ちさ菜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・ちさ菜サブイベント



(教室)

………今日は体調が良くない。
――――――ボーっとする。何だか妙に熱いし………
……頭がガンガンする。
保健室に行って頭痛薬もらうかな……。

(廊下)

‥‥はぁ…………………。
――――ん?

主「わっっっ?!!!」

ドンッッ!!

――――――誰かがぶつかってきた…………
………というよりタックルされた。
――――前にもこんな事があったような……………。

ち「ぁいったたた‥‥‥‥‥‥」

見ると、俺の予感は的中した。

主「垂髪、‥‥‥‥今度のはホント痛たかったぞ………」
ち「ごっ、ごめんごめん!!走って階段上ってたら勢いが止まんなくてさ~、そのまま教室まで走っちゃえ!…と思って……はははは…………!」
主「お、おいおい。危ないとか考えないのかよ……?」
ち「いや~、確かに!…だがしかし、考えるより先に体が動いちゃう質なもんでっ!!」
主「お前な………………」
ち「だぁって~~、しょーがないじゃーん!階段見ると走りたくなるんだもーーん!」
主「…………」
ち「ん?」

やべ………頭が……―――早く保健室行こう……………。
俺は保健室に向かって歩き出す。

ち「あ‥‥‥ねぇ、●●!!どうしたの?顔色悪いみたいだけど」
主「ああ………体調が悪くてな………」
ち「え、ちょ、ちょっと、大丈夫!?」
主「うん………平気平気。‥‥‥何とか……」
ち「保健室行くの?」
主「うん…………………」
ち「だったらあたしがついて行く!!」
主「………………え?」
ち「ほらっ!早く、あたしの肩につかまりな!!」
主「えっ…!ゃ、いいよ、そんな大げさなっ」
ち「いいからいいから!遠慮は無用!!」
主「だ、だだ大丈夫だって!ただの頭痛だから…………」

―――――――――って、あれ‥‥‥‥‥‥‥‥
なんかフラッとす……る…?―――――

(目の前が真っ暗になる)

ち「ありっ!?ちょっ、ちょっと!●●!?」

…………………………………………
…………………………
……………

(保健室)

ち「どうですか……………?」
保健室の先生「八度七分………風邪ね。そこのベッドで休みなさい」
ち「わかりました。……ほら●●、しっかり!」

垂髪は、俺の手を引いてベッドまで連れて行く。
まるで小さな子供になった気分だ……………

ち「……大丈夫?……●●‥‥‥」
主「うん‥‥休んだらきっと………良くなると思う」
ち「それならいいけど。……………まだクラクラする…?」
主「……うん、ちょっとね」
ち「そっか…………。あ、そうだ。ちょっと待ってて、●●」

………………………?
………………
………

ヒタッ…………

ひんやりと冷たいものが額にあたる。

ち「どお?気持ちいい?」

タオルをぬらしてきてくれたらしい。

主「うん………。」
ち「……もぉ、今度から無理しちゃ駄目だよ?」
主「……迷惑かけてすまないな」
ち「なーに言ってんの!!困った時はお互い様!」
主「………」
ち「………あ、そろそろあたし授業に行かなきゃ。じゃあ、次の休み時間にまた様子見にくるから!」

垂髪はそう言うと、保健室の入り口に向かった。

主「……あ………う、垂髪」
ち「んーー?」
主「その‥‥‥‥‥‥ありがとうな。ほんとに」
ち「……ははッ、しっかり休みなよ!………あ、先生にはちゃんと伝えとくからね。
それじゃ!」

そう言って、走って教室へ帰って行った。
足音がどんどん遠くなっていく。
速い…………まるで風のようだ…………
あの調子だと、また誰かにタックルをかますのだろう……。
………………………………。
――――――さっきまで世話を焼いてくれていた垂髪の顔が浮かんでくる。
………………………
普段の垂髪、あんなに優しかったっけ……………
意識が遠くなっていく。
熱で頭がボーっとする中、俺は自然と眠りに落ちていった。―――――――