SENSExドラゴンボール 夢のコラボ物語

121016_1635~01.jpg

  • SENSExドラゴンボール の、夢のコラボ物語(センス、ドラゴンボールのゆめのこらぼものがたり)

1


SENSE(センス)とは・・・、
熊本のアイドルプロジェクトグループの事だ!!

ある日の、熊本市内でのミニライブ日。

ベジータ「カカロット、貴様・・・なんで、みーちゃん推しなんだ?」
ゴクウ(カカロット)「なーんだベジータ、おめえはエリー推しかあ?」
ベジータ「どうやら貴様とは決着をつけなきゃいけないようだな!!」

ポト。

ベジータの懐からは、『熊本アイドルプロジェクト交換日記』が落ちる。
『熊本アイドルプロジェクト交換日記』とは、
たったの1000円で、センスの好きなメンバーと交換日記が出来る・・・、
ファンにとっては、ドリームノートだ。

「 エリー、ベジータだよ(゚∀゚)
最近、妻のブルマも、息子のトランクスも冷たくてさo(T-T)o
エリーだけが、心の支えだよ(・ω・)bグッ 」

不意に、1ページ目が、ゴクウの視界に入ってしまった。

ゴクウ「べっ、ベジータ・・・。おめえ・・・」
ベジータ「殺す。殺す。カカロット、殺す・・・」

ピッコロさん「はぁっ、はぁっ・・・。愛しのやまみーに、俺の愛の『魔貫光殺砲』を放すぜえ・・・」

ゴクウ&ベジータ「!?」

2


サイヤ人襲来。
サイヤ人を撃退しようと待ち構えていた、熊本のアイドルプロジェクトグループ、
SENSE(センス)。

ベジータ「ふむ、センスのメンバーは、白担当エリー、ピンク担当えりか様、
黄色担当みーちゃん、緑担当いまりん、紫担当みずほ、水色担当やまみー。
 ・・・以上6人か」

ナッパ「丁度いい、サイバイマンも6体だな。遊んでやるか」

何やら芽を大地に植えると、小柄の高校生ぐらいの体格の、
気持ち悪い怪獣が6体現れた。

ベジータ「どうだ。一対一の勝ち抜き戦だ」

エリー「みんなを、危険な目に合わせられない・・・。私が、行くわ」

えりか様「エリー、それなら最年長の私が・・・」

エリー「たまには、リーダーにいい格好させてよ」

ナッパ「ははは。麗しいチーム愛だな」

サイバイマン「むっ、ムリです。だめです。可愛過ぎて攻撃、自爆出来ません。俺、エリー推しなんです・・・」

ベジータ&ナッパ「ええええええええぇぇぇぇぇぇ!?」

3


塚本プロデューサー「貴様が、セルか」

セル「・・・?」

塚本プロデューサー「俺の歌声を聴けぇえ!!」

と、急に、ミスチルを歌い出す塚本プロデューサー。

クリリン「ばっ、バカだ。前代未聞の、バカだ」






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。