2012.4.20 クマ牧場からクマ逃走


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


事件の場所


大きな地図で見る

事件からのカウントダウン

この事件から 1944 日経っています。

詳細

2012年4月20日午前10時5分頃、秋田県鹿角市の八幡平クマ牧場から消防に、「女性従業員がクマに噛まれた」と119番通報があり、オリの外に倒れていた飼育担当の70代女性の死亡を確認した。女性は足など複数箇所を噛まれていたという。

警察が駆けつけると、オリの扉は開いており、外に出たヒグマと見られる4頭のクマを地元の猟友会が正午過ぎに射殺したが、まだ1頭が見つかっておらず、鹿角警察署は、牧場周辺にある国道341号線を通行止めにしたほか、鹿角市教育委員会も市内の14校の小中学校に、屋外での活動を控えるよう指示を出した。クマが逃げ出していたため、警察や消防は倒れている女性に近づけず、救出した際には既に死亡していたとされている。

また、同牧場の60代の女性従業員の姿も見えず、鹿角署は、クマに襲われた可能性がある、として確認を急いでいたが、午後3時50分頃に2人目の遺体を収容した。また、20日午後、残る1頭も射殺されたとの情報が入ったので、国道341号線を解除した。

同牧場は、事件発生当時は、冬期休業中で、4月下旬に営業再開を予定していた。クマを38頭飼育していた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|