開発関係


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Embedded C++に関して

概要

  • PDA(Pocket PC)のアプリを実装する上で必要そうだったため,メモっておく.

COMで使用できるデータ型

  • COM型名
SCODE ステータスコード.実際には数値.
HRESULT 関数呼び出しの実行状況を示す数値.以下のような値が定義されている.
GUID GUID.
VARIANT どの型でも格納可能な型.
BSTR 文字列長さが埋め込まれた文字列型.
VARIANT_BOOL COM用の論理.
DATE 日付型.COIeDataTimeクラスを通じて使用.
CURRENCY 通貨型. COIeCurrencyクラスを通じて使用.
  • HRESULTの値
S_OK 操作が正常終了
E_UNEXPECTED 予測不可能なエラー
E_NOTIMPL 実装されてない
E_INVALDARG ひとつ以上の引数が無効
E_NOINTERFACE ノットサポートインタフェース
E_POINTER 無効ポインタ

PostgresSQLに関して

ログ出力

  •  通常ログ出力
$ tail -f /CATALINA_PATH/catalina.out

  • n秒おきにログが流れる出力 (実際に開発してるとこのスピードで流れるほうがログ追いやすいので)
$ while :; do echo "hogehoge" >> /CATALINA_PATH/catalina.out ; sleep 1s(ns); done | tail -f /CATALINA_PATH/catalina.out

ただのメモ

Google関係

  • Googleのソフトウェアエンジニアリング
    • Googleでのソフトウェア開発に興味があれば こちら を参照.

Tips

#include <windows.h>
#include <stdio.h>

#if defined(_DEBUG) || defined(DEBUG)
// Debugのとき
#define TRACE(x)   OutputDebugString(x)
#define TRACE0(x)   OutputDebugString(x)
#define TRACE1(x, a)            MyOutputDebugString(x, a)
#define TRACE2(x, a, b)         MyOutputDebugString(x, a, b)
#define TRACE3(x, a, b, c)      MyOutputDebugString(x, a, b, c)
#define TRACE4(x, a, b, c, d)   MyOutputDebugString(x, a, b, c, d)
#else
// Releaseのとき
#define TRACE(x)
#define TRACE0(x)
#define TRACE1(x, a)
#define TRACE2(x, a, b)
#define TRACE3(x, a, b, c)
#define TRACE4(x, a, b, c, d)
#endif

void MyOutputDebugString( LPCSTR pszFormat, ...)
{
    va_list	argp;
    char pszBuf[ 256];
    va_start(argp, pszFormat);
    vsprintf( pszBuf, pszFormat, argp);
    va_end(argp);
   OutputDebugString( pszBuf);
}
  • MessageBoxを出力する方法
    • こんな感じ↓
MessageBox(NULL, L"daeファイルが読めません", L"Error", MB_OK);


Screen

  • エスケープ
# less .screenrc
 escape ^T^T
  • セッションの再アタッチ
$screen -d -r

添付ファイル