348 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 00:16:25.69 ID:m7UAHSjEo [2/11]

【7月2日(月)】

[通学路]

咲「京ちゃん!!」

京太郎「おお、咲」

咲「えへへー、久し振りだね」

京太郎「そうだなあ。もうえらいこと会ってなかったような気がするな」

咲「そうだねぇ」

咲「楽しくて濃密な時間だったし」

京太郎(楽しくて濃密な時間からハブられた俺って一体)


350 名前:12時衣普通に人がいてびっくり[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 00:24:39.70 ID:m7UAHSjEo [3/11]

咲「ふっふっふ」

咲「合宿でパワーアップした私を早く見せたいよ」

京太郎「ふっふっふ」

京太郎「パワーアップしたのがお前だけだと思うなよっ!」

咲「放課後を楽しみにしててよ」

咲「ビックリさせてあげる!」

京太郎「そっちこそ、おむつでも用意した方がいいんじゃないか?」

京太郎「ちびるで」

京太郎(人員爆増、しかも大阪の有名選手にバッセンエースに和の旧友だからな)

京太郎(言葉をなくすだろうよ) クックック


356 名前:毎度冒頭はjaneデフォ設定に身を任せ途中からsagaになってるわ。(学習能力低くて)すまんな。[saga] 投稿日:2012/06/23(土) 00:44:29.69 ID:m7UAHSjEo [4/11]

[グラウンド]

京太郎「よーしまずは軽く朝練だ!」

京太郎(咲達驚くだろうな~)

京太郎(俺は実家だから終電で帰ったけど……)

京太郎(洋榎さんや憧ちゃんなんかは合宿組に対抗すべく自分達も合宿だーとか言ってたし)

京太郎(エアキャンプとかって南浦さんもノリノリで自宅に連絡してたから)

京太郎(泊まりで練習してたんだろうな)

京太郎「多分もうグラウンドに来てる人もいるだろうぜ」

咲「そうだね……って、うわっ!」 ビクッ

咲「な、なんかすごい人がいるよっ!!」

京太郎「ふっふっふ、そうだろうそうだろう」

咲「サンバみたいな格好の人とか小林幸子みたいな格好の人がキャンプファイヤー跡地で爆睡してるよ!」

京太郎「うわぁぁぁぁぁビックリした!」

洋榎「んー……何や、もう朝か」

京太郎「うわあ、洋榎さんだったのか!」

洋榎「うおっ、びっくりさすなや……いきなり至近距離で絶叫とか堪忍やで」

京太郎「それはこっちの台詞だよ……まさか俺が言葉をなくすはめになるとは思わなかったよ」

363 名前:長文書いた直後に謎落ちをかますぐう畜PC。ID変わってるかもわからん。 ◆wKs3a28q6Q[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 01:04:22.95 ID:m7UAHSjEo [5/11]

洋榎「おーい、お前ら起き! アサガクルデー」

京太郎「とっくにきてるよ……」 ゲッソリ

憧「うう……頭いた……」

猿野「飲み過ぎた……」

数絵「うーん、あと8時間……」 ムニャムニャ

京太郎「っていうかなんでこんなことに……」

洋榎「そらお前、キャンプの締めいうたら焼肉とキャンプファイアーやろ」

憧「……フォークダンスや一発芸もお約束だったとはいえ、この仮装はちょっとやりすぎたわね……」

京太郎「ちょっとじゃないし、咲達のやってたキャンプはそういうキャンプじゃないし!」


366 名前:アホの子人選戦犯安価[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 01:20:58.87 ID:m7UAHSjEo [6/11]

咲「きょ、京ちゃん……この変な人と知り合いなの……?」

京太郎「まぁ、うん……」

京太郎(期待とまるで違う方向に度肝を抜いてしまった……)

京太郎「この人達は――――」

優希「曲者ーーーーーッ!」 トビヒザゲリッ

穏乃「変質者めーーーッ!」 フライングクロスチョーップ!

洋榎「ぬわーーーーーーーーっ!?」

ドンガラガッシャーン

京太郎「…………」

京太郎「まぁ、そうなるよね……」

京太郎(ちゃんと事前に写メでも送って紹介しておくべきだったか……)


368 名前:2連続書き込みすらできないって怒られた。ファッキューイーモバイル。[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 01:37:50.55 ID:m7UAHSjEo [7/11]

優希「いくじぇサル、合宿で身に付けたツープラトン、今こそ見せる時だじぇ!」

穏乃「おう!」

咲「げぇーっ、あの技は!」

京太郎「知っているのか咲!?」

咲「本来の技とはちょっと違う……」

咲「ツープラトン用にアレンジを加えられている……」

咲「でも間違いない! あの技は!」

優希&穏乃「トライアングルドリーマーッ!!」

ズダーーーーーーーン!

洋榎「ひゃるりら~~~~」 バタッ

カンカンカンカーン

久「これは文句なしのKOね!」

京太郎「あ、部長。おはようございます」

久「おはよう須賀君。どこからか持ってきたゴングには突っ込んですらくれないのね」

372 名前:出先で投下は環境が糞糞アン糞ということを実感。休むべきだったか。[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 01:45:51.04 ID:m7UAHSjEo [8/11]

久「それより、あれ、誰?」

京太郎(洋榎さん、部長にも知られてないのか……)

京太郎「新入部員です!」

京太郎「へへ……おれ、待ってる間に部員集めたんですよ!」

久「そうなの? 凄いじゃない」

京太郎「今KOされたのが愛宕洋榎さん」

京太郎「大阪の名門・姫松の主力だったのを引き抜きました」

久「へえ、やるじゃない」

京太郎「で、あっちで洋榎さんを開放してるのが、和と穏乃は知ってるだろうけど――」

穏乃「ん?」

京太郎「奈良の晩成高校から引きぬいた新子憧ちゃん」

穏乃「え、憧!?」

穏乃「このストリッパーみたいな格好の変質者が、あの憧!?」

憧「好き放題言ってくれるわね……」



376 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 02:03:21.46 ID:m7UAHSjEo [9/11]

憧「あ、あんた穏乃!?」

憧「アンタこそ変態っぽ居っていうかなんて言うか……」

憧「随分毛深くなくなったっていうか、全体的にも部分的にもトゥルットゥルというか……」

穏乃「へ、へんかな?」

憧「や……変じゃないけどさ」

憧「ただ、随分人間みたいになったなって」

穏乃「へへ」

京太郎(照れるところなのか?)

憧「あ、そうそう、灼もこっち来てるわよ!」

憧「ハルエにご飯作らなきゃっていって昨日は帰っちゃったけど」

穏乃「はるえ・・・? そんなことより灼元気だった!?」

憧「そりゃーもう!」

久「あの二人は知り合いなのね」

京太郎「ええ」

京太郎「和が来たら驚くでしょうね」

385 名前:>>379 (まもなく終了で)すまんな[saga] 投稿日:2012/06/23(土) 02:18:10.42 ID:m7UAHSjEo [10/11]

久「で、あっちでわいせつ物陳列罪状態なのが猿野君として……」

久「あっちで爆睡してるのは?」

京太郎「南浦数絵――バッティングセンターから引き抜きました」

久「そ、そう、バッティングセンターから引き抜きね……」

久(なにいってだこいつ)

久「じゃあまぁ今日の放課後は、合宿組の合宿成果を軽く見せつつ練習して……」

久「そのあとは須賀君への褒美と新メンバーとの親睦を兼ねて食事でも行きましょう!」

咲「それ、いいですね!」

京太郎「…………」

久「ん? どうかした?」

京太郎「いえ……楽しみだなーって」

京太郎(スイカカレーがトラウマになってて食事会ってワードで若干拒絶反応が……) ゲッソリ

久「それじゃ、放課後を楽しみに朝練頑張りましょう!」

優希「おー!」

久「……あ、須賀君は居残り組の代表だし、愛宕さん達とキャンプファイアーの残骸の片付けよろしくね」 ニッコリ

猿野「あ、俺ら衣装着替えてメイク落としてこねーといけないから、後頼んだわ」 タッタッタッタッタッ

咲「……ふぁいと、京ちゃん!」 グッ

京太郎「とほほ……」

424 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 00:30:28.96 ID:g4zK6315o [2/64]

[グラウンド]

猿野「練習の時間だだああああああああwwwwwwwwwwww」

猿野「で、和はどこだ~~~~ッ!」

京太郎「和ならまだ着替えてるんじゃないか?」

猿野「トンボ掛けの時間にまだ着替えだとォ~~~!?」

猿野「説教してやるぅぅぅぅぅ!」 ダッダッダッダッダッ

京太郎「ば、更衣室に突撃は洒落にならんだろ!」 ダッダッダッダッダッ

咲「でも後を追って更衣室には行くんだ……」 ムッ

数絵「アクシデントを装って覗く……基本ではありますね」

猿野「「う゛う゛にぃ~…コラぁアアアアアア!!」

着替え中の和「キャアアアアアアアアアアアアアアアア」

猿野「なにやってだ~~~~~~~~!!なにやってだ~~!」

(ここで少女の前に移動、両手でピースを作りながら)

猿野「なにやってだ~wwwwなにやってだあああwwwwwwほげええええええええwwwwwwwwwwww」

京太郎「ば、ばか猿野! 早く出――」 チラッチラッ

和「(片手を突き刺し)お帰れ」 プスッ

猿野「目がァァァァァァ!」

京太郎「さ、猿野ォォォォォォ!」

和「…………」 ゆらり

京太郎「ま、待て和! 俺は何も見てな――――」

和「見てるとか、見てないとか……そんなの関係ありません」 オオキクコブシヲフリカブッテ

京太郎(ならばいっそ――――活目すr)

ズガン!!

427 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 00:35:01.09 ID:g4zK6315o [3/64]

久「……それで、グラウンドに首まで埋められてるんだ?」

まこ「見事なまでの晒し首じゃのう……」

洋榎「つーかようあんな掘れたなおい」

咲「それはほら、私の巧みなバットコントロールで……」

優希「バットコントロールの一言で大穴穿つとか化物ですか」

久「……それで、二人共」

京太郎「はいすいません反省してます出して下さい」

猿野「それか出さないならいっそスカートを履いて近くに」

ドゲシ!

久「……それで、須賀君」

京太郎「は、はい」 ビクビク

久「どうだった、のどっ乳は」 真顔


433 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 00:41:36.02 ID:g4zK6315o [4/64]

京太郎「え、そ、そりゃあ……」 メヲソラシ

久「ふむ……素直な意見を観察するには顔だけ出すんじゃなくて下半身だけを」

まこ「わりゃ出場停止処分でも招くつもりか」

久「冗談よ」

久「でも、須賀君」

久「和の胸、すっごいでしょう」 ニヤッ

京太郎「ま、まぁ……」 テレテレ

洋榎「……しっかし原村は何でちんたら着替えとったん?」

洋榎「原村サイドにも責任の一端はあるんやなかろうか」 ズイッ

久「あー、まあ、そこは許してあげて」

久「特訓の結果バストサイズが大増量して今のユニフォームが着れなくなったのよ」

洋榎「は?」

久「無理やり押し込んでからじゃなきゃ特訓出来なくなっちゃってね~」 ケラケラ

和「わ、笑い事じゃありませんっ///!」

和「これ、すっごく走りにくいんですからっ……!」

京太郎(…………うん、イイ。すごくイイ) 思い出し鼻血

咲「…………」 ズゲシ

京太郎「いたっ!」

洋榎「…………」 ガッ

京太郎「な、何!?」

憧「…………」 ゲシゲシ

京太郎「さ、さっきから後頭部蹴ってるの誰!? くそっ振り返れねえっ!」

439 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 00:56:54.18 ID:g4zK6315o [5/64]

咲(なんか今の京ちゃんむかつく……)

憧(ったく……折角尊敬してたのに。女にだらしないオッサンみたいなのはかんべんしてほしいわ)

憧(ましてや和は私の大事な友達なんだから……)

洋榎(……思わず蹴ってもうたわ……)

洋榎(アカン、ちょっと冷静になろ)

久「まあそんなわけで、のどっ乳はちゃんと大きくなったわよ!」

京太郎「ナイスです、部長……」

洋榎「……おい原村」

和「はい?」

洋榎「今度うちにもどうやったらそんなデカなるか教えてーや」 ヒソヒソ

和「……胸が大きくてもいいことなんてありませんよ」

和「走るのに邪魔ですし、バッティングの度痛いですし」

和「私には、アタ……(適当に発音して誤魔化し)先輩のヘッスラしやすい体型が羨ましいです」

洋榎(アカンアカンで愛宕洋榎キレたら負けや部活においてはウチのが新入りウチのが新入り……) ゴゴゴゴゴ



捕 原村 弾道4 BECDCB 人気者 安定感 帳尻合わせ 威圧感 固め打ち アベレージヒッターキャッチャー◎ ブロック

捕    原村 弾道4 BEEDCB 人気者 安定感 帳尻合わせ 威圧感 固め打ち アベレージヒッター 【走塁△】NEW 【盗塁△】NEW キャッチャー◎ ブロック 【ささやき戦術】NEW




445 名前:毎度忘れてすまんな。学習能力ほしい。[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 01:11:35.82 ID:g4zK6315o [6/64]

優希「ふっふっふ……」

咲「優希ちゃん!?」

京太郎「あ、タコス!」

京太郎「どうせ蹴ってたのお前だろっ!」

優希「違うじぇ! 我慢してやったじぇ!」

京太郎(我慢……?)

優希「まぁとりあえず出してやってくれー」

洋榎「ええんか、こいつ出してもうて?」

優希「ふっふっふ……」

優希「こいつには私が身につけた速球をぶち当ててお仕置きしてやるんだじぇ!」

久「やめなさい」 チョップ

優希「あたっ」

久「アンタの速球、今はそこそこ威力もあるんだから」

京太郎「そうなのか……」

久「まぁでも成果は見せたいでしょうし、掘り起こしたら、打席に立ってもらおうかしら?」 ニヤリ


447 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 01:17:19.00 ID:g4zK6315o [7/64]

京太郎「こい、タコス!」

優希「漏らすなよ、バカ犬!!」

和「キャッチャーは私が――」

憧「私がやるよ、和」

和「え……でも……」

憧「私にやらせて。むしろやりたい」

和「でしたら……お任せします」

憧「ありがと」 ニコッ

憧「…………」

憧(久しぶりだな、ミット付けるの……)

憧(去年の晩成戦以来だから、約1年か……)

憧(カッコつけたはいいけど、やっぱり、キャッチャーやりたかったしね……)

憧(せめて和の女房役の球を見て、私にゃ無理だと悟って気分よくライトに回らせてもらおう)



449 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 01:21:21.03 ID:g4zK6315o [8/64]

優希「いくじぇ!」 ビュッ

ギュオオオオオオオオオオオオオオ!

ズバーン!

京太郎「おお、早くなっとる早くなっとる」

優希「な、なんだその気の抜けた褒め方はー!!」

京太郎「いや、まあ、2日でこんだけ速くしたのにはビックリだけどさぁ……」

京太郎「普通にまだ全然打てるっていうか……」

優希「仕方ないだろ! 元から速球派じゃないんだから!」

京太郎「まぁそうだけどよぉ……」

憧(確かに……あんまり大したことはない……)

憧(コントロール重視の軟投派なのかな?)

優希「速球上げるため相当無茶したんだじぇ!褒めろ!」

久「まぁ、反動でコントロールガタ落ちなんだけどね」

憧(ええええええ…………)

久「まぁそれでも3回くらいまではコントロールも標準レベルではあるけどね」

453 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 01:35:45.58 ID:g4zK6315o [9/64]

優希「私の真価はこっからだじぇ!」

優希「受けてみろ、真・タコスボール!!」 ビュッ

ふわ~ん

バシッ!

ポロッ

憧「!!」

京太郎「うっ!」

優希「どうだ!」

京太郎「いやー……おっせーなーこれ」

久「打ち気の相手のリズムを崩して凡打にさせる戦法よ!」

優希「ホントはズバッと三振取りたいんだけどなー」

久「まぁ、単なる速球だけじゃ使い物にならないレベルだからねー」

京太郎(結構キツイこと言うなこの人……)

久「ナックルがいい感じに揺れるし遅いから、球速差と不規則な軌道で幻惑するスタイルよ!」

憧(……捕れなかった……)

憧(和は……これを捕るのよね……)

憧(……悔しいなあ。悔しいよ。三年間振り絞って真っ向から負けるわけじゃないっていうのが何より悔しい)

憧(私は何て無駄な時間を……)

456 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 01:41:33.46 ID:g4zK6315o [10/64]

京太郎「だが……パワーアップしたのがお前だけじゃないと思うなよ?」

優希「何ぃ~~~~~!?」

京太郎「投げてこい、優希!」

優希「チェイサー!!」 ビュッ

ギュオオオオオオオオオオオオオオ!

バシッ!

ポロ

和「ボールですね……」

咲「思いっきり逆球いったねえ」

憧(また捕れなかった……) シュン

459 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 01:58:14.14 ID:g4zK6315o [11/64]

 ・ ・ ・ ・ ・ ・

和「これで3球連続ボールですね」

京太郎「ど……どうだ……みたか!」 ゼーゼー

和「見たかも何も、勝手に優希がコントロールを乱しただけじゃ……」

京太郎「い、いや……」

京太郎「これこそが俺の能力、須賀ファントム!」

京太郎「四球を誘発スルぜ……!」

咲「私と被ってるよね」

優希「しかもイレギュラーバウンドとか打てない分劣化してるじぇ」

和「しかもその息の見出しっぷりを見る限り、連発出来ないみたいですし」

京太郎「」

洋榎(ウチを破ったワザがボロクソ言われるのは気に食わんな……)

464 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:15:35.65 ID:g4zK6315o [12/64]

京太郎(それにしてもさすが和……)

京太郎(不自然に逆球させてもすぐに優希を修正してくるな……)

京太郎(姫松の時は最初に乱発して甘く入れさせたたまをホームランにしただけで)

京太郎(あとは勝手に真ん中とボールゾーンを行ったり来たりさせてくれてたのに)

洋榎「……タコスって言うたか、お前」

優希「いかにも、私は清澄のタコスクイーン片岡優希だじぇ!」

洋榎「ちいと代わってくれるかー」

優希「ん?」

洋榎「いやなに。留守番組をナメられっぱなしっちゅーわけにもいかんからな」

優希「ほほう?」

優希「同じフォームからストレートとナックルを投げる私より凄い自信があると?」

まこ(その代償にストレートが飛びやすくなったがのう)

洋榎「上等や」

洋榎「ウチが浪速の投球術見せたる!」



投 片岡 弾道1 CDBEFF ムラッ気 連打○ 初級○ ムードメーカー ヘッドスライディング エラー

投 片岡 弾道1 CDBEFF ムラッ気 連打○ 初級○ ムードメーカー ヘッドスライディング エラー

投 片岡 108km コントロールE スタミナF タコスボール(ナックルベースオリ変)3 カーブ1
ムラッ気 一発病 短気 四球 乱調

投 片岡 113km コントロールF スタミナF タコスボール(ナックルベースオリ変)4 カーブ1
ムラッ気 一発病 【軽い球】NEW 【リリース○】NEW 短気 四球 乱調

左/右  須賀 弾道3 FCDFEF 帳尻合わ ケガ△ パワーヒッター サヨナラ男 代打○ 体当たり 走塁△ エラー 慎重打法 選球眼


466 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:21:42.31 ID:g4zK6315o [13/64]

京太郎「やめておいた方がいいんじゃ……」

京太郎「本職ファーストですし……」

洋榎「問題ないわ」

洋榎「むしろ、ウチらを倒した須賀ファントムを馬鹿にされっぱなしになるわけにはいかんからな」 ニッ

咲「…………」

咲「じゃあ、私がバッターボックスに立つよ」

咲「一応清澄の中では愛宕先輩は新人ですから」

咲「清澄の実力を知ってもらって、西の常識は通用しないって分かってもらわないといけないし」

咲「だから――――」

咲「貴方をゴッ倒す」 ゴオッ


472 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:29:20.59 ID:g4zK6315o [14/64]

洋榎(さて……どないするか)

洋榎(負けると思って勝負したことはないんやけど……)

洋榎(そのウチを威圧感だけで怯ませそうとは、この小娘、ホンマに一年生なんか……?)

洋榎(それに……)

洋榎(原村和の期待の眼差し)

洋榎(恐らくコイツはエースや)

洋榎(ウチでさえ五分の勝率やろうな)

洋榎(まーでも、だからこそ取れる選択肢もある)

洋榎(ウチの今回の勝利条件は『須賀ファントムを小馬鹿にした合宿組に居残り組のスゴさを思い知らせること』や)

洋榎(正直個人で勝とうが負けようがどっちゃでもええねん)

洋榎(……ちゅーわけで、負ける気せえへん)

洋榎(後にはウチが仕込んだ数絵が控えとるし)

473 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:35:14.22 ID:g4zK6315o [15/64]

咲(愛宕洋榎先輩……)

咲(京ちゃんがいってた、西の微妙にエリートな今回引きぬいた目玉……)

咲(万能だかなんだか知らないし、)

咲(器用貧乏が悪いことだとは思わないけど……)

咲(自分を万能だと思ってるのだとしたら、鼻っ柱をへし折ってあげるのも大事だよね?)

洋榎「いくで!」

咲「どうぞ」

咲(まずは見逃して愛宕洋榎の球威やコントロールを見るっ)

476 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 02:43:40.50 ID:g4zK6315o [16/64]

洋榎(憧にライトを指導して、思い出したわ)

洋榎(矢のように送球するあの感覚)

洋榎(フルパワーで投げたら相変わらずコントロール落ちてまうから……)

洋榎(このくらいのパワーで……!)

洋榎「くらえ、浪速のレーザービーム!!」 ビュッ

ギュオオオオオオオオオオオオオオ!

ズバーン!

洋榎「どや、ストライクや!」

咲「ふうん……」

咲(優希ちゃんとやや同じくらいの速度かな?)

咲(でも回転数の都合か思った以上に手元で伸びるや)

咲(……まあ、“それだけ”だけど)

咲(カツ丼さんみたいな絶望感もないし、次で終わらせようかな)

咲(ネチネチ嬲るほど、私は性格悪くないし)

478 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:47:55.15 ID:g4zK6315o [17/64]

憧(速いしコントロールもずば抜けてるわけじゃないけど、一般市立のエースくらいの腕はあるのね……)

憧(ちょっと、ヘコむわ)

憧(何で私には才能がなかったんだろ……)

咲「…………」

憧(……でも、もう諦めたくない)

憧(もうあんな、色目使ってくるオヤジ達におべっかを使う人生になんて戻りたくないっ!)

憧(何としてでも皆に追いつくっ!)

咲「……ねえ、新子先輩」

憧「ん?」

咲「原村さんの、大事なお友達なんですよね……」

憧「……多分、ね」

憧(疎遠になってたし、胸を張って頷けない自分がイヤになっちゃうわ……)

憧(でも、負けるわけにはいかないのよ)

憧(自分にも、和にもっ!)



482 名前:※パラレルワールドであり、憧は去年晩成にボロッカスにされた設定。阿知賀は全員1年底上げよ。[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:52:15.32 ID:g4zK6315o [18/64]

憧(……和みたいにリードも上手くないし、キャッチングも劣る……)

憧(胸も和よりないし、何よりもう色香に頼って戦いたくなんてないっ)

憧「……宮永さんは、今の和の親友なの?」

憧(だから、親睦を兼ねた練習みたいな対決でこんなことをするのは気が引けるけど……)

憧(ささやき戦術を試すっ!)

憧(下衆だと罵られるのは慣れてる)

憧(馬鹿にされてでも、どこまでできるか自分の可能性を試したいっ!)

咲「そうだよ」

咲「今は私が、原村さんの相棒」

憧「そうなんだ。でも、和はそう思ってるのかな」

咲「……」

憧「やっぱり相棒は投手なんじゃないの?」

憧「宮永さん、愛想悪いし、ホントに和の親友?」

咲「…………」

489 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 02:57:34.63 ID:g4zK6315o [19/64]

咲「……新子先輩から見てそうなら、そうなんじゃないですか」

咲「新子先輩の中では」

憧(……効果なし、か)

憧(この子が煽り耐性高いのか、私の囁きが下手なのか……)

憧(いずれにしてもめげるわ……)

洋榎「次いくでえ!」 ブンブン

咲(……別に今ので怒ってるわけじゃないけど……)

咲(京ちゃん達に私の成長の証を見せたいし)

咲(……仕方ない、よね)

咲「どうぞ」

洋榎「よっしゃ、くらえ!」 ビュッ

ギュオオオオオオオオオオオオオオ!

咲「……新子先輩」

憧「何?」

憧(キャッチングに集中しなきゃだからあんまり話しかけられたくないなー)

憧(まあ、最初に囁いた私に言う権利はないけど)

咲「ごめんなさい」 ボソッ

憧「え?」

ブン!!!!!






ゴシャッ!!!!






穏乃「あ……」

穏乃「憧ォォォォォォ!」

496 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:07:28.34 ID:g4zK6315o [20/64]

穏乃「憧! 憧ォ!」

京太郎「ば、バットが側頭部に……!」

優希「ち、血が……! 血がいっぱい出てるじぇ!」

洋榎「くそっ、どけ!」 憧かつぎ

洋榎「ウチが保健室送ってくわ!」

洋榎「憧、しっかりつかまっとけよ!!」 タッタッタッタッタッ

穏乃「憧……」

和「…………」

和(今のバット当て……動きに全く無駄がありませんね……)

和(威力よりも、如何に自然にフルスイング後の事故に見せるかを研究していただけあります)

和(正常な判断を奪う程度の威力を保ち、自然に慣性に任せて打撃させる……)

和(恐ろしいのはその繊細なテクニックを極めてしまう器用さと、そして――)

和(宮永さん天性の、“ボールに望む回転をかけるバットコントロール”……)

和(あれを手首のスナップだけでさりげなくやることにより、こめかみに触れたバットの表面越しにえぐるような回転のダメージを与えて脳震盪を引き起こしている……)

久(真に恐るべきはそれを指示した須賀君と、躊躇なくそれを行える咲のメンタルね……)

504 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:15:38.53 ID:g4zK6315o [21/64]

咲「ごめんなさいね、新子先輩」

数絵「…………」

数絵「どこを見ている、宮永咲」

咲「……貴女は?」

数絵「南浦数絵。平成のバッセン王とは私のことだ」

咲「……」 ドン引き

数絵「愛宕先輩はホームランを打たれ、救護人を運んでいった」

咲(ホントは顔に当てるつもりだったんだけどなあ、打球)

咲(投手捕手同時に倒すには、もうちょっと修行がいるよね……)

咲(グラウンドという嶺上に、紅い花を開花するためにもっ!)

数絵「つまり降板したわけだ」

咲「……私と勝負したい、と」

数絵「ああ」

数絵「貴女はこのチーム優秀の打撃技術を持っていると聞いている」

数絵「そして何より――彼女は私が初めて得たチームメイトの一人だ」

数絵「このまま指をくわえて見ていられるかっ――――!」 ギリッ

咲「…………はぁ」

咲(私のチームメイトなんだけどなぁ)



514 名前:一応、「帰ってきた合宿組VS居残り組のデモ対決での新能力お披露目回」を予定してたんやで(震え声)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:24:43.08 ID:g4zK6315o [22/64]

咲「無理だよ、そんなの」 バットポイー

数絵「!?」

咲「私、今のプレイで退場ですよね?」

久「まあ、ねぇ……」

咲「だったら、愛宕先輩の後を引き継がれても、戦うことはできませんよね」

咲「だってあの打席の続きを、退場した打者では続けられないのだから」

数絵「…………!!」 ギリッ

咲「それに、大事なチームメイトを過剰に壊すわけにもいかないし……」

咲「特に投手は、居るだけ居ても困らないんだから」

数絵「…………よく、分かった」

数絵「つまり今のはわざとであり――」

数絵「新子さんには代わりが居ると考えていたわけだな」

咲「…………!」

咲「ええと、これは、言葉の綾っていうかなんていうか……」 アセアセ

521 名前:愛宕ネキの旧データは熱い紛失[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:37:48.79 ID:g4zK6315o [23/64]

京太郎「お、落ち着けよ二人共っ!」

咲「京ちゃん……」

数絵「……落ち着いているさ」

数絵「ただ冷静に、怒りを人道的手段で晴らすのが精神衛生上いいと、落ち着いて結論を出した」

京太郎(どうしてこんなことに……) 頭抱え


一/他  愛宕 弾道1 BDBCBB 人気者 ムラッ気 広角打法 固め打ち アベレージヒッター サヨナラっ娘 逆境○ チャンスメーカー ムードメーカー
                   対左打者◎ ヘッドスライディング 体当たり ゲッツー崩し 天然芝○ 送球○ レーザービーム サブポジ○ 

投     愛宕 110km コントロールD スタミナD カーブ1 フォーク1
       ノビ○ ピンチ○

二     宮永 弾道1 SCDECD 帳尻合わせ 威圧感 固め打ち 粘り打ち アベレージヒッター パワーヒッター サヨナラっ娘 連打○ ムード△ 慎重打法

二     宮永 弾道1 SCDECD 帳尻合わせ 威圧感 【悪球打ち】NEW 固め打ち 粘り打ち アベレージヒッター パワーヒッター サヨナラっ娘 連打○ ムード△ 慎重打法


補/外  新子 弾道2 FEEDED ハイボールヒッター 連打○ バント○ 送球○ キャッチャー○

補/外  新子 弾道2 FEEDEE 【ケガ△】NEW ハイボールヒッター 連打○ バント○ 送球○ キャッチャー○ 【サブポジ△】NEW

527 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:47:15.46 ID:g4zK6315o [24/64]

数絵「地獄で新子さんに侘び続けろ、宮永咲――――!!」 ビュッ

京太郎「え、まだ死んでないよ!?」

咲「!?」

ふわ~~~~~~~~~~~~~ん

咲「くっ!」

咲(なにこれ、おそっ!)

和「あれは――超スローボール!」

優希「知っているのかのどちゃん!?」

和「ええ……超やまなりな軌道をえがき、信じられないくらい正確にキャッチャーミットへと収まる驚異的スローボールです」

和「あれだけ怒って投げつけるようにみせたあと放られたら、さすがの宮永さんでも……」

咲「――も一個、半っ!」

優希「咲ちゃんが空振った勢いのままもう半回転した?!」

和「まさか――ミットに届く遅さを利用して、回転からまた打つ気なのですか――!?」

和「いくら宮永さんでも、そんなこと……!」

カキーーーーーーン!!

数絵「……っ!!」

532 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:52:20.90 ID:g4zK6315o [25/64]

久「残念、通らないな」

バシッ

咲「…………!」

まこ「捕球させてもらったわ」 ニィ

まこ「どうじゃ、地道に鍛えたキャッチング技術は!」

まこ「どうせわしだけ特に変わってないとでも――」

京太郎「あ、今ちょっと大事な場面なんで後にしてもらっていいですか?」

まこ「」



中  染谷 弾道2 EEDECC バント○ ゲッツー崩し

中  染谷 弾道2 EEDEBC バント○ ゲッツー崩し


投 南浦 106km コントロールA スタミナE 超スローボール
低め○ 軽い球 尻上がり スロースターター 寸前△ ランナー△ テンポ○

変わらず。現在変化球特訓中

536 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 03:54:59.20 ID:g4zK6315o [26/64]

京太郎「咲……その、なんだ……」

京太郎「憧ちゃんは大事な仲間っていうかなんっていうか……」

京太郎「さっきのはちょっとやりすぎじゃないのか?」

咲「…………!」

咲「……わかってるよ」

京太郎「え?」

咲「やりすぎたかもってことくらい、わかってるよ!」

京太郎「……」

咲「でも、京ちゃんじゃない!」

咲「私にこうしろって言ったの、京ちゃんじゃない!!」

548 名前:551の肉まん食べたい[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 04:05:16.48 ID:g4zK6315o [27/64]

咲「私だって、こんなの間違ってるって思ってる!」

咲「イレギュラーバウンドでケガをさせるのはまだしも、こんな直接殺しにいくなんておかしいもん!」

咲「グラウンドに花を咲かせるなんて行為じゃない――」

咲「こんなのは、グラウンドにお刺身の上のたんぽぽを無理やり植えるのと変わらないくらい歪な行為だって分かってる!」

咲「だけど、お姉ちゃんと野球で話すしか無いから!」

咲「全国に行かなくちゃダメだから!」

咲「原村さんと約束したから!」

和「…………」

咲「だから……だから!」

咲「そうしたら全国に行けるって、京ちゃんが言ったんでしょ!?」

咲「部長がそういうから、頑張ってきたのにっ!」

咲「罪悪感を[ピーーー]ため、一番大事な原村さんで練習だってしてきたのに」

久(練習で胸を殴打しまくったらあんだけ腫れたのはさすがに誤算だったわ……)

咲「ここに来てそんなこというなんて……」

咲「私にどうしろって言うのよ!!!」 号泣

京太郎「……咲……」

京太郎「>>551」

554 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 04:09:38.45 ID:g4zK6315o [28/64]

京太郎「すまんな」

咲「や、やめてよ……」

咲「何で謝るの……?」

咲「それじゃあ、私と京ちゃんが間違ったみたいに聞こえちゃうよ……?」

咲「ねぇ京ちゃん……」

咲「私、あんなに頑張ったの、初めてなんだよ……?」

咲「今まで野球で出来ないことなんてなかったから、壁に当たるの初めてで……」

咲「でも、皆で全国に行きたいから、私、頑張ったんだよ……?」

咲「ねぇ、京ちゃん……」

咲「何が……ごめんねなの……?」

咲「分からないよ……京ちゃん……」

京太郎「……>>560」

565 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 04:14:52.83 ID:g4zK6315o [29/64]

京太郎「俺、お前のこと勘違いしてた」

咲「……勘違い……?」

京太郎「ああ。最初は、>>568だと思っていた……」

京太郎「だけどホントは、>>570だったんだな」

576 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 04:22:41.02 ID:g4zK6315o [30/64]

京太郎「ああ。最初は、野球嫌いだと思ってた」

咲「…………」

京太郎「だから後腐れなく辞められるようにって意味も込めて、捕手破壊を覚えさせてたんだ」

京太郎「チームが勝てないバッテリーに当たった時、捕手を壊して部をされば、部に貢献した最期ってことで後腐れなく終わると思ったから……」

和「…………」

京太郎「実際咲は、捕手破壊を覚えてきた」

京太郎「それこそ、退場はくらっても、故意と気付かれず次の試合からしれっと出られるくらいにクオリティを高めて」

咲「……頑張った、もん」

京太郎「でも、気づいたんだ」

京太郎「咲は、優しい女の子だって」

京太郎「野球の才能に溢れてたから、きっと、いつしか見落としちまってたんだ」

京太郎「本当の咲は、優しくて、ちょっと間抜けで、本が大好きな物静かな女の子だって……」

京太郎「例えバットを握ってる時は冷静沈着仕事の鬼って感じだとしてもさ」

京太郎「……咲は、昔から変わらないやさしい女の子なんだよな」

京太郎「……ごめん。そんな大事なことを見落としてて」

京太郎「一番長く付き合いがあって、野球を始める前を知ってて、色々世話になってる俺が、何よりホントのお前を分かってやらなきゃいけなかったのに」

582 名前:なお、安価のせいで割りと頻繁に畜生行動はとっている模様[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 04:30:07.12 ID:g4zK6315o [31/64]

京太郎「……そりゃ、簡単に許してもらえるとは思わない」

京太郎「許してくれとすら言えない」

京太郎「でももし、まだ甲子園を目指してくれるって言うなら」

京太郎「あの時好きになれたっていう野球のことを、まだ好きだと言ってくれるなら」

京太郎「……捕手破壊なんて、もう二度としたくないって思ったなら」

京太郎「俺を殴ってくれてもいい」

京太郎「だから、今度こそ正しい形で甲子園を目指そう!」

京太郎「今になってようやく気づいた」

京太郎「俺は、こんな形で終わるお前を見たくなんかないっ!」

咲「………」

京太郎「……」

咲「……京ちゃん」

京太郎「……ん?」

咲「私ね……」

咲「>>585」

593 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 04:35:58.72 ID:g4zK6315o [32/64]

咲「ピッチャーをやってみたい」

京太郎「……え?」

咲「よく考えたら、バッターだとお姉ちゃんと戦えるの、自分のバッターボックスの時だけだもん」

咲「私の打席の度に適当な守備位置の人と入れ替わられたら戦えないし……」

咲「でも、こっちがピッチャーなら戦える」

京太郎「……さっき見た三人の中に食い込めるとでも?」

咲「もちろん」 ニッ

咲「……っていっても、今のままじゃ厳しいよ」

咲「てことで京ちゃん、これから毎朝特訓、付き合ってよね」 ニッコリ

京太郎「ええ!?」

咲「当たり前だよ、京ちゃんのせいで合宿無駄にしちゃったんだし」

咲「それに京ちゃん、殴ってくれていいって言ってたよね?」

咲「まだノーコンな私の豪速球で、ボコボコにしちゃうから」 クスクス

京太郎「はいはい、わかりましたよ、姫……」 ハァ

咲「あ、それとは別に、クレープも奢ってね」

京太郎「え」

咲「もちろん、毎日、練習後に」 ニッコリ

京太郎「あ、悪魔だ……清澄の悪魔がいる……!」

598 名前:パワポケ的に顔グラやBGMの移り変わりを勝手に脳内で再生してくれると嬉しいなって[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 04:40:01.54 ID:g4zK6315o [33/64]

咲「……それじゃ私、新子先輩に謝ってくるね」

京太郎「……おう」

咲「新子先輩に殴られた分の3倍京ちゃん殴るから」 ニッコリ

京太郎「お、おう……」

和「私も一緒に……」

咲「ううん、私が行くよ」

咲「一人で、行く」

咲「結局最期は、自分で選んだ道だもん」

咲「胸を張って皆の元に帰るためにも、一人でやらなきゃ意味が無いから……」

和「…………」

和「そう、ですか……」

咲「ごめんね」

咲「……色々と、ホントに」

和「気にしないで下さい」

和「……私の分まで、憧のことを診てきてくださいね」

咲「……うん」 ザッザッザッ


610 名前:janeってメル欄記憶ってないの?これ書き込みの度に修正いるのか[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 04:56:09.52 ID:g4zK6315o [34/64]

和「…………」

優希「……のどちゃん、よかったのか?」

和「……全体の理を考え……成功率や期待値を考慮し……」

和「最も効率のいい選択肢を選び躊躇なく行動する」

和「それが、デジタルのあるべき姿ですから」

優希「でも……捕手破壊に一番疑問を持っていたのはのどちゃんだじぇ」

優希「だからこそ自らサンドバッグ役までして、止まってくれるのを待ってたはずだじぇ」

優希「……友達が運ばれてった後も、咲ちゃんを諭すために残って……」

和「…………」

和「買いかぶりです」

和「私は、ただの、言葉に出して友人を諌める勇気すら出せなかった臆病者です」

和「……須賀君は、きちんと口に出したというのに」

和「それに、本当は、須賀君に任せた方がいいとわかっていたのに、ここに残ってしまいました」

和「本当なら、憧についているべきだったのに……」

和「結局私は、憧の友人としても、デジタルとしても、半端だったってことです」

優希「のどちゃん……」

和「……ごめんなさい優希」

和「少し、散歩して頭を冷やしてきます」

和「……優希は、練習していて下さい」 タッタッタッタッタッ

優希「あ……」

優希「のどちゃん……」 シュン

613 名前:ローテ組んで肩を休ませるという発想が出ないだと……エースの肩はボロボロ[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 05:02:50.76 ID:g4zK6315o [35/64]

久「どうやら終わったようね!」

京太郎「部長……」 ジトー

久「……悪かったわよ」

久「でもほら、分の悪い賭けすぎてつい……」

穏乃「そ、そういえば!」

穏乃「さっき部長さんの指示した位置にまこがついたとき!」

穏乃「咲の打球、見事その場に飛んできましたよね、すごい!」

穏乃(憧のケガは悲しけど、咲は反省してたし、私が空気を盛り上げなきゃ……!)

穏乃(大会まで日がない以上、今日練習しないわけにもいかないから……)

まこ「いや……今はそんな話する空気じゃないじゃろ……」

優希「マジKYだじぇ……」

穏乃「ええ~~~~~~~~!?」 ガビーン

616 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 05:07:53.40 ID:g4zK6315o [36/64]

久「まあ、確かに今のはKYだったけど……」

久「今日練習しないってわけにもいかないし、空気を変えるためにも披露してあげましょう」

まこ「確かにそうじゃな」

優希「さすが部長だじぇ」

穏乃(私も同じこと考えてたんだけどな……)

久「私は一点守備を強化した結果……」

久「打者の一挙一動を観察して、“その動きが行われた意味”を考えるプレイスタイルを身につけたのよ」

京太郎「意味……?」

久「そう。筋肉の微振動は小さな動きをもたらしたりするでしょ?」

久「そんな感じで、動きの意味を考えると打球の方向がわかるのよ」

久「で、予めそこに移動しておくことで無理ない耐性での捕球が可能となったわけ!」

まこ「デタラメな計算速度を誇る頭脳あってこそじゃけえ、普通はできんわ」

久「ふっふっふ……才気煥発の極みとでも名付けようかしら」

優希「無駄に光り出しそうな名前だじぇ……」



三 竹井 弾道2 DBEDEE ムラッ気 悪球打ち 逆境○ チャンス△

三 竹井 弾道2 DBEDGC ムラッ気 悪球打ち 逆境○ チャンス△


623 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 05:17:16.31 ID:g4zK6315o [37/64]
なるほど、毎度忘れずsaga手動入力がありか……

強くなってないのはどうかと俺も思うけど、特訓内容があれだからしょうがないね
オカルト身に着けてきた部長とかいう贔屓枠の鑑
なお事前に打球位置が予測できるようになったため、打った後動くためのスキルである守備力はだだ下がりの模様

626 名前:物理破壊で帰還組と居残り組が争う展開はテニヌリスペクト[] 投稿日:2012/06/24(日) 05:24:59.04 ID:g4zK6315o [38/64]

京太郎「そういえば穏乃は何が変わったんだ?」

久「気付かない?」

久「穏乃ちゃん、さっきから結構気を使って場を盛り上げようとしてたりするのよ」

京太郎「馬鹿な……あの『ゴーイングmyウェーイwwwwwwwwww』な穏乃が周囲に気を……!?」

穏乃(気づいてたならフォローして欲しかった……)

久「しかも憧ちゃんを保健室に運ぶのも、洋榎の方が適任とみなして任せたり……」

京太郎「ば、ばかな……そんな判断力があるわけが……」

久「そして何より――」

京太郎「…………」 ゴクリ

久「ついに彼女が、ユニフォームを着るようになったわ!!」

京太郎「な、何だってーーーーーーーーーーーーーー!?」

京太郎「どんな時でもジャージしか着なかったのに!?」

久「ええ! 試合の時にジャージ着てくれるか怪しかったのに、よ!」

631 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 05:30:37.55 ID:g4zK6315o [39/64]

京太郎「なんてこった……人は、いや生命は、短期間でここまで人間性を身につけられるのか……」

久「更に凄いことに――」

京太郎「ま、まだあるんですか!?」

久「なんと、ジャージの下を履くようになったわ」

京太郎「すごいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!」

京太郎「うぇえ!? マジっすか!? ええ!? あのお猿さんが!?」

穏乃「いや、まあ、もう尻尾もついてないし、ズボン履かない理由ないかなーって……」

京太郎「うわあああああ……ナニをどうしたらここまで人間性を身につけられるんだ……」

穏乃「それに、その……か、下半身を丸出しは、人として恥ずかしいっていうか……///」 カァァァァァァァ

京太郎「凄いよ! 生命の神秘を目撃してるよ!」

京太郎「いやもうホント、手錠つけて肩に布切れ羽織っただけのどこぞの痴女より遥かに人間やってるよ!」








[龍門渕高校]

はじめ「くしゅん!!」

純「おいおい、風邪か?」

透華「もう、大会が近いんですのよ!」

胡桃「移さないでよー?」

塞「体調管理はしっかりしないと」

はじめ「わ、わかってるよー」

640 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 05:41:16.04 ID:g4zK6315o [40/64]

穏乃「ちなみに……見ててよ!」 タッタッタッタッタッ

ズザーーー!!

京太郎「おお、綺麗なヘッドスライディング!」

穏乃「へへ……ユニフォーム着たら摩擦で痛くなくなったからさ」

久(こっこクラブとかNHKとかでお着替えハウツー勉強した甲斐があったわー)


遊  穏乃 弾道1 FFCDDE 粘り打ち ベアハンドキャッチ

遊  穏乃 弾道1 FFCDDE 粘り打ち ベアハンドキャッチ 【ヘッドスライディング】NEW 【ムード○】NEW

645 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 05:46:56.74 ID:g4zK6315o [41/64]

京太郎「そういえば、南浦さんは……」

数絵「……私は宮永咲を許せたわけじゃない」

京太郎「うわあ、びっくりした」

数絵「私はスロースターター。事態が収束するまで大人しくしている」

まこ(なんちゅう事なかれ主義じゃ……)

数絵「それに許せてはいないけど、新子さんが許すなら私も許さなきゃとは思っている」

数絵「だからせめて貴方の説得の邪魔をしないよう、こちらで座って待っていた」

京太郎「ああ、なるほ――」

京太郎「って、うわあああああ猿野オオオオオオオオオオオオオ!?」

数絵「?」 キョトン

京太郎「いやキョトンじゃなくて!」

京太郎「南浦さんが椅子にしてるその出っ張りみたいなのよく見て!」

京太郎「首から下をグラウンドに埋められたままだった猿野だからソレ!!」

650 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 05:51:16.40 ID:g4zK6315o [42/64]

数絵「……すまなかった」 ヒョイ

猿野「なぁに、いいってことよ」

猿野「なんて言うと思ったのかボケェェェェェェ~~~~~~~~ッ!!!」 ガバァ!

猿野「人が動けねーと思ってキタねーケツ乗せやがって!」

数絵「失礼な。美尻であると自負している」

猿野「やかまいしわ! 5発も屁をこきやがって!」

数絵「失礼な、2回だけだ」

猿野「あ、そりゃ失れ……ってこいてんじゃねーか!!」

優希「キングコング大暴れだじぇ」

まこ「筋力だけで地中から自力で脱出するとかマジでバケモンじゃのう……」

京太郎「あいつ乱闘になっても絶対負けないよな……」



一/三  猿野 弾道4 GACCFG パワーヒッター 満塁男 サヨナラ男 三振 走塁△ エラー 併殺

一/三  猿野 弾道4 GACCFG パワーヒッター 満塁男 サヨナラ男 三振 走塁△ エラー 併殺 【体当たり】NEW

653 名前:多分これで全員。抜けがあったら、うん、ごめん。[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 05:59:15.85 ID:g4zK6315o [43/64]

[保健室]

洋榎「言いたいことはよくわかったわ」

咲「…………」

洋榎「聞いた者の責任として、憧が目覚めたらその旨は伝えとく」

咲「……ありがとうございます」

洋榎「せやからこっからは、ウチの超個人的なワガママ丸出し感情論や」

咲「…………」

洋榎「ウチはお前が気に食わん」

659 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 06:08:10.39 ID:g4zK6315o [44/64]

洋榎「別にせやからどうこう言うつもりはないわ」

洋榎「部活は普通にウチも行くし、お前に来るなとも言わん」

洋榎「必要事項は連絡するし、最低限の連携だって取ったるわ」

洋榎「当然、故意死球や事故装ってケガをさせることもせーへん」

洋榎「ウチは野球に誇りを持っとるからな」

洋榎「そんなことで自分の野球は汚す気がないし、グラウンドに好き嫌いは持ち込まんわ」

洋榎「せやけどウチは陰口も嫌いやし、裏でグチグチするんも派閥を作って争うのも好かん」

洋榎「ちゅーわけで、意味なんてなくても、マンツーマンで言わせてもろたわ」

洋榎「ウチはお前がほんまに嫌いや」

洋榎「付き合いはクッソ短かったけど、憧はウチのダチやったからな」

洋榎「ダチの頭かち割ったヤツとすぐさまお手て繋げるかい」

洋榎「……せやけど、さっき言った通り派閥なんてのはくだらんからな」

洋榎「お前と仲がいいって理由で誰かと敵対したり嫌いになったりすることはないわ」

洋榎「ウチを気にせんと好きに交流関係持ち」

洋榎「話はそれだけや」

666 名前:2/3くらい京ちゃんのせいでもいいんじゃないかな[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 06:13:27.48 ID:g4zK6315o [45/64]

咲「じゃあ、今度はこっちから、お願いいいですか」

洋榎「……聞くだけ聞いたる」

咲「私を信頼して下さい」

洋榎「…………」

咲「仲良くして下さいなんて言いません」

咲「でも、一人の選手として、私を信頼して下さい」

咲「表面的に協力するとか、会話はするとか、そういう次元の問題でなく」

洋榎「あんなことをしたお前を、野球選手として信じろと?」

咲「はい」

咲「信頼なくして、甲子園には行けませんから」

咲「……大事な友達と、約束したんです」

咲「絶対に甲子園に行くって」

咲「そして、もう一人の大事あ人と約束をしたんです」

咲「甲子園には、真っ直ぐ胸を張れる手段をもってしていくと」

咲「そのために必要なら、胸を張って地をはい靴をナメられます」

咲「……私を信頼し、清澄高校を最高のチームにし甲子園に近付けるよう協力して下さい」

668 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 06:26:15.78 ID:g4zK6315o [46/64]

洋榎「……確かに……信頼と好き嫌いは別モンや」

洋榎「例えば嫌いな食材が混ざっていて苦手な味がする料理でも、評価するものとせんものがある」

洋榎「他の人が食ったら美味しいんやろうなーって感じるか否かとかな」

洋榎「そんなわけで、こう見えてウチは評価基準に好き嫌いを入れたくない主義やねん」

洋榎「せやから、お前が信頼に足るヤツなら信頼したる」

洋榎「それにウチはオトナで非を認められる人間やからな」

洋榎「優れた人間性を見出して好きになれそうだったら素直に頭でも下げて友達になってください言うたるわ」

咲「…………」

洋榎「せやから、信頼されることしてみ」

咲「言いたいことはよくわかりましたし、正しいです」

咲「一朝一夕で信頼は築けるものじゃありませんし、時間をかけて罪を償い信頼を得るべきでしょう」

咲「でも……それだと週末から始まる大会に間に合いません」

咲「ですから、聞きます」

咲「何をしたら、私を信用してくれますか?」

咲「どうしたら、私を信用してくれますか?」

洋榎「…………」

洋榎「そんもん様々――なんていうても納得せんやろうし、数ある信頼得る条件集の中から特別に一個出せ教えたるわ」

咲「お願いします。全身全霊をかけて、それをやらせてもらいますから」

洋榎「せやったら>>671」

691 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 20:40:52.17 ID:g4zK6315o [50/64]

咲「ですから、聞きます」

咲「何をしたら、私を信用してくれますか?」

咲「どうしたら、私を信用してくれますか?」

洋榎「…………」

洋榎「そんもん様々――なんていうても納得せんやろうし、数ある信頼得る条件集の中から特別に一個出せ教えたるわ」

咲「お願いします。全身全霊をかけて、それをやらせてもらいますから」

洋榎「せやったら、裸踊りをしてもらおか」

咲「…………!」

洋榎「どうした?」

洋榎「お前はウチの出した行為を、やって信頼を得るいうたんやで?」

洋榎「ただ脱いで踊るなんていう超簡単なお題にしてやったんや」

洋榎「別に難易度高いの踊れとか、クオリティに満足できなきゃダメとか言うつもりもあらへん」

洋榎「ただ気持よく裸で踊り狂ってくれたら信頼したるわ」

洋榎「……それとも、ウチの信頼はいらんのか?」

咲「…………」

694 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 20:56:53.85 ID:g4zK6315o [51/64]

咲「……わかりました」

咲「ですがひとつ言わせて下さい」

洋榎「どーぞ」

洋榎「罵倒でも何なりお好きに」

咲「……ここで私が単に素直に脱いで踊っても、仲間と認めてくれませんよね」

洋榎「…………」

咲「短い時間ですけど、観察していて分かりましたし」

咲「京ちゃんからも話を聞いていたので大体予想できてます」

咲「愛宕先輩、ただ言いなりの木偶人形は嫌いですよね」

咲「……というか、そんな傀儡根性を丸出しにした木偶人形を信頼する人間なんて、ほとんどいません」

咲「それを好む人は居ても、それは傀儡子として、使い捨てのコマとして――」

咲「そんなモノへ抱く信頼なんてものは、“使いようはないわけではないが無能な消耗品である”ということへの信用に他なりません」

咲「それもある種の確信・信用なんでしょうけど、私が欲しいのはそういう信用じゃありません」

咲「無能であるということへの信用でも、道具としての信用でもない」

咲「仲間としての信用が欲しいんです」

695 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 21:01:29.00 ID:g4zK6315o [52/64]

洋榎「……つまり脱ぐ気はない、と」

咲「いえ」

咲「脱ぎますし、踊ります」

洋榎「は?」

咲「泥をすする覚悟はあります」

咲「やりたくなかった捕手破壊を極めるほど叶えたい夢があるんです」

咲「そのためなら、裸踊りくらいやってみせられますよ」

洋榎「…………」

咲「これは、私のプライドです」

咲「絶対に原村さんと甲子園に行って、お姉ちゃんと対話する」

咲「そのためになら裸踊りでも進んでするのが、私のプライドです」

洋榎「…………」

咲「ただ、プライドなんて持っていないから平然と裸踊りをするわけではないということは、主張させてもらいます」


699 名前:ダークナイトとかいう強力な裏番組[saga] 投稿日:2012/06/24(日) 21:13:47.77 ID:g4zK6315o [53/64]

咲「……信頼してほしかったら、まずは自分が信頼しないといけない」

咲「私、忘れてました」

咲「ただ頭を下げ、信頼しろなんて言うだけでは失礼ですよね」

洋榎「…………」

咲「決裂させる方向への誘導を数度しただけで、ほとんど話を遮らないことや……」

咲「京ちゃんから聞いていた人間性から判断します」

咲「愛宕先輩を評価していた京ちゃんと」

咲「そして何より愛宕先輩を――」

咲「私は信じ、信頼します」

咲「この裸踊りにも意味があることを」

咲「この無茶苦茶な命令は、私が言いなりの木偶かちょっとした泥も啜れない覚悟の足りないチャランポランかを見極めるためのものだと」

咲「信じてますから」

咲「だからこそ、裸踊りをする価値がある――――」

咲「私の信頼に信頼を返してくれると、信じてますから」 ニコッ


703 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 21:28:25.18 ID:g4zK6315o [54/64]

洋榎「…………はぁ」

洋榎「わかったわかった降参や」

洋榎「あー腹立つわ」

洋榎「ほんま、もーちょい踊らされてくれたら可愛げもあるっちゅーに」

咲「だって愛宕先輩影響力強そうだし、無能だって思われたら試合に出られなくなるかもしれないじゃないですか」

洋榎「ほんま慇懃無礼やなお前……」

咲「そんなことありませんよ」 ニッコリ

洋榎「あともうええから全裸のフラフープやめてくれへんか、目の毒や」

咲「いえ、ちゃんとやるのがプライドですから」 グルングルングルングルン

洋榎「無駄に機敏な腰使いがめっちゃムカつく……」

707 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 21:45:05.95 ID:g4zK6315o [55/64]

洋榎「……とりあえず、憧はウチが見とくわ」

洋榎「今は時間が惜しいからな」

洋榎「お前はグラウンドに戻って練習しとき」

咲「……いいんですか?」 グルングルングルングルン

洋榎「ていうかマジでそれ以上フラフープの数増やさんでええから」

咲「でも右足と左足で1個ずつ回すのってすっごく難しいんですよ」 グルングルングルングルン

洋榎「せやな。両手首両肘腰首と物凄いスキルやな」

咲「あと7つくらいなら追加できますけど」 グルングルングルングルン

洋榎「ええからはよ行けて」

咲「では最後に私自身も回転を――」 グルングルングルングルン

洋榎「いやほんとマジでええから見た目えぐいからせめて服着て」


711 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 22:14:05.41 ID:g4zK6315o [56/64]

[グラウンド]

咲「遅くなりました」

久「おかえり」

まこ「……許してもらえたかのう?」

咲「わかりません」

咲「でも、もう大丈夫です」

咲「あんなことを二度としなければ、きっと分かりあえますから」

久「そうねー、もう乱闘は懲り懲りだわー」

咲「これからは血を見ないで部活をします!」

猿野「おら~~~~っ猿式誉れ落とし~~~~~~ッ!」

数絵「なんの! 順逆自在の術~~~~~~ッ!」

猿野「ぐへえっ!」

咲「っていきなり血が流れてる~~~~~!・」

715 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 22:20:37.82 ID:g4zK6315o [57/64]

京太郎「おお咲」

咲「あ、京ちゃん」

京太郎「……どうだった?」

咲「ん……色々あったよ」

咲「でも、ちょっとだけ愛宕先輩のことが分かった気がする」

京太郎「そっか……」

京太郎「でもちょっと何話し合ったのか気になるな……」

咲「んー……」

咲(そうはいってもあんまり対話はしてないんだよね……)

咲「ちょっと裸の付き合いをしただけだよ」

京太郎「!?」

優希「咲ちゃーんダッシュ競争しようじぇー」

咲「ごめん優希ちゃん、腰がちょっと痛いからまずは軽いのから……」

京太郎「!?!?」

数絵「腰、どうかなされたのですか?」

咲「ん、激しく振ったから……」

数絵「!?!?!?!?!?!?」

719 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 22:33:33.52 ID:g4zK6315o [58/64]

京太郎「な、なあ、それって……」 ボソボソ

数絵「……私は何も聞いてない」 プイッ

京太郎「ちょ、現実逃避するなよっ!」

久「ホラ、遊んでる場合じゃないわよ」

まこ「もう大会まで日はないからのう」

久「今日は皆で>>723をするわよ!」


727 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 22:50:46.62 ID:g4zK6315o [59/64]

久「練習試合よ!」

数絵「ふむ……」

まこ「なるほど、最終日にどっかに電話しとったのはこのためか」

京太郎「試合か……緊張するな……」

咲「え、でも、新子先輩いないとライトいなくないですか」

まこ(わかっとんなら殴るなよ……)

優希「ていうかのどちゃんも散歩に行って帰ってこないじぇ」

数絵「猿野も起き上がってこないな」

猿野「気絶したと思ったか!? 残念、タフ度マックスでした!!!」

京太郎(不死身のタフネスとか乱闘にしても伸ばす方向間違ってるな……)

咲「それで、どこと試合するんです?」

久「>>730よ!」

738 名前:荒川憩ちゃん千里山にFA展開は白紙やな[] 投稿日:2012/06/24(日) 23:09:13.11 ID:g4zK6315o [60/64]

久「大阪の名門・三箇牧高校よ!」

優希「って、マジですか!」

京太郎「それって確か、洋榎さんのライバルの荒川って人がいるとこじゃ……」

久「そう、そこと1時間半後にプレイボールよ!」

京太郎「…………」

京太郎「はああああああああああああああああああああ!?」

まこ「ちょ、おま、はっや!!」

久「当たり前でしょー夜遅くなるとフライ取りにくくなるし」

まこ「いやそうじゃのうて!」

京太郎「こっからどんだけかかると思ってるんですかっ!」

久「さあ。2時間くらい?」

まこ「ふざけんなお前」

742 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 23:23:42.99 ID:g4zK6315o [61/64]

久「いや大真面目よ!」

久「ものすっごく頼み込んだんだから!」

まこ「じゃあもっとはよう長野を出ぇや!」

京太郎「そうですよ! なんでこんな時間までチンタラ……!」

久「だぁってー……」

久「やっぱチームスポーツな以上、新人さんに自己紹介とかいるじゃない?」

久「だから、自己紹介がてらかる~くアップしてからの方がいいかなーと」 エヘ

京太郎「そんなの向こうでもできるでしょうに!」

まこ「ちゅーかせめて事前に言うとけや!」

数絵「しかも見事に裏目に出てチームの絆はボロボロ……」

748 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 23:40:18.84 ID:g4zK6315o [62/64]

久「それにほら、てっきり乱闘で猿野君か南浦さんの喧嘩で負けた方はリタイアかと思ってたし」

まこ「これ以上怪我人離脱者増やしてたまるか」

久「憧ちゃんは離脱確定で、洋榎はそれに付いていると思ったから」

久「だから咲と和がいないと6人で人数が足りなくなるかと思って」

まこ「居ても足りとらんやんけ!」

京太郎「しかも結局和が帰ってこないから8人しかいないし!」

久「いや、でもコレ以上待たせたら帰っちゃうかもしれないから、そろそろ行きましょうかー」

穏乃「え、和は?」

久「書き置きと夕ごはんのカップ麺でも置いておけばいいでしょう」

まこ「酷いな」

753 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 23:46:27.05 ID:g4zK6315o [63/64]

穏乃「……私、残るよ」

京太郎「へ?」

穏乃「憧と和がいないとキャッチャーいないし」

穏乃「愛宕先輩ならキャッチャーできるみたいだから……」

穏乃「だからって、憧を一人になんかしておけないよ」

優希「確かに、のどちゃんいつ返ってくるかわからんからなぁ」

咲「でも二遊間がいないってのも致命的じゃあ……」

猿野「んなこと言ったら内野事態が致命的なような……」

京太郎「ていうか8人で行くって時点で既に致命的ですって」

数絵「確かに、ナメプは主人公チームと初敵対時のラスボスチームの仕事か……」

久「あー、もう」

久「じゃあ私が部長権限で決めるわ」

久「>>755が留守番ね」

761 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[sage] 投稿日:2012/06/24(日) 23:53:31.45 ID:g4zK6315o [64/64]

久「こんなこともあろうかと、清澄のスーパーサブを呼んでおいたわ!」

ムロ「いきなり呼び出されたと思ったら……」

マホ「ここまで来るの結構大変なんですよ~……」

久「まぁまぁ」

久「そんなわけで、室橋さんは保健室で憧ちゃんの看護を」

ムロ(憧って誰だろう……)

久「マホちゃんにはグラウンドで和とエトペンの帰りを待ち続けるお仕事を与えるわ!」

マホ「ええー……」

京太郎(ひでぇ……)