※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クレジットカードって、そもそも何?


「そもそも、クレジットカードって何?」

という学生さんも多いのではないでしょうか? 高校生のうちは、クレジットカードとは無縁なわけですから、仕方ありません。「キャッシュカードすら持ったことないよ」という方も多いかもしれませんね。

クレジットカードとは、そのカードによって支払ができるものです。つまり、ショッピングなどの際に現金を支払うことなく、商品を購入することができたり、またサービスの提供を受けたりすることができるカードのことなのです。クレジットカードによって商品を購入すると、その利用額があなたの口座に累積されて、月ごとに銀行口座から自動的に支払われる仕組みになっています。

さきほどクレジットカードがあれば、現金がなくても商品を購入できると言いましたが、現金を持たなくても良いという点は、かなり便利なことが多いのです。
たとえば海外に行って、1ヶ月マンスリーマンションを借りるとしましょう。1ヶ月の家賃ですから、かなりの金額になりますよね。大金を現金で持ち運んで支払うのはやはり不安です。そんなときにクレジットカードがあれば、大量の現金を持ち運びする必要なく支払が済ませられます。

これは一例にすぎません。クレジットカードを持っていると、メリットが多くあるのです。