ナット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

指板の上端にある、牛骨黒檀などで出来た部品。ストリングナットとも呼ばれる。

弦を一定の幅に固定するための部品で、開放弦での弦の高さもこの溝の調整によって決まる。
ウクレレの場合は36ミリ前後が一般的である