※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 なぁ香夜。
オレと過ごしたあの日々は、そんなに簡単に忘れるほど脆かったのか?












 季節は初夏。
姫君たち源氏は、熊野水軍の協力を得るために熊野に行くことになっていた。
もちろん、涼むと言う別の目的もあるんだけど。





 熊野へ行く途中で烏に声をかけられたオレは、姫君たちの目の届かない所に移動した。
木陰に腰をおろすと、気持ちの良い風が吹き抜けていった。






「は? もう一回言ってみろ」







「ですから、香夜殿に付いている烏からの情報に寄りますと、香夜殿に許嫁が出来たと……
 それから近々還内府が熊野にやって来ると……」








オレは耳を疑った。








――香夜に、許嫁?














別に、おかしいわけではない。

良い年頃なのだから許嫁がいても別に変な話ではない。

それなのに。











何で……こんなに胸が痛い?













「そうか、わかった。引き続き情報伝達を頼む」


真っ白な頭が吐きだした精一杯の言葉だった。







烏が去ってからしばらくし、望美が駆け寄ってきた。


「ヒノエ君、どうしたの? なかなか帰って来ないから心配したよ」




 愛しの姫君が愛らしい唇でオレに言葉を紡いでいる。
それなのに、頭の中は香夜の事でいっぱいで。




「ああ、悪いね姫君。さあ先を急ごうか」





 いつもの余裕はどこにもなく、ただ先へ進むことしか出来なかった。