トール火山


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

持ち物

火鎧必須、火レジポ・HP増加ポーション推奨
低レベル引き上げ時には、ちびっこたちは出血対策にキュアフリー持参すること。

モンスターについて

  • インプ
FW、BDS、パルス等のノックバックスキルをたくさん使ってくるので、前衛は壁寄せ必須。
FWのノックバック方向は少し特殊で、自分の背中の方向にとんでいくので、壁に寄せた後シフトクリックで壁を背にする必要あり。
高威力のFBや、対策を無力化してしまうストリップアーマーまで使ってくるので、プリーストはインプを見たらとりあえずLDやシレンティウムで黙らせよう。
この手の敵は沈黙してしまえば空気である。

  • カーサ
サイトラッシャーがあるので壁寄せ必須。
他には遠距離攻撃のSPPや範囲攻撃のファイアブレス等の高火力スキルがある。
SPPは前衛が痛そうにしていたら、ニューマをカーサに被せないように展開してあげよう。
ファイアブレスはどんなに対策してもちびっこたちを一撃でなぎ払う程度の威力はあるので、引き上げ側はともかく、ちびっこたちが耐えようとするのは無謀。範囲内に入らないようにするしかない。

ファイアブレスの範囲はよくわからないが、経験上、大体下の図のようになっている。

~~~~~~~~~~~~~

壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
    | 前衛
    |   ブレス範囲内
    敵---------------------

          安全地帯


~~~~~~~~~~~~~


敵を中心とし、前方90度の角度は全部危険と思っておけばいい。
これを踏まえ、安全地帯から攻撃を仕掛けよう。

  • サラマンダー
4000以上の固定ダメージを与えるクリティカルスラッシュや、2000前後の通常攻撃を高速で放ってくる強敵。
HPが40%を切ったら2HQを使用し、攻撃速度がさらにひどいことになる。
攻撃を避けることができれば、あとはクリティカルが痛いだけになるので、キリエやSWで落ち着いて防げばいい。避けない場合はとにかくSWを連発しないと死ぬ。
サラマンダーは本型AIなので、後ろに横湧きした時は前衛になすりつけるか、後ろがSWで耐えつつ前衛が近くに寄ってくるのを待って、その後前衛が近くで停止したら退避、とするといいだろう。
また、HP40%以下でワイドブリーディングを使用し、近くのプレイヤー全員に状態異常・出血を付与してくるのであまり近づかないようにしたい。

  • ソードガーディアン
サラマンダーと同等の攻撃力と攻撃速度を持つモンスター。これもHP40%以下で2HQも使う。
クリティカル攻撃がない分サラマンダーと比べるとだいぶ大人しいが、シールドチャージでノックバックさせてきたり、スタン攻撃してきたり、Chase状態で5秒に1回必ず即死級のスピアブーメランを放ってきたりと若干嫌らしい。
ノックバック攻撃を持つため、これも壁寄せ安定か。
レイド型AIでかつボス属性のため、後ろに流れたらタゲ管理が激しく難しくなる。前衛が壁に完全に寄せ終わったことを確認してから、後衛が攻撃しないととんでもないことに。
HP40%以下(2HQと同じ使用条件)で、画面内ほぼ全域に届くワイドブリーディングを使用してくる。
引き上げの際は、ちびっこたちは画面外に退避するか、出血したらキュアフリーを使うかしよう。

  • ボウガーディアン
射程12の無差別攻撃AI、攻撃力自体は弱い。9セル以内に入るとASやDS等を使ってくる。
WIZ火力の場合は、最大射程で前衛がタゲをとりつつニューマで攻撃を防ぎ、WIZが画面端ギリギリでSGを撒けば完封できる。
忍者火力の場合、射程の関係上敵の得意距離である9セル以内の範囲に飛び込まなければ倒せないため、サンクとニューマを撒きつつ苦無で攻撃するしかない。

  • ビョルグ
ソードガーディアンとボウガーディアンを取り巻きに持つ。
本体もHPは相当低いものの、スタン攻撃やメテオアサルト等の嫌らしいスキルを放ってくる。
ノックバック対策のため、前衛は壁寄せ必須。
SWで前衛を保護しつつ本体に集中攻撃して倒してしまおう。