精霊の悪戯~恋の徒~ 第三章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                               精霊の悪戯~恋の徒~

 

 「あっ、土の精霊の時は・どうだったけ」

やはりテンに気づかれないように強引に話しかける

「あ、あれは大変だった」

「あれは一番地獄だったかも・・なんせ恐ろしく深い地下まで落とされて・・」

「そこから魔法もナシで登れて言うん」

テ、テン危ない!

テンの後ろにモンスターがいたのだ。そしてアイリの後ろにも・・・

「うっうわー」

テンとアイリは崖から落とされてしまった。

「風よ我が名の下にわれらを助けたまえ」

アイリがそう紡ぐと2人の落下速度が落ちた。

「ふぅ、助かった」

「もう私のおかげなんだからね」

「わかってるよ」

「・・・・・これ登るの?」

「まぁそうなるかな土の精霊の時より簡単そうだし」

「そうね、わたしもまだ休息してないから高度な魔法は無理だし」

「よし登るか」

「はぁ、しょうがないなぁ夜までには登りきるよ」

「おう」

・・・・・・・・・・・・

「はぁやっと着いた」

「はぁはぁ モンスターたちはいないようね」

「そうだな、早速だけど飯にしないか」

「確かにお腹もすいたしね」

という事で2人は食事をしながら話していた。

「あと水の精霊だけなんだなぁ」

「どうしたのよ急に」

「いやあともうちょっとでこの旅も・・・」

「そうね・・」

そうしてしばらくの時が過ぎた。

「じゃあこんばんはもう寝るか」

「えぇそうしましょう」

「じゃあおやすみ」

「うん」