暁子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・暁子の虫嫌い(昼休み)/教室


青空にぽっかりと雲が浮かんでいる。‥‥。
みんな、この陽気が気持ち良いせいだろう、
クラスメイト達の過半数は外へひなたぼっこに出かけたり、教室で昼寝したりしている。
こんな穏やかな昼休みも悪くないな。
――――――――ん?
何やら気になる行動を取っている女子が視界に入った。
あれは‥‥……暁子ちゃんだ。―――――
……………どうしたんだろう。壁に向かって身構えている。
……しかも、両手に掃除用の箒を持って。
様子を伺っていると、何だか怯えているようにも見える………
―――声をかけてみよう。

主「暁子ちゃん」
暁「‥‥あっ、●●くん‥‥‥」
主「どうかしたの?」
暁「‥‥うううう~っ助けてぇぇぇぇぇ~、●●くぅん」

今にも泣き出しそうな顔をしている………

主「だ、大丈夫?‥‥一体何が…」

その時、俺の足元に小さな黒影がちらっと見えた。

暁「きゃぁっっ!!!!!」

だがよく確認できないまま、その物体は掃除用具箱の裏に逃げ込んでいった。

主「何だ今の‥?」
暁「あぅ~~~、もうあたし駄目…」
主「もしかして、今の黒い物体を退治しようとしてたのか?」
暁「う、‥うん……………」
主「そういうことか。……よし、待ってろ。俺が退治してやる」
暁「!!はう…ありがとうぅ~‥●●くん、気をつけて」
主「おう!任せとけ!虫くらいどうってことないって。…あ、その箒貸してもらってもいいかな」
暁「‥ぁ、う、うん!‥はい!!」

俺は暁子ちゃんが持っていた箒の片方を受け取った。

主「‥よし‥‥」

…………………………………
…………………
…………………………ん?

…気が付くと、暁子ちゃんが俺の上着の裾を掴んでいた。

主「‥あ‥‥‥‥えっと…‥その……手を離してくれると有難いかな」
暁「‥‥えっ?……ぁっ………………ごっ、‥ごめんねっ!!」

―――――さて、どこに潜んでいるんだ‥‥
………………とりあえず、掃除用具箱の裏を覗き込む。
……………………いない。

次に、床から壁へと目を走らせる。
…………………‥‥‥‥‥‥‥‥
………………………………が、見当たらない。

確かにこの裏に入っていったはずなんだが……………。

暁「………ど、どお‥?●●くん…」
主「うーん、この裏にはもういないみたいだ」
暁「…えっ…いない‥‥‥?」
主「うん‥あと……いるとしたら天井くらいか」

天井を見上げてみる。

ん?………もしかして……あれか…………?
それは1cm程の小さな蜘蛛だった。

暁子ちゃん………………あれ…………
小さすぎないか……………………………………?

それはさて置き、その蜘蛛は箒でやっと届くくらいの位置にいる…………。

暁「うう、あんなところにいるよぉぉ………ど、どうしよう●●くん」
主「そうだなぁ………」

  • ジャンプして強引に落とす→1へ
  • 蜘蛛が動くまで待ってみる→2へ



1、ジャンプして強引に落とす


こうなったら力ずくで落とすしかないな。
……………………………………………………
…………………………

主「……よっっ!!!!……っと」

………………よしっ!!届いた‥‥‥‥‥!!

ポトッ……………。

主「…………………あ。」
暁「‥えっ‥‥‥?!‥‥‥‥」

暁「……………ぃ……………………ぃいやぁぁぁぁぁっ!!!!!!!」

しまった……………………
暁子ちゃんの頭の上に落としてしまった………………………。

主「ごっ、ごめんっ!!暁子ちゃん!!!」
暁「うわぁぁ~~ん、は、早く取ってぇぇぇぇっ!!!」
主「わかったわかった!ちょっとじっとしてて!!今取るから」
暁「あううう気持ち悪いぃ~~!!」
主「きょ、暁子ちゃんっ、動いたら取れないって!じっとして!!」
暁「きゅぅ…………」

………………………………………
…………………………
とりあえず暁子ちゃんからは払いのけられたが、
結局、蜘蛛はどこかへ逃げてわからなくなってしまった。



2、蜘蛛が動くまで待ってみる


もしかすると壁の方に降りてくるかもしれないよな。

主「ちょっと、このまま待ってみようか」
暁「う、うん‥」

……………………………………………………
…………………………
…………

主「…………………………。」

……………動かないなぁ…………。

暁「…………ねぇ、●●くん……動かないね……」
主「うーん……………仕方ないな。こうなったら、こっちから落とすか」
暁「…ええっ!?」
主「暁子ちゃん、下がってて。箒で落とすから」
暁「‥あっ……う、うんっ!」

…………狙って…………

主「よっっっ!!!…………と」

ポトッ……………。

蜘蛛は見事に床に落下した。
また、運の良い事に、落ちた拍子に背中が地についたので
逃げられることなくすぐに捕まえる事が出来た。

暁「すごぉいっ!●●くん!!」
主「はは、これくらい簡単簡単」

俺は窓の外に蜘蛛を逃がしてやった。

暁「……はぁ、怖かったぁぁ………………」
主「ただの蜘蛛じゃないか~。怖がりだなぁ」
暁「むぅ……………ほんとに怖かったのよぉ~‥?」
主「はははっ、はいはい」
暁「むぅぅ~……」
主「まっ。何はともあれ一件落着だな」
暁「…うん!ありがとう、●●くん!見直しちゃったよ」
主「そんな大したことしてないだろ」
暁「でもでもっ、あんなところにいたのにすんなり落としちゃうし。‥‥しかも素手で触れるなんて……感心しちゃうよぉ」
主「そんな凄いことじゃないって。男は虫くらい触れないとな」
暁「ふふっ。………でもほんとにありがとう」
主「…それにしても、暁子ちゃんって虫嫌いなんだね。知らなかった」
暁「‥うん………虫って言葉を聞くだけで鳥肌が立つくらい嫌いぃ。…………もう、人類の敵っ」
主「ははっ。‥‥でも、生命誕生の頃は人類も虫だったんだぞ?」
暁「……あう………そ、それとこれとは別だよぉ!」
主「はははっ、そっかそっか」
暁「もぉ…………●●くん、イジワルなんだからぁ…………」

――キーンコーンカーン‥‥‥
―――――――――丁度、昼休み終了のチャイムが響き渡った。



・第1回目/中庭


ここは中庭……………
校内では一番日当たりのいい場所だ。
登校、帰宅時間になると、生徒が一斉にここを通るのでにぎやかになる。
今は帰宅する生徒ももう随分と減っている頃だ。
………あ、あそこにいるのは‥‥‥
暁子ちゃんだ。
ベンチに暁子ちゃんが座っている………。
……ちょっと話しかけてみよう。

主「暁子ちゃん!」
暁「あ……●●くん」
主「何してるの」
暁「日光浴。ここって、あったかくて気持ちいいでしょ?」
主「うん」
暁「●●くんもここに座ってみて!ほんとに気持ちいいんだよぉ」

そう言われ、俺も暁子ちゃんの隣に座ってみる。

主「……お、ほんとだ」
暁「‥‥‥ね!」

少し傾きかけている陽の照り具合が調度いい。
天に向けて腕を思い切り伸ばし、大きく背伸びをする暁子ちゃん。

暁「う~~~~ん!‥‥‥‥はぁ………」
主「こうしてると、だんだん眠くなってくるなぁ」
暁「ふふっ、ほんとだね」
主「…………………………」

………………………………………
…………………………
………………

暁「‥‥あっ、●●くんっ!!ほんとに寝ちゃったらだめだよっ!?」
主「ぁ………おっと………危ない危ない。」
暁「もう‥‥‥ふふふっ。いくらなんでも、こんなとこで寝たら風邪引いちゃうよぉ」
主「はは。確かにな。」
暁「もぉ、●●くんったら」
日「おーい、姉さーーん。先生が呼んでるよー」
暁「‥‥あ、はーーーい!………じゃあ、あたし行かなきゃ。またね!●●くん」
主「あ……ああ。頑張ってな」

暁子ちゃんは走って校舎の中に入って行った。



・第2回目/中庭


ここは中庭……………
放課後の中庭は、どことなく落ち着く。
あのふんわりとした、天然の照明効果のせいだろうか。
ずっと見ていると、あのオレンジに吸い込まれそうな感覚だ。
ベンチにでも座ってまったりとしたい気分だった。
…………あ、あれは
この前のベンチに暁子ちゃんが座っている。

‥‥話しかけてみよう

主「暁子ちゃん。お疲れ様」
暁「あ、●●くん。」

俺は暁子ちゃんの隣に腰掛ける。

主「あれ、今から何か食べるところ?」
暁「うん!」

紙袋に手を入れてゴソゴソと何かを取っているようだった。

暁「えへへ……おなか‥‥すいちゃって」

紙袋から、これまた大きなものを取り出した。

主「それ何?」
暁「メロンパンだよ~。あっ、●●くんも食べる?」
主「ああ、俺はいいよ。昼いっぱい食っちゃったから」
暁「そう?………じゃあ、いただきまぁす!はぁむっ‥」

嬉しそうにメロンパンにほうばりつく暁子ちゃん。
それにしても、大きいメロンパンだ。……暁子ちゃんの顔くらいはあるかもしれない。
‥‥いや、というか暁子ちゃんの顔が小さいんだ。

暁「ふふっ。ほいひぃ~~~☆」
主「メロンパン好きなのか?」
暁「うん!だーいすき。メロンパンさえあれば生きていけるもん☆」
主「そんなに好きなのかー」
暁「うん☆」

両手で大事そうに食べる暁子ちゃん。ほんとに嬉しそうに食べるんだこれが。
俺は思わず、その横顔をじっと見つめてしまっていた。

暁「‥‥ん?どうひはほ(どうしたの)?」
主「えっ‥あ、いや。何も」
暁「…………ふふ。へんなの」

俺は空に顔を向ける。
夕焼けが眩しい。

暁「ねえ、●●くん。前に住んでた所も、夕日、綺麗だった?」
主「‥‥うーん、そうだなぁ。都会の方だったから、ここ程よくは見えなかったな」
暁「こっちの方が綺麗?」
主「うん、そうだね」
暁「そっかぁ……」

そういえば転校する前までは、空なんて滅多に見なかった。
それがどうしてだか、こっちへ来てから空を眺めることが多くなった気がする。
澄んだ空気がそうさせるのだろうか。
何だか、忘れていた大切な心を取り戻してくれるような気持ちになる。
俺はゆっくりと深呼吸してみる。

主「はぁ‥‥‥‥‥‥」
暁「………ぁ!ごめんね、●●くん。食べるの遅くって」
主「え?‥‥ああ、いいよいいよ。ゆっくり食べなって」


静止しているオレンジ色の光を見ていると、
ゆっくりと時間が流れていくような気がした。



・第3回目/中庭


帰宅する生徒も減っていて、中庭は随分と静かだ。
あたりはすっかり夕暮れの雰囲気に包まれている。
向こうのグラウンドから、部活する生徒達の声がわずかに聞こえてくる。
あ‥‥‥
見ると、暁子ちゃんがいつものベンチに座っているのに気付いた。
……あれ、何か食べてる‥‥?みたいだ。
俺は暁子ちゃんに近づいていった。

主「よっ、何食べてんだ?」
暁「あ…………っ●●くん!」
主「‥‥‥ん!?………」

暁子ちゃんの手には、
何か得体の知れない真っ黒な物体が握られていた…………。

主「…………一体……これは‥‥‥。」
暁「あっ、●●くんも食べる?半分こしようよ!」
主「え!?‥‥あっ………いや‥‥‥えっとその……それは‥な、何かな?」
暁「えっ?何って……ただの‥‥」
主「た、ただの…?」
暁「メロンパンだよ?」

………め……メロンパン……?これが!?

見た目は、黒くてデカい………。確かに形は真ん丸で、
メロンパンの原型を辛うじて留めているという感じだが‥‥
何というか、石…いや、石炭…?に似ている。
とにかくメロンパンとは程遠い姿だ‥‥

……いや、信じないぞ……!!
これがメロンパンだなんて、俺は信じない‥‥‥!!

暁「…………あれ?‥●●くん、どうかしたの?」
主「……えっ‥あ、ああ……いや‥何でもないよ」
暁「そお?何か深刻そうな顔してるけど…」
主「そ、そんなことないよ」
暁「ほんと?‥じゃぁ、一緒に食べよ!…はい!」

半分を差し出す暁子ちゃん。
う……………。
俺はそれを、恐る恐る受け取った。
ニコニコと微笑んでいる暁子ちゃんが怖い‥‥‥

…ええい!!何を躊躇しているんだ俺!男だろ!!

主「……いただきます」
暁「はぁーい!どうぞ!」

ぱくッ‥‥‥‥‥‥
……………………………………。
え…………?………普通にウマイ………

暁「どお?…美味しいよね?」
主「うん。ウマイ」
暁「これ、今度の新作なんだぁ~!今朝、急いで売店でゲットしたの~!」
主「人気なのか?これ」
暁「うん!たった5分で売り切れちゃうの」
主「へえ、そうなんだ‥」
暁「でもこれ‥期間限定発売だから、たぶん今月いっぱいでなくなっちゃうんだろうなぁ」

しょんぼりと肩を落とし、残念がる暁子ちゃん。

主「そっか、それは残念だな」

‥‥というか、未だにわからん……この黒い成分の正体は一体何だ……?
味は至って普通のメロンパンなんだが…

暁「はぁ……イカ墨って、年中とれるものじゃないのかなぁ‥‥」
主「……はい?今なんと?」
暁「イカ墨。やっぱり、貴重だから大量生産できないってことかな……」
主「‥‥あのー……ちなみにこのパンの名称って…」
暁「‥‥え?『イカ墨メロンパン』だよ?」

な、なんと‥‥‥‥………!!
世の中、色んなパンがあるものだ……。
というか……こんな挑戦的ともとれるメロンパン買おうとするなんて‥‥
暁子ちゃん……恐るべし‥‥‥



・第4回目/中庭


………お、今日も暁子ちゃんベンチにいる

主「よ!暁子ちゃん」
暁「あっ、●●くん。」
主「今日もいい天気だね」
暁「ほーんと。……いい天気!」

……といっても、もうだいぶ陽は沈みかけている。
だんだんと沈みゆく光が、
どことなく優しい気持ちにさせてくれる気がした。

主「……暁子ちゃんって、委員長の仕事大変じゃないか?会議とかしょっちゅうあるみたいだし」
暁「う~ん……そうでもでもないよ?もう慣れちゃったし」
主「そうなのか?‥さっきも職員室と教室を往復してたみたいだったけど‥」
暁「‥‥あ、あれね!…今度のPTA会議の書類をまとめたりしてたの」
主「そうだったんだ。やっぱり、委員長って大変だな」
暁「ふふっ。大したことじゃないよ」
主「そうか?」
暁「…委員長始めたばかりの頃は大変だったけどね」
主「始めたばかりの頃?」
暁「うん。………ちょうど去年の今頃かなぁ‥‥仕事を覚えるの大変だったの。ミスもたっくさんして‥」
主「そうなんだ?」
暁「よく、間違って隣のクラスのプリントを取ってきちゃったりとか‥‥へへ」
主「……へえ……意外だな。
暁子ちゃんみたいな優秀で手の捌ける子でもそんな頃があるのか」
暁「ふふっ。‥‥あたりまえだよ。誰でも、初めての時ってそういうもの!」
主「そういうもんかな」
暁「そうだよぉ!‥‥努力。努力」
主「努力ねぇ……………」
暁「うん。ヒトって、努力次第でどんどん要領よくなるものなんだよ?」
主「ほお‥」

暁子ちゃんって、偉いよなぁほんと。

暁「努力して出来るようになる。‥‥努力して認められる。……って、やっぱり嬉しいことだよ」
主「うん」
暁「あたし‥‥‥委員長の仕事、もっともっと頑張りたいの」
主「もっと…」
暁「うん。もっともっと努力して…………いい委員長さんになるんだ」
暁「‥‥……そしていつか‥‥‥」
主「‥‥‥‥」

暁子ちゃんは目を細めながら沈みゆく夕日を見つめる。
‥‥そして、小さなため息をついた。
‥‥どことなく、悲しそうな雰囲気なのは気のせいだろうか。‥

主「そんなに頑張んなくても、みんな、もう十分認めてると思うぞ?」
暁「…………」
暁「…………………ふふ。……そうかな」
主「ああ。……少なくとも俺は認めてるぞ」
暁「あはは。‥‥ありがと!」


やわらかなオレンジ色の光に照らされる中、
しばらく俺達はまどろんでいた。