※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★憑き物について

一人のキャラクターにつき一匹まで とさせて頂きます。
複数の憑き物を持つことは出来ません。
因みに、憑物はあくまで化物なので、輪廻転生をしません。


【良いものだめなもの】
○獣(動物)・虫・既に存在する妖怪・独自に創作した妖怪
×静物(無機物など)・植物・プランクトン類・微生物・神・龍や麒麟、鳳凰など特別視されているもの

【人型の妖怪について】
雪女・濡れ女など 既存の妖怪 なら大丈夫ですが
創作の妖怪 の場合は 人型のもの/元人間のものは禁止 となっております。

【大丈夫かそうじゃないかの判定基準】
  • 自らの意思で動くもの
  • あちら(憑物)からこちら(人間)に『物理的に』歩み寄れるもの
  • 明らかに化け物だと分かる風貌のもの

上記の×に当てはまらない生き物だったら大体大丈夫かと思われます。
※独自に創作した妖怪につきましては、必ず オリジナルの妖怪だと言う事をどこかに書いておいてください。
※人間に化ける事が出来る、という設定はありですが化けた姿のみではなく 元の姿もキャラクターシートにちゃんと描いてあげてください。


大丈夫か駄目か、自信がなかったらお気軽にお尋ねください。
キャラクターシートを描いた後で駄目だという事が解ってもお互い良い事がありません。



★宿主と憑き物の関係について

基本的に憑き物のほうが勝手に宿主に憑くという感じですが
宿主が憑き物となにか契約などをして、来世にわたって憑き物の糧になる、なども美味しいです。(主催者が)



★憑き物の実体化について

実体化している(出来る)ものと実体化していない(出来ない)ものがいます。どちらにするかは参加者様の自由です。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|