オルタナ憲法@wiki

児童の社会的発言権

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(新条文案)作成者:がばい

  • 児童の社会的発言権は尊重されなければならない。具体的な教育・労働・家庭などの場において、児童であることおよび未成年であることを理由として意見表明の権利が無視されることがないようにしなければならない。また、選挙権を持たない児童・未成年者が社会的・政治的な発言・行動をおこなえる環境は整備されなければならない。

■この項目について意見する



  • 解説・作成者のコメント)

    長い…です。ごめんなさいorz 
    半分ノリで作りました。どんなに確立された人格を持っていても社会的には軽視されがちな子どもの権利を積極的なかたちで表現してみました。
    新規ページの作り方や形式などがこれでいいのか良くわかっていないのですが。コメント、批判、補足があればどんどん出して欲しいです。
    -- がばい (2007-07-15 16:23:30)
  • なかなか面白い意見ですね。成人でないことを理由に不当な扱いを受けることは多いですからね。 -- 名無しさん (2007-07-15 20:15:48)
  • >名無しさん
    ぼく自身学校教育のなかで言いたいことがなかなか言えないもどかしさを感じましたし。
    「子ども」だからという理由で声をあげられないような状況は問題だし、社会をつまらなくさせていると思います。
    -- がばい (2007-07-16 01:19:55)
名前:
コメント: