589 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 13:59:19.48 ID:BLpT2cI3o [4/38]

[三箇牧高校]

檜垣「……またこの人ですか」

漫「すんませんこの短時間に二回も……」

洋榎「恭子、助かります?」

檜垣「余裕です」

檜垣「何ならサービスに自爆装置でもつけましょうか?」

漫「勘弁したってください……」

洋榎「燃えるんはマウンド上だけで十分や……」

檜垣「それは残念」

檜垣「ではしあわせ草を処方しておきますので……」

京太郎「うーん、なんか治療のハウツーの話になってるけどよくわからない……」



593 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:05:22.93 ID:BLpT2cI3o [5/38]

ちゃちゃのん「…………」

京太郎「どうしたんですか、真剣な表情で」

ちゃちゃのん「いや、なんか看護婦さんえらい美人な人ばっかじゃのう思うて」

京太郎「確かにそうですねえ。まあお医者さんには例外いましたけど」

ちゃちゃのん「ああ、さっきの試合で空飛んでたピッチャーの人とか?」

京太郎「そうそう」

京太郎「それでも全体的に顔面偏差値レベル高いと思いますけどね三箇牧」 キリッ

ちゃちゃのん「うん、ちょっと嫉妬しちゃうわぁ」

京太郎「あのゲス顔のピッチャーの前の荒川さんとか、可愛らしい顔してたし」

ちゃちゃのん「憩ちゃん、ホント可愛らしいけぇなぁ」 クスクス

ちゃちゃのん「でも、あの後何してるか連絡ないし、ちょっと心配じゃ……」

ちゃちゃのん「…………」

594 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:09:14.41 ID:BLpT2cI3o [6/38]

ちゃちゃのん「なぁ、治療法説明まだかかるー?」

檜垣「そうですね、まだ嘔吐と痙攣が止まらなくなった時の対処などが残ってますし」

京太郎「そ、それはケガが原因の痙攣ですよね!? その怪しげな草のせいじゃないですよね!?」

檜垣「…………はは」

檜垣「さて、痙攣した場合ですが……」

京太郎(本当に大丈夫なのか……) タラーリ

洋榎「後はウチらがやっとくから、二人共帰ってもええで」

洋榎「巻き込んですまんかったな、お疲れさん」

ちゃちゃのん「またそがぁな冷たいこと言うて」

京太郎「そんなマジレスでお疲れさんとか言われて『あ、はいお疲れっすー』なんて出来ないですよ」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのん達も最後まで付き合うけぇ」

595 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:15:36.99 ID:BLpT2cI3o [7/38]

ちゃちゃのん「とは言え……ここ居ったら邪魔な気もするのう」

京太郎「まぁ、ただでさえベッドいっぱいですしね」

檜垣「トイレに重体の男がたくさん倒れていたとかで満員御礼なんですよ」

ちゃちゃのん「……憩ちゃんがどうしとるのか気になるし、ちょっと探検してこーへん?」

京太郎「探検ですか?」

ちゃちゃのん「そうそう」

ちゃちゃのん「保健室じゃし、体操服とかあるじゃろうし、それ借りたら堂々見て回れるけぇ」

檜垣「実習用の予備白衣やナース服ならありますし貸せますよ」

ちゃちゃのん「ホラ、こう言っちょるし」

京太郎「……ノリノリですね」

ちゃちゃのん「……実はナース服ってまだ着たことないけぇ、ちょっとだけ着てみたいんよ」

洋榎「……何や、二人で校内デートでもするんか?」 ジトー

京太郎「え、ええと…… >>598」

601 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:25:46.14 ID:BLpT2cI3o [8/38]

京太郎「え、ええと……」

洋榎「……」 ジトー

京太郎「み、皆でナース服を着て探検しましょう!」

洋榎「皆でって……」

ちゃちゃのん「末原さんも?」

京太郎「いやいやいやいや皆っていうのはそうじゃなくて……」

檜垣「ふむ……救急搬送に使うアレに患者を寝かせ、皆でナース服を着て疾走するのは有りといえば有りですね」

檜垣「それならば医療の説明を行う医者がついていてもおかしくはありませんし」

京太郎「え、そういう問題?」

檜垣「まぁ楽しそうではありますが、怒られるのも嫌なので患者は置いていってもらいましょう」

京太郎(そりゃそうだ……)

漫「あ、末原先輩には普段お世話になってましたし、私、治療方法聞いときますよ」

漫「どうせ私も傷の手当してもらわないといけませんし……」

洋榎「そうか、すまんな」

漫「いえ、いいんです。むしろやりたいくらいですから」


602 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:29:46.78 ID:BLpT2cI3o [9/38]

ちゃちゃのん「それじゃ、とりあえず君からお着替えしようか~」

京太郎「……え?」

京太郎「な、何ですかその手のナース服」

ちゃちゃのん「え、だって『ナース服を み ん な で きて探検する』んじゃろ?」 キョトン

京太郎「いやいやいやいやいや!」

京太郎「さっきの“皆”に末原さんが入らなかったようにですね……!」

ちゃちゃのん「まぁまぁまぁまぁ」

洋榎「……せやな、ガースーも着よかー」 ニィ

洋榎「ごっつ美味しいで!」 グッ

京太郎「美味しくなくていいですから!!」

京太郎「ていうか男にナース服貸し出しちゃっていいんですか!?」

檜垣「破かなきゃいいんじゃないですか、面白いんだったら」

京太郎「いいの!?」

檜垣「大阪ってそういうところです」

京太郎「へ、偏見だーーーーーー!!」

ちゃちゃのん「それー着替えさせちゃるわー」 ガバッ

洋榎「え?」

バタンバッタン

洋榎「…………」

洋榎「じゃ、じゃあちょっとウチも失礼して……」

ヌガシヌガシキャーオカサレルー

605 名前:13面白いで。自力彼女攻略は精神ボロボロになるくらいしんどかったうえにまだ成功してないけど。[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:37:55.88 ID:BLpT2cI3o [10/38]

京太郎「…………」 ズーン

ちゃちゃのん「…………ブフッ」 カオソラシ

洋榎「か、かわええで……ブフォォッ!」 クチオサエ

京太郎「嘘だ! どこの世界にこのガタイで女装が似合う男がいるっつーんだ!!」

ちゃちゃのん「いや、うん、ま、漫画キャラみたいな可愛さじゃ……」 プクク

洋榎「あ、ああ……い、いわゆる男の娘? みたいな……」 ウヒーッ

京太郎「じゃあこっちの目を、ていうか姿を凝視してから言えー!!」 ウワーン

ちゃちゃのん「…………ほ、ほんまに女の子みたいじゃよ……」 ウ、ウヒヒヒヒ

洋榎「あ、ああ……た、例えるならジョセフ・ジョースター」

ちゃちゃのん「ブフォォッ!」

ちゃちゃのん「あ、あかん……笑わせんといてぇ……」 バンバン

洋榎「ウヒーッ」

京太郎「……(´;ω;`)」

607 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:45:33.05 ID:BLpT2cI3o [11/38]

洋榎「す、漫ちゃん漫ちゃん!」

漫「なんです? 今大事な話を――――」

京太郎「…………」

漫「ブフォォッ!」

檜垣「何ですかまったく……」

ちゃちゃのん「じゃ、じゃって……これは笑ってまうけぇ……!」 ウヒーッ

漫「先生よう笑わんといられますね……」 ククク

檜垣「……常に平常心を持てないと医者にはなれませんから」

洋榎「先生先生」

檜垣「はい?」

洋榎「ほれパンチラ」 キョウタロウノスカートピラーン

檜垣「(・-・)」

檜垣「(・ー・)」

洋榎「ワロタ! 今絶ッッ対ワロテましたよね先生」 アヒーッハッハッハ!

檜垣「気のせいでしょう」

ちゃちゃのん「笑っとった……確かに笑っとったわ……!」 バンバン

京太郎「(´;ω;`)」

608 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 14:57:03.01 ID:BLpT2cI3o [12/38]

ちゃちゃのん「まーでも、しょうがないわ」

ちゃちゃのん「野球やっとったらガタイもよくなるけぇ」

ちゃちゃのん「……それにそのくらい逞しい方が男らしくてかっこええけぇのう」 ニッコリ

京太郎「……そ、そう?」

洋榎「!」

ちゃちゃのん「そうじゃそうじゃ」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんや原村和みたいなアイドル的な人気が出てくると」

ちゃちゃのん「あまりに筋肉モリモリするわけにもいかんくのうて」

ちゃちゃのん「小技や頭脳で対応するしかなくなってもうから……」

ちゃちゃのん「そういう意味じゃアイドル的人気がなくて筋肉つけ放題でヘッスラしても痛くない体型しとるキングボンビーが羨ましいわ」

洋榎「じゃかぁしい!」



611 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:02:59.10 ID:BLpT2cI3o [13/38]

ちゃちゃのん「と、いうわけで次はちゃちゃのんが着替えてくるけぇ」

ちゃちゃのん「……覗いたら怒るからのう?」

京太郎「は、はーい」

洋榎「……なーにデレデレしとんねん」

洋榎「べっつに胸なんて野球するのに邪魔なだけやろ」

洋榎「ガースーもそう思うやろ?」

京太郎「え、でも見る分にはあった方が……」 ツイウッカリ

洋榎「」 ギロリ

京太郎「いいかもと思った頃もあったけど無いほうが機能美もあって素晴らしいですヨネー」

612 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:09:26.88 ID:BLpT2cI3o [14/38]

ちゃちゃのん「じゃーん、白衣の天使じゃー」 ペカー

京太郎「おおおおお!」

ちゃちゃのん「えへへー、似合うとるかのう?」 クルクルー

洋榎「何か病院ドラマに出てくるすっとろいデブ看護師みたいやわ」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんは太っちょらんし!!」

洋榎「ふん、まぁええ」

洋榎「ウチがホンマもんの白衣の天使を見せたるわ!」

ちゃちゃのん「あーはいはいオチな」

ちゃちゃのん「探検がメインじゃからはよしてな」

洋榎「誰がオチ担当やねん!」

613 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:16:53.45 ID:BLpT2cI3o [15/38]

洋榎「じゃじゃーん!」 ババーン

洋榎「どや? どやどや?」 フフン

京太郎「…………」

ちゃちゃのん「……………」

洋榎「ん? どや?」 ワクワク

京太郎「まぁ……似合ってはいる……のかな」

ちゃちゃのん「いっそ似合ってない方が面白かったんじゃ……」

京太郎「こういう見た目の看護師さん、漫画とかにはいそうだけど……」

ちゃちゃのん「腕がいいようには見えんのう」

京太郎「ヤンチャな研修医って感じですかね?」

ちゃちゃのん「意地悪な勤続年数だけの婦長も有りかも」

京太郎「良くて破天荒主人公……」

洋榎「自分ら容姿を褒める気0か!!!」

614 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:20:56.75 ID:BLpT2cI3o [16/38]

洋榎「もうええ、ホラさっさと行くで!」

京太郎「じょ、冗談ですって」

ちゃちゃのん「もう、すーぐ拗ねるんじゃから」

ちゃちゃのん(この人が絡むと、じゃけど)

洋榎「…………」

京太郎(な、なんかフォローした方がいいのかな……)

京太郎「>>616」

619 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:30:46.23 ID:BLpT2cI3o [17/38]

京太郎「荒川さんと同じくらいイケてますよ」

洋榎「!」

京太郎「洋榎さん、足とか綺麗ですし」

洋榎「あ、あほ! どこ見とんねん!」 バキッ

京太郎「あてっ」

洋榎「そ、それにあいつはウチのライバルやで!」

洋榎「比べられても全ッ然嬉しないわ!!」

ちゃちゃのん(滅茶苦茶嬉しそうにしか見えんがのう……)

洋榎「ほ、ほら、アホなこと言うてないで校内探索やー!」 タッタッタッタッタッ

京太郎「ちょ、走らないでくださいって!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん(ありゃ顔の赤みが取れるまで止まってくれないじゃろうなぁ……)

ちゃちゃのん「って、置いてかんといて~~~!」 タッタッタッタッタッ





623 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:37:28.31 ID:BLpT2cI3o [18/38]

京太郎「や、やっと追いついた……」

ちゃちゃのん「あ、汗だくじゃ……」

洋榎「……ま、まああれや」

洋榎「制服に着替えなおせば汗も落ちるしよかったな!!」

ちゃちゃのん「反省の色0か!」

京太郎「ちょっと申し訳ないですよねぇ……」

ちゃちゃのん「ていうかデタラメに走ってきたけど、ここどこじゃ……」

洋榎「ええと、ここは……>>625」




628 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:44:18.95 ID:BLpT2cI3o [19/38]

洋榎「野球部の部室か」

京太郎「更衣室が別にあるからか、部室は一個なんですねぇ」

ちゃちゃのん「どうするん?」

洋榎「そら入るしかないやろ~~」

京太郎「うわぁ」

洋榎「敵の長所を盗むんもエースの仕事や」

洋榎「変化球投げるコツや守備のノウハウ盗んでったろ」 ガチャッ

洋榎「鍵しまっとんなぁ」

ちゃちゃのん「窓なら開いてるんちゃうけ?」

洋榎「なるほど、その発想はなかったわ」

京太郎「の、ノリノリですね……」

630 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:50:36.72 ID:BLpT2cI3o [20/38]

洋榎「…………」

ちゃちゃのん「…………」

京太郎「……窓ガラス、割れてますね」

洋榎「そんでもって傍にはガラス片のついたガムテープが捨てられとる……」

ちゃちゃのん「キングボンビー、自首するんじゃったら早い方がええよ?」

洋榎「なんでやねん! 発見するまで一緒におったろ!!」

京太郎「冗談はさておき、ものっそ部室荒らされてますねえ」

ちゃちゃのん「恨みを持つものの犯行じゃろうか」

洋榎「結構備品盗まれてそうやし、どっかの野球部員かもなぁ」

京太郎(それ、俺達が滅茶苦茶疑わしいってことじゃあ……)

633 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 15:55:35.40 ID:BLpT2cI3o [21/38]

洋榎「しかしどうする? 通報するか?」

ちゃちゃのん「ちゃちゃのん達すごく疑わしいような……」

洋榎「まぁ、他校の生徒が荒らされた学校の服着て部室に寄る理由なんてないわけやしな……」

洋榎「なぁガースー、どないしたらええと思う?」

京太郎「>>635」


A:通報しましょう
B:巻き込まれたら困るので黙って逃げましょう
C:むしろ俺達で調査とかしてみましょう
D:今部室から物盗んでもバレないだろうし、技術指南書でも盗みましょう

641 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:04:10.98 ID:BLpT2cI3o [22/38]

京太郎「今部室から物盗んでもバレないだろうし、技術指南書でも盗みましょう」

ちゃちゃのん「え……さすがにそれは……」 ドンビキ

洋榎「なるほど木を隠すなら森の中、やな!」

洋榎「って一緒に犯罪者になってどないすんねーん」

京太郎「よっと」 シンニュウー

洋榎「って、マジで中入るんかい!」

ちゃちゃのん「どどどどうするん?」

洋榎「ああ、もう!」

洋榎「危なっかしくて放置するわけにもイカンやろっ!」 シンニュウー

ちゃちゃのん「えええええ……」

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん「窓乗り越えるときにスカートん中丸見えになっちょったし、ちゃちゃのん見張りしとくけぇ」

ちゃちゃのん(さすがに中には入れんよぉ)

642 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:11:52.25 ID:BLpT2cI3o [23/38]

洋榎「うへえ、こら酷い」

京太郎「ウチと違って本来は綺麗なんでしょうね」

京太郎「全然臭くないですし」

洋榎「何人かの道具がズッタズッタやな」

洋榎「コイツらが何か恨みでも買ってたんか?」

京太郎「……荒川さんの荷物、ないですね」

洋榎「降板した後部室に戻ってきて回収したんちゃう?」

京太郎「ですかねぇ……」

京太郎(てっきりずっと練習でもしてるのかと思ったけど……)

京太郎(荷物を取りに来る余裕があるなら佐々野さんにメールしてあげたらいいのに)

洋榎「まぁ、指南書盗むっちゅーのもアレやしなぁ」

洋榎「盗み見て暗記したり、道具から推察してパクる試みしたりっちゅーのをウチは想定しとったし」

京太郎「これだけぐちゃぐちゃだとソレも出来ませんね……」

京太郎(でも折角だし、とりあえず>>645は持って行っておこう)

651 名前:何の能力がパワーアップするんだこれ。弾道か。弾道なのか。[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:18:16.34 ID:BLpT2cI3o [24/38]

京太郎「…………これは!」

京太郎(パンツとかいう幻のアイテムっ!)

京太郎(ネットで見たことがある……)

京太郎(下半身を保護するために、一部のJKはこの布切れを腰に巻くと……)

京太郎(きっとこれを履くことによって機敏に動けたりするのかもしれない)

京太郎(と、いうことでこれは頂いていこう) ササッ

洋榎「ん? どうかしたんかガースー」

京太郎「いや、何も」

京太郎(……これを盗ったことを言ったら怒られそうな気がするし黙っておこう)

京太郎(そういえばこれ、誰のなんだろう)

京太郎(あ、名前書いてある……) チラッ



ぱんつの持ち主 >>653


657 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:24:42.42 ID:BLpT2cI3o [25/38]

京太郎(あ、荒川憩ちゃん……!)

京太郎(そうか、この仄かな甘い匂いと病院臭さは憩ちゃんのか……)

京太郎「…………」

洋榎「?」

洋榎「おーい、ガースー?」

京太郎「え、あ、うん何?」 ぱんつ隠し

洋榎「いや、何かトリップしとったで」

京太郎「はは、なんでもないなんでもない!」

洋榎「何で前かがみやねん」

京太郎(このぱんつとかいう布からは並々ならぬ魔力のような魅力のようなものを感じる……)

京太郎(誰に使うかが重要だな……)

京太郎(女子に渡して履かせるのもありだけど、自分がアロマ代わりに使うのもありか……)

京太郎(とりあえず誰に使うかホテルに戻ってから決めるか)

662 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:31:19.04 ID:BLpT2cI3o [26/38]

洋榎「とりあえずそろそろ出よかー」

京太郎「ですね」

洋榎「…………」

京太郎「…………」

洋榎「いやはよ出ぇて」

京太郎「あ、俺からですか?」

洋榎「あ、当たり前やろ!」

洋榎「ミニのスカートはいとるんやで!」

京太郎「……あー」

京太郎「俺は気にしないですよ」

洋榎「ウチが気にすんねん!」

洋榎「……ていうかお前もちっとは気にせえや!!」

666 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:34:25.70 ID:BLpT2cI3o [27/38]

ちゃちゃのん「……見張りって暇じゃのう」

ちゃちゃのん「こんな裏の場所誰もこんし……」

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん(名探偵ちゃちゃのんの事件簿ごっこでもするかのう)

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん「現場の状況から犯人像をプロファイリングじゃー!」

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん「寂しい」

669 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:44:08.41 ID:BLpT2cI3o [28/38]

ちゃちゃのん「……あれ?」

ちゃちゃのん(そういえば、割れた窓から腕突っ込んで鍵開けたような……)

ちゃちゃのん(何で犯人は鍵をしめてから逃げたんじゃろ)

ちゃちゃのん(ガラス割ったんじゃから、窓から入ったのバレバレじゃろうし閉める意味なんてないじゃろうに)

ちゃちゃのん(……うーん)

ちゃちゃのん(実は窓から入っとらん、とか?)

ちゃちゃのん(扉から入れる野球部を恨んだ者が扉から侵入して道具を荒らして……)

ちゃちゃのん(後は外部犯の仕業に見せかけて窓ガラスを割ればホラ、今の状況じゃ!)

ちゃちゃのん(…………)

ちゃちゃのん(あー、でも、確か鍵の管理は憩ちゃんがしとるんじゃったか……)

ちゃちゃのん(アレだけ荒れてたら憩ちゃんの道具もダメになっちょるだろうし、その線は薄いかぁ)

ちゃちゃのん(うーん) なんとはなしに上見上げ

京太郎「あ」 スタン

ちゃちゃのん「!?」

京太郎「ま、窓の真下にいたんですか……」

ちゃちゃのん「み、みみみみ見てもうた……」 アワワワワ

677 名前:パンチラってパイパンちらりの略だろ?[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:50:16.34 ID:BLpT2cI3o [29/38]

洋榎「とりあえず、巻き込まれる前にずらかろうか」

京太郎「冤罪は避けたいですしね」

ちゃちゃのん(もはや冤ではないような……)

洋榎「そろそろ漫と恭子を迎えに行くでー」

ちゃちゃのん「その後二人どうするん?」

ちゃちゃのん「こんな時間やけど、夜行バスなん?」

京太郎「俺達今日泊まってくんですよ」

ちゃちゃのん「へ!?」

洋榎「そうそう。しかもカラボやネカフェやなくてホテルにや!」

ちゃちゃのん「へ、へぇ……///」

ちゃちゃのん(う、うわー……二人共もうお泊りで旅行するような中じゃったのか……)

ちゃちゃのん(しかもホテルとか……ちゃちゃのんよりオトナじゃ……)

682 名前:6時くらいにセーブ予定やでー[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 16:55:28.75 ID:BLpT2cI3o [30/38]

漫「末原先輩はまだちょっと立つのしんどいみたいなんで送っていきます」

洋榎「ウチらも付き合うでー?」

漫「大丈夫ですよ」

漫「それにさっきからお腹の虫が聞こえてますよ」

京太郎「そういや飯行ってなかったっけ……」

漫「末原先輩はウチにまかせて、ご飯でも行ってきてください」

洋榎「ホンマにえーのん?」

漫「はい。末原先輩のお世話は、私にやらせてください」

漫「むしろやりたい」

洋榎「ほんなら任せるわー」

洋榎「送り狼したらあかんで~」

漫「し、しませんよそんなことっ!」

685 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 17:06:03.03 ID:BLpT2cI3o [31/38]

ちゃちゃのん「ほんじゃどこ食べに行くー?」

洋榎「え、何佐々木も来んの?」

ちゃちゃのん「ひ、ひどっ! マジトーンなのが心に来るわ! あとちゃちゃのんは佐ー々ー野!」

京太郎「まぁまぁ、ササニシキさんだって一応今日はいろいろ手伝ってくれたわけですし?」

ちゃちゃのん「絶対わざとまちごうとるじゃろ!」

洋榎「しゃーないなぁ」

洋榎「まぁ財布は必要やからな」

ちゃちゃのん「扱いひどない?」

洋榎「んで何食いにいく?」

ちゃちゃのん「お好み焼きはイヤじゃよー大阪風美味しないし」

洋榎「あ?」

京太郎(染谷先輩と同じこと言ってる……)

京太郎「とりあえず俺としては>>688」

693 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 17:20:47.93 ID:BLpT2cI3o [32/38]

京太郎「手料理が食べたいなあ、なんて」

洋榎「!!!」

ちゃちゃのん「そんなんでええの?」

ちゃちゃのん「折角大阪来たんじゃから、大阪名物食べたらええのに」

京太郎「大阪名物なら、大阪人の洋榎さんが作れそうだからさ、本格的なやつ」

ちゃちゃのん「確かに」

洋榎(りょ、料理……)

洋榎(ウチが料理絹にばっか作らせとったんバレたら幻滅されるやろか……)

洋榎(た、頼む佐々木、自分がやるとか変な対抗意識燃やしとくれ~~~~!!)

洋榎(そしたらウチもお前に作らせる方向で動くからっ!)

ちゃちゃのん「ちゃちゃのんもキングボンビーの料理食べてみたいのう」

洋榎(ガッデーーーーーム)

698 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 17:32:29.83 ID:BLpT2cI3o [33/38]

洋榎「ていうかそもそもどこで飯つくんねん」

洋榎「言うとくけどウチはアカンで」

洋榎「正当防衛とはいえ窓から人間突き落としたショックで絹割りと塞ぎこんどるんやから」

ちゃちゃのん「そういえば傍にいてやらんでよかったんかのう」

洋榎「まー本人が恭子達に付き添え言うたからなぁ」

洋榎「一応由子呼んでおいたから大丈夫やろ」

京太郎「確かに厨房どうすればいいのか……」

ちゃちゃのん(ちゃちゃのんの家はまだ荷物整理できちょらんし……)

洋榎「いやー残念やなー!」

洋榎「場所があったらいっくらでも手料理つくったったのに!!」

ちゃちゃのん「何で嬉しそうなんじゃ」

京太郎「それなら>>701」

708 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 17:41:43.23 ID:BLpT2cI3o [34/38]

京太郎「からあげ食べたいです」

洋榎「お、ええな~」

ちゃちゃのん「からあげ……」

洋榎「フワッ……ジュワァ~~~」

ちゃちゃのん「行こう行こう!」

洋榎「んじゃあそこ行こうや、ごっつ美味いで!」

京太郎「はい、お供しまーす!」

洋榎「ほんならウチらはこっちやから!」

洋榎「お疲れ、佐々木!」 スタスタ

ちゃちゃのん「うん、お疲れー」 手ふりふり

京太郎「お疲れさまでーす」

ちゃちゃのん「…………」

ちゃちゃのん「って、ちゃちゃのんは佐々野じゃしちゃちゃのんも行くから!」

ちゃちゃのん「置いてかんといて~~~!」 タッタッタッタッタッ

713 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 17:49:15.58 ID:BLpT2cI3o [35/38]

洋榎「いやー……しかしアレやな」

洋榎「制服やからって居酒屋から追い出されるとは思わんかったわ」

京太郎「誰か一人でも成人必要だったんですかねぇ」

ちゃちゃのん「多分堂々酒頼もうとした挙句証明書ないけど成人ですって言い張ったからちゃう?」

洋榎「あそこの唐揚げクッソ美味いねんけどなぁ」

ちゃちゃのん「うう……まさか夜空の下でからあげクンを貪ることになるなんて……」

洋榎「屋台の美味いからあげにしておくべきやったか……」

京太郎「まぁもう夜も遅いですしねえ」

ちゃちゃのん「あ……そっか、二人はホテルなんじゃもんね……」

ちゃちゃのん(うー……さすがに邪魔しちゃ悪いのう……)

ちゃちゃのん(ホントはもうちょっと遊びたいし、何なら朝まで遊びたいんじゃけど……)

ちゃちゃのん(ちょっとくらいからかうのは楽しそうじゃけど、亀裂入られても後味悪いし……)


717 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 17:53:38.74 ID:BLpT2cI3o [36/38]

洋榎「まぁウチとしてはカラオケなりで遊んでもええんやけど」

ちゃちゃのん「(`・ω・´)!」

洋榎「明日一応学校やしなぁ……」

ちゃちゃのん「(´・ω・`)」

洋榎「授業中寝てもええんやけど」

ちゃちゃのん「(`・ω・´)!」

洋榎「ホテル代もったいないからなぁ」

ちゃちゃのん「(´・ω・`)」

京太郎「……佐々岡さん、割りと分かりやすいですよね」

ちゃちゃのん「?」

ちゃちゃのん「なにが?」

ちゃちゃのん「あとちゃちゃのんは佐々野じゃ」


724 名前:戦犯>>409[saga] 投稿日:2012/07/01(日) 18:00:10.48 ID:BLpT2cI3o [37/38]

洋榎「ほんなら今度こそお別れかー」

ちゃちゃのん「そうなるのう……」

洋榎「ま、次会うときは甲子園やな」

ちゃちゃのん「そっちちゃんと出られるん?」

洋榎「ウチらの心配より自分のレギュラー心配せえよ」

ちゃちゃのん「相変わらずムカつく奴じゃー」

洋榎「こっちのセリフや」

京太郎(どんぐりどんぐりアンドどんぐり……)

洋榎「これも何かの縁やし、ガースーも挨拶しといたらどうや」

京太郎「そうですねえ。今日はお世話になりました」

ちゃちゃのん「こちらこそー」

京太郎「それと>>>727」

759 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 00:14:42.88 ID:aD7zg6MOo [2/32]

京太郎「これ、俺の連絡先です」

ちゃちゃのん「!!」

洋榎「!!」

ちゃちゃのん「ええの?」

京太郎「はい」

ちゃちゃのん「えへへ……嬉しいのう……」

ちゃちゃのん(広島出て初めてのニュー友達じゃー♪)

洋榎「…………」

洋榎「あーっとそろそろ電車出るわ飛びのんでー!!!」 グイッ

京太郎「わーっ!?」

ちゃちゃのん「あ、ま、またのう! メールするわー!」 ブンブン

京太郎「お疲れ様ですー!」 ブンブン

洋榎「さっさと帰れや佐々木バーカ!」 タッタッタッタッタッ

ちゃちゃのん「佐々野じゃ、あほー!」

763 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 00:20:17.99 ID:aD7zg6MOo [3/32]

[ホテル]

京太郎「えーっと、メールによるとここのホテルみたいです」

洋榎「……ぼちぼちええホテルやな」

京太郎「さすがに洗脳関係で会計をごまかしてはいないと信じたい……」

友子「あ、二人ともー」 ブンブン

久「おかえりー」

洋榎「ただいま帰ったでー」

京太郎「遅くなってすんません……」

友子「一応学校行事みたいなものなんだから、遅くなるなら連絡してくれないと」

京太郎「すんません……」

洋榎「あんたの子やなし孫やなし、余計な――

友子「責任取らされてクビになったら責任取って養ってくれるのかしら」

洋榎「すんませんでした以後気をつけます」


768 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 00:29:30.55 ID:aD7zg6MOo [4/32]

友子「や、でもよかったわ、二人して別のベッドが回転するホテルに泊まられたりしなくて」

京太郎「!!」

久「やめてあげたらー休憩してきた後だったら可哀想じゃない」 クスクス

洋榎「?」

京太郎「ふ、普通に他校の研究したりしてきただけですっ!」

久「あら、そうなんだ」

洋榎「まぁ、イケ好かん千里山の連中に更にイケ好かん奴が加わったっちゅー話や」

洋榎「?」

友子「まぁでもこれで、帰ってきてないのはあと咲ちゃんと穏乃ちゃんだけね」

京太郎「!」

洋榎「何や、あの二人もまだなんか」

京太郎「不安だ……」

友子「まぁ小学生じゃないんだから、大丈夫だとは思うけど……」

洋榎「二人共行きたいとこあったみたいやし、その用事が長引いとるだけやろ」

京太郎(だといいんだけど……)


772 名前:二個目の洋榎「?」は久「?」やった……ヒから始まる予測候補め[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 00:37:24.75 ID:aD7zg6MOo [5/32]

友子「二人共遅いからこっちで部屋割り決めちゃったわよ?」

京太郎「全然問題ないですよ、遅れたこっちが悪いですし」

洋榎「んで、ウチらの部屋は何号室やー?」

久「貴方達の部屋は334号室よ」 ニッコリ

京太郎「俺の部屋は何号室です?」

久「だから、貴方“達”の部屋は334号室だって」

洋榎「…………」

洋榎「はああああああああああああああ!?」

友子「だって、適当に居る人間で先にペア組んだから」

久「遅れてきたらそうなるわね~」 ニヤニヤ

洋榎「い、いや、そうは言うけどな……」

久「あら、雑魚寝とか友人間じゃよくあることじゃない」 ニッコリ

友子「そうそう、何も問題ないじゃない」 ニッコリ

洋榎「え、ま、まぁそうやけど……」

洋榎「でもウチいびきとかかいとったら恥ずかしいし……」

久「あら、いびきなら誰と同室でも恥ずかしいと思うんだけど?」 ニヤニヤ

友子「そうよねぇ~」 ニヤニヤ

782 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 00:43:40.79 ID:aD7zg6MOo [6/32]

洋榎「いや、別にウチはイヤじゃないんやけど……」 ユビクルクルー

洋榎「ガースーがイヤかも分からんし……」

洋榎「それに着替えとかも困るし……」

友子「いやー本人は困らないんじゃないかなー」

久「そうそう、むしろ着替えが見られてラッキー、みたいな」

洋榎「そ、そうは言うてもやな……!///」 カァァァァァ

京太郎「はいはいいいから俺の部屋番教えて下さいよ」

洋榎「へ?」

京太郎「数的にどう考えても俺・猿野は不動でしょ」

京太郎「他に猿野と組みたがる女子がいるとも思えないし」

京太郎「穏乃だったらサル同士楽しくやりそうだけど、本人不在でそれはやらないんじゃないですか」

久「ちぇー、あっさり看破されたー」 ブー

友子「面白くなーい」 ブーブー

京太郎「小学生じゃないんですから……」

洋榎「せ、せやな! 小学生じゃあるまいし、そんなアホくさい冗談に踊らされてたまるかいな!」 アハハハハー

789 名前:安価で畜生行動取れば取るほど畜生になる。なお多方面に手を出せば出すほどラノベ並のにぶさになる模様。[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 00:56:51.06 ID:aD7zg6MOo [7/32]

【その頃の咲さん】

咲「うう……どこだろうここ……」

咲「ちゃんと人に聞いてきたから日本橋に近づいてるとは思うけど……」

咲「もうお店しまっちゃってるよぉ……」

咲「でもでも今更引き返したら損な気がするし、このまま行くしか無いよね……」

咲「せめてフラッシュ炊いて街並みを写真に撮らなきゃ!」

咲「でもよくわからない駅でつい降りちゃったし、人に聞いてみよう……」

咲「すみませーん!」

ほむら「何かしら」

咲「日本橋ってどういったらいいいですか?」

ほむら「それなら東西線ね」

咲(東西線……そういえば大阪駅で見た路線図にもあったような)

咲(確実に近づいてる!)

ほむら「とりあえず大江戸線で門前仲町まで出たらわかると思うわ」

咲「ありがとうございます!」

ほむら「どういたしまして」

咲「うう、もうすぐ着けるって思ったらワクワクしてきたよ~」


799 名前:>>795 A:咲が日本橋の読みを勘違いしてた B:声が小さく聞き間違えられた C:誰かの悪意 D:新井が悪い[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 01:06:53.56 ID:aD7zg6MOo [8/32]

猿野「うーっす」

京太郎「おお、広いなこの部屋」

猿野「だろー」

猿野「しかもほれ、ペイチャンネル」

京太郎「…………ほほう」

猿野「ちなみにショボイが大浴場みたいなのもあった」

京太郎「おお、マジか!」

猿野「マジマジ」

京太郎「ちょっと行ってくるわー」

猿野「おー」

猿野「あ、そだ、お前風呂からあがったらどうする?」

京太郎「?」

猿野「素直に寝てしまうのかってことだよニブチーン」 クックック

804 名前:ちなみに穏乃は外見は穏乃よ。パワポケダッシュのワンコをイメージしてた。今は反省している。[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 01:17:39.98 ID:aD7zg6MOo [9/32]

京太郎「おいおい寝ない気かよ」

猿野「今夜は寝かせないぞ☆」

猿野「ってアホか~~~~!!」

猿野「何でお前と過ごさにゃならんのだ!」

猿野「……まあ二人でペイチャンネルを見ながら夜通しちょめるのはありだが」

京太郎「アリなのかよ……」

猿野「折角だしさー、女子部屋遊びに行こうぜー」

京太郎「でも、お前の目当ての和いないぞ?」

猿野「ばっか、最近俺は学習したのよ」

猿野「なんだっけ、賞をうんだばだーまずUMAからイーヨー、だっけか」

猿野「とりあえずタコスとちんぽっぽの部屋に突撃して和の情報を聞き出すつもりよ!」

京太郎「へー」

猿野「わぁ興味ゼロ」

猿野「お前もうちょい俺にも関心示せコラ~~~~~ッ!」

京太郎「ギャーッ、ロープロープ!!」

809 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 01:24:15.50 ID:aD7zg6MOo [10/32]

猿野「で、マジでお前どーすんの?」

猿野「どこも行く予定なくて寝たいっつーならさっさとタコス達ンとこ行く準備するし」

猿野「大会前に親睦深めるためペイチャンネルするなら栄養剤でも買ってくるし」

京太郎「買ってくんなよ……」

猿野「お前もタコス達んとこ行くならそう連絡するし」

猿野「それとも他の部屋に行くのか?」

京太郎「……そういや他の部屋ってどうなってんだ?」

猿野「えーっと、部長とワカメ先輩、ともちゃん監督とミッフィーちゃん、んでタコスとちんぽっぽだな」

京太郎(遅れ女子トリオは三人部屋なのか……)

猿野「で、どーすんだ?」

京太郎「んー、俺は>>811」



821 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 01:31:39.80 ID:aD7zg6MOo [11/32]

京太郎「俺は寝るよ、疲れてるし」

猿野「了解」

猿野「んじゃ鍵渡しておくわ」

猿野「俺も一緒に出てタコスんトコ行ってくる」

京太郎「おう」

猿野「……寝るっつっても、性的な意味で寝るなよ」

京太郎「ば、相手がいねーだろ」

猿野「…………ペッ」

京太郎「唾吐かれた!?」 ガビーン

猿野「これだからラノベ主人公は」 ペッペッペッ

京太郎「いや、ラノベじゃないし」

824 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 01:41:11.31 ID:aD7zg6MOo [12/32]

[脱衣場]

京太郎「~~~♪」 鼻歌:ゴッドファーザー愛のテーマ

京太郎「ん、ポケットに何か入ってるぞ……」

憩のぱんつ

京太郎「…………」 ムクムク

京太郎「な、なんだろう、ただの布切れのはずなのに……」

京太郎「得体のしれない感覚が俺の中を駆け抜ける……」

京太郎「い、いかん、平常心平常心……」

京太郎「こんな下半身で公衆浴場は不味い」

京太郎「そんなことしたら公衆欲情じゃないか」

京太郎「萎えるものを考えるんだ……」

京太郎「母ちゃんの裸、マツコ・デラックス、ビッグ・ザ・ブドー……」

京太郎「らせん階段、カブト虫、廃墟の街、イチジクのタルト……」 シナシナ

京太郎「ふぅ……よし、風呂に入ろう」

827 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 01:54:21.45 ID:aD7zg6MOo [13/32]

[大浴場]

京太郎「ふ~~~……ビバノンノン」

京太郎「いやー、これで混浴だったらなあ」

京太郎「…………」 ニヘラ

京太郎「いかんいかん、平常心平常心」

京太郎「それよりあのぱんつを誰に使うかだよな」

京太郎「どう渡すにしても、誰に渡すか早めに決めるべきだよなぁ」

京太郎「俺が使うなら使うでもいいし……」

京太郎「うーん、どうしよう?」


誰に荒川憩のぱんつを使いますか >>830

841 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/07/02(月) 02:01:24.57 ID:aD7zg6MOo [14/32]

京太郎「洋榎さんに履いてもらおう」

京太郎「薄桃色で装飾も少ないシンプルなやつだし、多分似合うよな」

京太郎「……問題は、荒川さんのって言ったら怒りそうなことだよなぁ」

京太郎「うーん……」

京太郎「まあ、どう渡すかは明日考えるか」

京太郎「最悪猿野あたりに履くよう伝言伝えさせて殴られる役を押し付けたらいいし」

京太郎「下位楽天でも奢れば許してくれるだろ」

京太郎「さて、風呂から出たら……寝るぞー!!」