report

 *命のつどい舞台参加

5月20日(日曜日)市民ホールで行われた「命のつどい」舞台参加で、「八方ふさがりから…」と題して10分の作品を8人で踊りました。
人生で何度も経験する困難な事態をどのように潜り抜けるかは、数多く経験してもうまく切り抜ける方法がありません。真っ向から難題にぶつかり解決することもありますが、加齢と共に、うまく切り抜けるために一度からだの力を抜き、深呼吸と共に潜り抜ける方法を考えます。すぐには解決しないのですが、まさしく時間が解決するとばかり怒りを収め時間をかけて、やがて忘れるがごとくやんわりと潜り抜ける事にします。
そんな心の葛藤を動きで表現してみました。
作品を踊り終えると事で、日が過ぎるとともに解決です。そのようにしたいものです。これからも難題が降りかかってくることでしょうが負けずに挑戦です。

11月18日(日曜日)にはまた命のつどいの舞台で、第11回生涯学習発表会の作品発表として発表させていただくこととしました。
期待されている第11回生涯学習発表会は、やはりできないのではないかと考えております。会場の確保、資金面でも難題です。

平成30年3月18日(日曜日)エルプラザホール

第10回生涯学習発表会を行いました。
今回は現在ドイツの大学で活躍中の秋谷悦子先生が、大学生を7人連れて参加くださいました。
毎年札幌でワークショップを行い、指導を受けたダンサー達が彼女の作品を踊りました。若い学生たちの、あまり見ることができない作品に皆さん大喜び、ダンサー達は良い刺激を受けましたし、鑑賞者も新しい感覚の作品に感動しました。
今年度をもってこの形の発表会をやめ、他のNPOの舞台に参加して、これまで通りの社会貢献としたいと考えておりましたが、舞台監督や照明家からとても良い舞台なので是非継続するようにとお褒めの言葉をいただき、一同次回に向けて再検討することとしました。







当サイトは@wikiにて作成されています
Copyright(c): 2007 Kyoko Nunogami, All rights reserved. 禁無断転載

大見出し

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル