9月:


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※ちょっと体育祭についてはややこしいので、体育祭まとめと平行してみると状況が分かりやすいです。


9-1、9月下旬(体育祭、朝)/運動場


今日は待ちに待った体育祭。
空は雲一つない快晴だ。
天気に恵まれたなー…なんて思ってみたものの、実際はそうではないのかもしれない。
暑い。
もう9月下旬だと言うのに、この天気の所為なのか8月と変わらないような暑さだ。
まあ自分が出るとき意外はテントの中で休めるから良いか…。

やる気のある者、ない者、それぞれいるが、
とりあえずみんな各々に年に一度しかないこの行事を楽しもうとしているようだ。

  • →9-2へ



9-2、9月下旬(体育祭、午前中①)/運動場


体育祭、何がめんどくさいかと言えば開会式や閉会式で聞く先生方の長い話だろう。
ボーっとただ聞き流してれば終わる話なのだが、この炎天下では話は別だ。
立っているだけで体力が奪われていく。
さっきから数人の先生が代わる代わる話をしていき、あとはこの理事長の話で最後だと思うのだが…
この理事長の話が特に長いのだ。
せめて座らせてくれ…。いや、それより早く話を終わらせてくれ…。
もはや先生の話など頭に入っていない。
他のみんなも同じようで退屈そうながらもぐったりとしている。
先生、早くこの状況に気づいてくれよ…。
…それとも気づいた上での嫌がらせか?

いろんなことをぐるぐると考えていると後ろの方が何やら少しざわついているようだ。

……………………?

耳をすましてみれば、どうやら誰かが倒れたようだ…。
ただの朝礼でさえ、たまに貧血とかで倒れるやつがいるってのに、この状況なら尚更だろう。
ほら先生、みんなもうしんどいんだって!
早く話を終わらせてくれよー…。

……………………。

願いが通じたのか、その後すぐに先生の話は終わった。
いや、もしかしたら倒れた人が出たのでヤバイと思って話を切り上げたのかもしれない。
もしそうなら倒れた人様々だな!

この退屈な式さえ終われば後はもういつもの授業と比べれば遊びみたいなものだ。
さあ、今日1日楽しむぞー!

そうこう思っているうちに開会式は終わり、俺たちは各クラスごとに用意されたテントの中へと戻っていった。

  • →9-3へ



・9-3



いよいよ競技が始まりだす。
各クラスの選ばれた選手達が入場門の所へ集合していた。
やっぱりこう対抗戦だと勝ちたいと言うか燃えると言うか…。
…まあ、このリレーでは俺は選手じゃないので応援なのだが。
それでもただの応援にすら何だか熱が入る。

暁「ねえ、●●くん!」
主「え?」

声をかけられて振り向くと暁子ちゃんがいた。

主「どうしたの?」
暁「ちょっと用事があって先生探してるんだけど、見かけなかったかな?」
主「先生かぁ…。」

少し記憶を辿ってみてが、俺が最後に見たのは開会式のときだ。

主「ごめん、分かんないや。」
暁「そっかぁ…、ありがとう。」

羽「ん?二人してどうした?」
主「あ、羽生治!」

そうだ、羽生治なら知っているかもしれない。

主「先生知らない?」
暁「さっきから探してるんだけど見つからなくて…。」
羽「あー…先生ならまだ保健室から戻ってきてないんじゃねえの?」
暁「え…?」
主「保健室?」
羽「そうそう。開会式のときに上城倒れて先生運んで行っただろ?それ以降見てないから…やっぱりまだ保健室なんじゃないか?」
主「え!?倒れたのって上城さんだったの?」
羽「…お前、何を今更…。」
主「いやー、あの時は早く開会式終わんないかなーとばかり…。」
羽「…まあ実際しんどかったしな。」
主「だろ?」
羽「まあ、とにかくあれから見かけてないからまだ帰ってないってことだろ?用があるんだったら保健室へ行ってみれば?」
暁「あ…うん、ありがとう。」
羽「じゃ、俺ちょっと自販機行ってくるわ。何かいるか?」
主「いや、特には。」
暁「あ、あたしも大丈夫。」
羽「そっか、じゃーな。」

そう言うと羽生治は自販機がある方へと歩いていった。

主「うーん、やっぱり校庭には見当たらないし、羽生治の言うようにまだ保健室なんじゃないのかな?」
暁「あ、うん…。先生が白雪姫ちゃん保健室に運んで行ったのは知ってたけど、もう戻ってきてると思ってたから…。」
主「用があるなら行ってみた方が良いんじゃない?」
暁「…うん、そうね。とりあえず一応行ってみて、それでもいなかったらもうちょっと探してみることにするわ。」
主「うん、俺も先生見かけたら暁子ちゃんが探してたって伝えとくよ。」
暁「ありがとう!」

そう言うと暁子ちゃんは校舎の方へ向かって走っていった。

  • →9-4へ



・9-4



主「…やっぱりすごいな。」
羽「ま、あいつはこれしか取柄がないからな。」

羽生治が戻ってくるころには女子のリレーが始まっていた。
女子のリレーのアンカーは垂髪だ。
それまで3位だったのが、物凄い勢いでどんどん走者を追い越していって見事1位だ。
いつもいつも運動神経が良いとは思ってはいたが、まさかこれほどとは…。
改めて感心してしまう。


やがてリレーも終わり、選手達は各クラスのテントへと戻ってくる。
周りから「おつかれ」「おめでとう」「惜しかった」などいろんな声が上がる。
うちのクラスの1番の功労者であろう垂髪の周りなどには沢山の人が集まっていた。
そんな中、同じく選手だった日向くんがこちらに向かって歩いてくる。
どうしたんだろう…?

主「日向くん、お疲れ!」
日「うん、ありがとう。ところで姉さん見なかったかい?」
主「暁子ちゃん?」

確か暁子ちゃんなら随分前に…

  • 「先生を探しに行った。」→9-5へ
  • 「保健室へ行った。」→