グラバー園


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



建造物 - building     

◆旧グラバー住宅
トーマス・ブレーク・グラバーの旧居。彼は、スコットランドのアバディーンに生まれ、来日して造船所の建設やキリンビールを創始するなど、日本の近代化に貢献した人物である。クローバー型をした建物内には、グラバーやその妻のツルの遺品などが展示されている。

◆旧ウォーカー住宅
ロバート・ネール・ウォーカーの旧居。彼は、日本初の清涼飲料水(バンザイサイダー)を発売し、海運業でも活躍した。大浦天主堂のすぐ近くに建てられ、洋風建築に日本風を入り混ぜた建物となっている。

◆旧リンガー住宅
フリデリック・リンガーの旧居。彼は、リンガー商会を設立したことで知られる。建物は珍しい外壁が石造りの木造建築で、オルゴールなどを展示するほか、企画展も行われている。

◆旧オルト住宅
ウィリアム・ジョン・オルトの旧居。彼は、オルト商会を設立し、製茶業などで業績を残す。長崎の外国人住居の中でも大きい建物で、中では、140年前当時の生活用品が展示されている。

◆旧三菱第二ドックハウス
三菱重工業長崎造船所のそばにある建物で、船の修理のため、ドックに入っている船の外国人船員の休憩所・宿泊施設として利用された。建物は典型的な西洋建築で、中には船の模型などの展示がある。

◆旧長崎地方裁判所長官舎
もともと長崎市上町に建てられた建物をグラバー園に移設したもの。長崎地方裁判所の長官舎として利用され、外観は典型的な西洋建築にもかかわらず、内部は洋間と畳を敷いた和室の両方が存在する。原爆でもあまり損害を受けなかった貴重な建物。

◆自由亭
江戸時代の幕末にオープンした日本最初の西洋料理店。オランダ人のもとで修行をした草野丈吉がオーナーで、馬町に進出してから繁栄し、グラント将軍も訪れるほどの長崎一のレストランとなった。当時は、カーァヒイ(コーヒー)、カアレイ(カレー)などのメニューがあったらしい。

沿革 - history       

幕末から明治にかけて建てられた長崎に残る外国人住居は、1960年代から1970年代にかけて長崎市が取得し、1974年9月4日、グラバー園としてのオープンを果たした。それまでは、住居は別々の場所にあり、別々に入場料を公開していたが、グラバー園は、それまでの建物を全て現在の場所に移築した。オープン後も、園内の建物は増え続け、現在に至っている。

アクセス - access     

長崎市電大浦天主堂下、又は磴電停下車。徒歩8分ほど。



長崎資料館へ戻る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|