川端崇文

  • 川端崇文(かわばた たかふみ)

2012年5月9日(水)のテレビタミン、センス特集にて「ボイストレーナー」と紹介される。

デビュー曲、Happytime(ハッピータイム) Goodlife(グッドライフ)のレコーディングに臨むセンスメンバーたちに対し、

「みんな『音程』のことばかり考えているから……、
 もっと、『笑い合って』とか『ずっとそばで』とか『支え合いながら』とか、
 歌詞の1つ1つのフレーズを意識して、歌って欲しい」

と、含蓄のあるアドバイスをする。
これは、単純な技術を、魂や感情が凌駕する事もあるという、全てのモノ作りに共通する事象である。

たとえば小説においても同じようなことは言える。
プロの世界においても、単純に「文章として成立させないと……」と意識するよりも、
「魂が入った文章なのかどうか」が重視される事例も珍しくないのが、本当にこの世は面白い。

また、川端崇文氏は……、諸事情により、あまり多くは語れないが、実はとても凄い、偉い人。
なぜ、どんな経緯で、これほどの人が、たかが(おいおい)熊本のローカルアイドルセンスのボイストレーナーに選任されることになったのだろうか?
塚本プロデューサーはどれだけのコネクションを持っているのだろうか……疑問は深まるばかりである。








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。