらいて 虫歯がないか たしかめた。
  • そして 鏡に映った自分を見て 父の顔を 思い出そうとした。
  • 日に焼けた 健康な笑顔が 映っている。
  • そして 今までの苦労の数々を 思い起こした……。
  • 自分の顔を 見つめていて 思わず あくびが出そうになった。


■ビアンカ少女時代
  • ビアンカ「や~ん。 ほっぺたに お菓子の クリームが ついてた~。
  • ビアンカは 鏡ごしに 【アベル】を 見た。 ビアンカ「【アベル】って 男の子なのに けっこう かわいい顔してるね。
  • ビアンカ「鏡って 不思議よね。 向こうに 誰かいたりして?
  • そして かわいらしく ほほえんだ。
  • キュッと くちびるを とがらせて おこった顔を してみた。


■ビアンカ
  • ビアンカ「今日は ヘアスタイルも ばっちり きまってるわね。 さっ それじゃ行きましょ。
  • ビアンカ「最近 この髪型も あきてきたわね……。 たまには おろしてみようかな。
  • ビアンカは ほっぺたを ひっぱっている! ビアンカ「こうやって ときどき お肌に試練を あたえるのが 若さを保つ ヒケツなのよ。
  • ビアンカ「やだぁ~! 目の下に クマがあるように 見えるけど……。 ビアンカ「そ…そんなはずないよね。 もーっ ホントに この鏡ったら 故障中なんじゃないの!?
  • ビアンカ「そういえば 私 子供の頃は 頭の左右両方に 三つ編みをしてたのよね。 ビアンカ「それを ひとつにしたのは いつ頃からだったかしら……。
  • そして こっそり 口紅を 直した。
  • 鏡には 美しく成長した女性が 映っている。
  • ビアンカ「今も 幸せだけど 子どもの頃に もどってみたいなあ。 ……なんてね。


■フローラ
  • フローラ「あら この鏡 すこし くもってるみたいだわ。 フローラは ていねいに 鏡のくもりを ふきとった。
  • フローラ「う~ん……。 フローラ「いくらやっても ダメ ですわ。 どうやったら瞳を まん中に よせられるのかしら?
  • そして きのうの朝食のメニューを 思い出そうとしたが ダメだった。
  • フローラ「【アベル】さんの 好みって ロングかしら それともショート? どんな髪型が 好きなのかしら?
  • すこし 髪が みだれているようだ。 フローラは きれいなブラシを 取りだし 長い髪を とかした。
  • そして 何かを 思い出したように ふと ほほえんだ。
  • 鏡には ステキな女性が 映っている。


■デボラ
  • 鏡には キレイな女性が 映っている。
  • デボラ「自分で見て あらためて 思うけど 私って 本当にキレイよね。 デボラは うっとりしている!
  • デボラ「身だしなみは 大切よね。 少し そこで 待ってなさい。 デボラは胸元から メイク道具の入った ポーチを取り出した! デボラは メイクを 直しはじめた! どうやら 時間が かかりそうだ……。
  • 少し くちびるが かわいている! デボラは ポーチから クリームを取り出し うすく くちびるに ぬりつけた。
  • 鏡は 少し くもっていた。 デボラ「もう! これじゃ 使えないわよ。 誰か みがいておいてちょうだいね。
  • 今日も ビシッと 決まっている! デボラは 自分の姿に まんぞくした。
  • 髪が 少し みだれているようだ。 デボラ「こ こんな髪で 外を 歩いていただなんて ありえないわ! 【アベル】のせいよ もう……。
  • 鏡に映った自分に ほほえんでみた。 何だか 少し 怖いような気がした。 デボラは 気のせいだと 思うことにした。
  • デボラ「今日も 私のおハダには 1点の シミもないわね。 まあ 当然のことだけど。
  • デボラ「そろそろ 新しい服が ほしいわね。 何着か 買って 組み合わせを ためしてみるのも 悪くなさそうだわ。


■レックス
  • 【レックス】「ボクも お父さんみたいに 背が高くなりたいなあ。 【レックス】「毎日 牛乳飲んでるのに ぜんぜん 大きくなれないよ。
  • 【レックス】は 鏡に向かって あかんべーを した! 【レックス】「あはははは! へんな顔ー!
  • 【レックス】「じーっ。 【レックス】「じとーっ……。 【レックス】「うん。 今ね どのくらい まばたきしないでガマンできるか ためしてたんだ。
  • 【レックス】は 鏡に向かって てれくさそうに ほほえんだ。
  • 鏡には ちょっとだけ大人びた 【レックス】の顔が 映っている。
  • 【レックス】は おでこのすりキズを 手の甲で こすってみた。 ……いたかった。
  • 【レックス】「ボク 大人になると やっぱり お父さんみたいな顔に なるのかなあ……。


■タバサ
  • 【タバサ】「鏡さん 鏡さん 世界でいちばん かわいいのは だれですか? …… ……。 しかし 返事はなかった。
  • 【タバサ】は 頭のリボンを きれいに 結び直した。
  • 【タバサ】「髪の毛 もっと長く 伸ばしたいの。 みつあみに するのよ。 【タバサ】「……えへへ。 はやく 伸びないかな?
  • 【タバサ】「わたし お花のもようの リボンが欲しいの。
  • 【タバサ】は 鏡に向かって ウインクしようとした。 しかし どうしても 両方の目を つぶってしまう!
  • そして 鏡に向かって に~っと 笑ってみた。 笑い顔が 父に似ている。 【タバサ】は ちょっぴり うれしくなった。


■ヘンリー
  • ヘンリー「鏡なんて ひさしぶりに 見るもんな~。 オレって こんな顔してたんだ。
  • ヘンリー「こんな うす汚れた顔じゃ 誰も オレが 王子だなんて 思いっこないよな。
  • ヘンリー「おおっ ビックリしたぁ! オレ うっすらとヒゲが 生えてるよ!
  • ヘンリー「フフン。 こうして見ると オレも なかなか男前だな。 なあ 【アベル】も そう思うだろ?
  • ヘンリー「子供のころと比べると 日に焼けたもんだな~。 もうすっかり 真っ黒だぜ。


■サンチョ
  • サンチョは 自分のお腹を 軽く たたいてみた。 ポンポンと いい音がした!
  • サンチョ「ありゃりゃ。 こんなに 白髪が……。 私も 年ですかねえ。
  • どうやっても 身体の左右が はみだして 映らない。 サンチョは ためいきをついた。
  • サンチョ「鏡も ピカピカ。 床にも ほこりひとつない。 サンチョ「掃除の 行き届いた部屋は 気持ちがいいですね。
  • サンチョは くちヒゲを きれいに 整えた。

■ピピン
  • ピピン「鏡って 不思議ですよねー。 普通なら 見えない 自分の姿が 見えるなんて。
  • ピピンは もっとも カッコよく見える角度を 探している!
  • ピピン「そう言えば 真実の姿を映す 鏡とやらが 世界のどこかにあると 聞いたことがありますよ。 ピピン「そんな鏡で このボクを 映したりなんかしたら いったい どうなっちゃうんでしょうね!
  • ピピン「どこに どんな出会いが 転がってるか わかりませんから 身だしなみには 気をつけなきゃ。
  • ピピン「どんな敵が来ても あせるなよ ピピン。 お前は強い 強いんだからな! ピピンは なにやら 自分に話しかけている。


■ベビーパンサー、キラーパンサー
  • 【ボロンゴ】「ガルルルル! 【ボロンゴ】は 鏡に映った自分を いかくしているようだ……。
  • 【ボロンゴ】「フー フー! 【ボロンゴ】は 鏡に映った自分を 前足で ひっかこうとした。
  • 【ボロンゴ】は 鏡の中の自分が 自分と 同じ動きをするのが 不思議でしかたがない……。
  • 【ボロンゴ】としては 鏡にうつっている ヤツよりも 自分の方が 何倍も 強くて勇ましいと 思っているらしい。
  • 【ボロンゴ】「フニャーン。 なんだ。 気色わるいな。 同時に愛想を ふりやがって! と 鏡に映っているのが 自分だと なかなか気づけない 【ボロンゴ】であった。


■仲間モンスター
  • 【仲間】は おびえている!
  • 【仲間】は 不思議そうな顔で 鏡に映った自分の姿を ながめている。
  • 【仲間】は 様子を見ている!
  • 【仲間】は 仲間を呼んだ! しかし 仲間は来なかった。 【仲間】は 鏡の中の自分を 仲間だと思っているようだ……。
  • 【仲間】は びっくりして その場に 飛び上がった!



















| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|