※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クレジットカードには審査が必要


クレジットカードには審査というものがあるのをご存知ですか?

クレジットカードは誰でも作れるものではありません。
その人が信用できる人で、きちんと返済できるかどうか、カード会社はできるだけ調べ上げます。信用できない人と判断されれば、当然審査で落とされます。つまり、カード会社は、クレジットカードを契約する時に契約者の信頼度を審査するのです。

一般的には審査項目を設定し、点数化して審査を行っているようです。一般的な審査項目として挙げられるのは、
■収入
借りたお金を返済しなければなりませんので、返済できる根拠がなければいけません。
職業や勤務先、雇用形態、勤続年数、年収など、当然調べられます。

■住居
きちんとした住居があるかどうか、居住年数、居住形態、同居人構成などが調べられます。

その他、当然年齢や家族構成といった個人情報も審査の対象になります。

ただ、社会人とは違い、学生向けクレジットカードの場合には審査が厳しくはありません。学生が将来社会人になってもクレジットカードの顧客になるだろうという見込みがあるため、審査を甘くしていると言われています。限度額も、通常のカードよりは低い場合が多いです。

社会人になって、今度は学生向けではないクレジットカードを使うかどうかはその人次第ですが、社会勉強の一つとして、学生のうちにクレジットカードを作り、色々自分で調べながら賢く使ってみるのも良いと思いますよ!