5日目 グリーンランド(午後)【長崎&グリーンランド旅行】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


旅行記


マクドナルドでは、いつもビッグマックを食べるのだが、今回は売り切れだったので、ベーコン何とかバーガーというものを食べた。

以下が筆者Kが午後に乗ったアトラクション(番号は乗った順)
①NIO
②ウルトラツイスターメガトン
③恐竜コースター
④バズーカ砲
⑤スフィンクスコースター
⑥スカイリフト
⑦スーパースライダー
⑧スピンマウス
⑨ドラゴンリバー
⑩ミルキーウェイ「彦星」
⑪アーチェリー
午前中は11種類。午後は、かなりジェットコースターを連続して乗っている。

昼食を食べた後、まずはNIOに乗った。NIOは、足ブラのコースターで、宙返りの連発をするコースターだ。コースの途中にハート型がつくられているので、すぐに分かる。ちなみに、NIOというのは「仁王」のこと。NIOは、足ブラなので裸足で乗る人が多かった。靴を下に置いておいても、ちゃんと元の位置に戻ってくるので、帰ってきてからも履けるようになっている。

次に、ウルトラツイスターメガトンへ。筆者Kは、これが一番スリルがあったアトラクションだと思う。乗り場までに、連続で何回も乗った人の木札がはられているが、メガトンの連続乗車最高記録は120回だ。なんでも、3日間泊まり込みで乗ったのだそうだ。筆者Kがそんなに乗ったら気絶しそうだ。

さて問題のメガトンは、1号車から5号車までのマシンがあり、筆者Kは、4号車に乗った。上るときは、頭が下になり、足が上になるので、頭に血が上る。しかも、最後部の人は、上るときが一番落ちそうで、スリルがあるかもしれない。上まで行って、落ちるのだが、落ちる時間は3秒くらいなので、やってみるとあまり怖くない(というか、記憶にないだけかもしれないが)。途中で何回もねじられるので変な感じがした。

メガトンの次は、恐竜コースターに乗ることにした。このコースターは、全長1,664mで、九州最長、日本でも最大級だ。ジェットコースターは、かなり高い場所まで上がるのだが、距離をかせぐためか、落ちるときの角度はそれほど急でもない。だから、落ちる速度もそんなに速くなく、怖い、というよりは気持ちいい、という感じだ。ただし、一番目の坂はそんな感じだが、2番目に恐竜の上から落ちるときは、けっこうスピードが出る。その後も、いろいろな仕掛けがあり、何よりも距離が長いので、長い間楽しめる、というのがよかった。

次は、スプラッシュを目指して池の方へ行くと、バズーカ砲というのがあった。球を鉄砲に入れて、池の中にある穴に入れるというゲームだが、これが意外に難しかった。筆者Kは、1個も入れられない。

そして、肝心のスプラッシュの乗り場へ行くと・・・、まだ、メンテナンス中!!これは、かなり乗りたかったのに残念。仕方がないので、隣のスフィンクスコースターというのに乗った。これは、ジェットコースターというよりは、普通の電車みたいで、あまり急に落ちたりしないので、全然怖くない。シートベルトなしでもいけそうだ。

それから、スーパースライダーというボブスレーに乗ろうということになった。スライダーの乗り場は、丘の上にあるが、そこへは、リフトでしか行けない。だから、リフトに乗ったが、隣接するゴルフ場などが見えて、けっこう景色がよかった。

丘の上に着くと、スライダーの乗り場には、長蛇の列ができていた。説明もあったので、なかなか列は前に進まなかったが、ようやく乗ることができた。乗ってみると、愛媛にあるこどもの城のボブスレーより、かなりスリルがあった。スピードが速く、ブレーキを踏まないと、絶対にカーブで転倒してしまう。距離も長く、面白かった。

その後、スピンマウスにもう一度乗った。これは、何度乗っても面白い!!今度は、慣れていたので先ほどのスリルはなかったが、楽しめた。

それから、ドラゴンリバーでもっともっと揺らしてぬれてみよう、ということでドラゴンリバーで再挑戦!!揺らすタイミングなどを工夫し、上半身はけっこうぬれることができた。

最後は、やっぱり立ち乗りコースター!!ミルキーウェイというジェットコースターで、立ち乗りが「彦星」、座り乗りが「織姫」と、それぞれ名前が付いている。行ってみると、立ち乗りの方が怖いからか、座り乗りの2分の1くらいしか並んでいない。すぐ乗ることができた。乗ってみると、立ち乗りでもそんなに怖くない。ただし、前の人は怖そうだ。

ジェットコースターに乗り終わっても、グリーンランドの閉園時間は17:30。まだ、10分ほど時間があったので、アーチェリーに挑戦した。アーチェリーは初めてだったが、けっこう簡単にすることができる。的までの距離も長い方と短い方があり、面白い。筆者Kは、最初はなかなか上手くいかず、地面や天井をうってしまったりと、失敗を繰り返していたが、しまいにはうてるようになった。面白くて2回目、3回目もしてしまった。もうこれで17:30だったが、サービスでその後も続けていてくれたので、あと2回やった。完全にはまってしまった。

結局、ゲートを出たのは17:50頃だった。駐車場に行ってみると、大牟田駅と行き先表示のあるバスに、長蛇の列ができていた。いったい、バスに乗れるのだろうか。きっと、西鉄で大牟田駅まで行って、そこからバスで来ているのだろう。ホテルまでは、帰りも30分くらいだった。

6日目」に続く。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|