7月:


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7-1、15日(放課後)/教室


―放課後。

今日も1日が無事に終わり、帰り支度をする。
いつもと同じように荷物を鞄に詰め込み、何気なく時間割表も見てふと気付いた。

あ、現代文のレポートの提出閉め切り明日だ。

そう言えばそんなものもあったっけ…まったく手をつけてなかった。
時計を見る。
16時を少し回ったところだ。
確か18時まで図書室は開いてたよな…。
ちょっとめんどくさいけど仕方ない、か。

俺は帰る用意の終えた荷物をいったん置き、レポートの資料を探すべく図書室へと向かった。



7-2、15日(放課後)/廊下

図書室であれやこれやと資料を選んでいるとすっかり遅くなり、結局図書室の閉まるぎりぎりまでかかってしまった。
早く教室に荷物を取りに戻り帰ろう。

部活動をする以外の生徒は、もうみんな帰ってしまったようで校舎内は静かだった。
校庭からは部活動をしている生徒達の声が聞こえてくる。
俺はほとんど人気のなくなった廊下を歩いた。



7-3、15日(放課後)/教室


ガラッ

教室のドアを開ける。

暁「あれ、●●くん!」
主「…暁子ちゃん!」

教室を開けるとすぐに声をかけられた。
視線を上げる。
もう誰もいないと思っていた教室にには暁子ちゃんが残っていた。
何やら作業をしているみたいで、机の周りには大量のプリントが積み上げられていた。

主「あ、委員長の作業?遅くまでお疲れ様!」
暁「ふふ、ありがとう。でも特に委員長の仕事ってわけじゃなくて、ただ単に先生のお手伝いなんだけどね。」
主「先生の手伝い?」
暁「そ。このプリントまとめるの。」
主「へー…」

大量のプリントを見ると、半分ほどが綺麗にホッチキスで止められていた。

主「これ全部?」
暁「うん、そうよ。」
主「…まだ大分あるね。」
暁「あはは、さっきまでちょっと部活にも出てたからね。でも今日中に終わらせなきゃ。頑張るぞー!」

暁子ちゃんは作業の手を止めずに話す。
でももう18時も過ぎてるし…これが全部終わる頃には19時過ぎにはなるだろうな…。

主「俺も手伝うよ。」
暁「え、いいの?」
主「うん、まかせて。」
暁「ありがとう!助かる!…えっと、それじゃこっちのプリントお願いしていいかな?」
主「了解。」

俺は暁子ちゃんの隣の席に座り、そのままお喋りしながら作業の手を進めていった。

主「暁子ちゃんっていつもこうやって先生の手伝いしてるの?」
暁「うん!先生が大変そうだったり、私の手が開いてたりしたら手伝ってるよ。」
主「いつもこんなに遅くまで?」
暁「あはは、今日はたまたま…ね。いつもは昼間手が開いてるときにとかに終わらせちゃうんだけど、今日はちょっと忙しかったし、部活にも顔出しておきたかったしね。」
主「そうなんだ。あ、でも忙しい時は断ったりしても大丈夫なんじゃない?」
暁「え?」
主「委員長の仕事とかじゃなくて、先生のお手伝いだろ?忙しいときは断っても大丈夫なんじゃないかな。」
暁「あ…」
主「でも自分が多少忙しくても手伝うなんて、ホントに暁子ちゃんは優しいなあ。立派な委員長だよ!」
暁「え、あ、あの、違うの!」
主「へ?何が?」

突然慌てたように言うと暁子ちゃんに聞き返す。

暁「えっと、その、これは先生に頼まれたんじゃなくて、私が勝手にやってることだから…」
主「そうなの?だったらなおさら偉いなあ…」
暁「えと、あのね、そうじゃなくって…」
主「?」
暁「あの…あのね…」
主「どうしたの?」

暁子ちゃんは俺から視線をはずすと言葉を濁した。
だが一回息を吐き、それから意を決したようにまた俺に視線を合わせる。

暁「…今から言うこと、誰にも言わないでね?」
主「え、あ、うん。」
暁「●●くんにだから言うんだからね!」
主「はは。うん、分かったよ。誰にも言わないって。」
暁「あのね…実は私先生のことが好きなんだ。」
主「え?」
暁「誰にも言っちゃダメだからね!」
主「あ、うん、それは誰にも言わないけど…」
暁「だからね、こうやって先生のお手伝いしてるのは、そう言う下心があるからで…●●くんが思ってるように偉いわけじゃないんだよね、へへ…。」
主「でも、何で先生を…?」
暁「あ、そっか、●●くんは知らないよね!実は青木先生って、先生になる前はうちの家庭教師だったんだー。」
主「家庭教師…」
暁「そう。それでね…」

ガラッ
日「あ、姉さん!ここにいたんだ。」

その時日向くんが教室に入ってきた。
自動的に会話も中断される。

暁「あれー、日向!」
日「ふう、探したよ……あれ、この大量のプリントは…?」
暁「えへへー、お仕事!」
日「また姉さんはこんなに仕事引き受けて…。」
暁「今日は●●くんも手伝ってくれてたんだよー、ね?」
主「あ、うん。」
日「まったく…。●●くん、姉さんが迷惑かけてごめんね?」
主「いや全然!むしろ俺から手伝うって言い出したんだし…」
日「にしてもまだ残ってるね…。うん、僕も手伝うよ。」

そう言って日向くんも近くの席に座りプリントをまとめだした。
ふと、隣にいた暁子ちゃんが、トントン…と、軽く俺の肩をつついた。
何か用事かと思い、暁子ちゃんに視線を向ける。

暁「あの事、日向にも内緒だからね!」

そう俺にしか聞こえないように小声で喋りかけてきた。
俺も小声で返す。

主「うん、もちろん。」

日「…ん?二人ともどうしたの?」
暁「あ、や、何でもないの!」
主「ああ、そうそう!ここ、これであってるかどうか聞いててさ!」
暁「そうよ、そうなのよー、あはは!」
日「ふーん…?」

なんとか誤魔化してそのまま作業を進めていく。

日「……………。」

3人で、と言うこともあり、無事に作業は7時前には終わった。