5月:


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5-1、五月上旬(朝)/自宅(主人公の部屋)


―チュンチュン。

主「……………。」

朝…かな…?
目が覚めたが、どうやら目覚ましはまだ鳴ってないようだ…今何時だろう…?

6時…か。
いつもより早いが、二度寝するほどの時間もないな…。
せっかく珍しくすっきり目が覚めたことだし、起きるとするか…。

(校門)

いつもより早く登校したせいか、普段なら登校してきた生徒達であふれているここも人が疎らだ。

(教室)

ガラッ

暁「あ、●●くん!おはよー!」
主「暁子ちゃん、おはよう。」

教室のドアを開けると、暁子ちゃんが丁度黒板に何かを書いているところだった。
それにしてもやはり委員長と言うべきか、暁子ちゃんは来るのが早いんだな…。
まだ教室にはいつもの4分の1ほどの生徒しかいない。

暁「それにしても●●くん、やる気たっぷりだねー!感心感心!」
主「え、何が?」

ふと黒板の今暁子ちゃんが書き終えた文字に目が留まる。

『日直 ○○●● 茨暁子』

主「あ!」

今日俺日直だったっけ…。

暁「…もしかして●●くん、忘れてたでしょ?」
主「え、あ、いやー…あはは。」
暁「笑ってごまかしてもだーめーでーすッ!せーっかく人が偉いなーって感心してたのにぃ!」
主「ご、ごめんて!」
暁「あはは!嘘々!日直なんてみんなこんなもんだよ。」
主「…だよな。ホッとした。」
暁「あ、●●くん、転校してきて始めての日直だよね?まあ日直なんてどの学校も特に変わりはないと思うけど、分からないことがあったら何でも言ってね!」
主「うん、ありがとう。」
暁「あ、とりあえず授業始まりの号令は男の日直が、終了の号令は女の日直がかけることになってるからね!えーっと、後はー…」
主「うん、みんながやってるの見てたし、大体のことは大丈夫だと思う。」
暁「そお?それじゃ、今日一日よろしくね!」
主「こちらこそ。」

  • →5-2へ



・五月上旬(昼休み)/教室


午前中の授業が全て終わり昼休み。
やっと昼飯だ!

日「あ、●●くん!」
主「ん?日向くん、何?」
日「お昼ご飯食べようとしてるとこ申し訳ないんだけど、次の授業の用意、日直がやらなくちゃいけないんだよね。」
主「あ、そっか…」

そういえば次の授業は公民だ。
公民の授業では使う資料を日直が資料室から持ってきて用意しておかなければいけない。

日「ホントは姉さんもなんだけど、今ちょっと委員長会の報告で職員室へ行っててさ。」
主「うん、分かった。資料運ぶくらい俺一人でも全然平気だろうし。」
日「ごめんね、ありがとう。」
主「…で、さ…」
日「どうかしたの?」
主「あの、資料室って…どこ?」
日「………」
主「………」
日「…くすっ、そうだよね、資料室なんてめったに使わないもんね。ごめんね、気付かなくて。」
主「やー、もう一ヶ月くらい経ったってのにこの学校意外と広くてまだ覚え切れてないんだよ、ごめん!」
日「ううん、やっぱり僕も手伝うよ。案内するから行こう。」

(資料室)

資料室には日付とクラス名の書いた紙と共に大量の資料が置かれてあった。

主「…ちょっと多くないか?」
日「ね…、一人だとちょっと無理そうだよね…。」

良かった、日向くんが手伝ってくれて…!
二人で手分けして資料を持ち、資料室を後にした。

(廊下)

主「いやー…それにしても昼休みもなんて、暁子ちゃんてほんと頑張るよなー。えらいよ。」
日「そうだね、僕も姉さんには頭が上がらないからね。」
主「ほんと良い子だよ!よく働くし、可愛いし、優しいしー…」
日「……………。」
主「日向くん?」
日「…あのさ、もしかして●●くんって姉さんのことが好きなの?」
主「え!?」
日「ねえ、どうなの?」
主「え、あ、い、いやー…そのー…嫌いじゃないと言うかー…好き?だけどもそれが恋愛感情かと言われればそうでもないようなー…」
日「つまり?」
主「あ、そうそう!人として好きだな!良い子でほんと尊敬するよ!」
日「……そっか。」
主「あ、でもそれは日向くんもかな。」
日「え、ぼ、僕!?」
主「うん、だって今だってこうやって手伝ってくれてるし。感謝感謝!」
日「あ、いや、これは、そのー…」
主「日向くんが友達で良かったよ!ほんと助かる!」
日「ど、どういたしまして…。」

そうこうしているうちに教室についた。

(教室)

主「これは、教卓の上に置いといて良いんだよね?」
日「うん、そうだよ。」

暁「あれ?それ…!」

資料を教卓の上においていると、丁度暁子ちゃんが職員室から戻ってきたようだ。

暁「わわ…!ごめんね、私も手伝わなきゃいけなかったのに…!」
主「いや、大丈夫だよ。職員室に行ってたんでしょ?お疲れ様!」
日「僕が姉さんの代わりに手伝っといたし、大丈夫だよ。」
暁「そお?それなら良いんだけど…二人ともごめんね?ありがとう!」
日「うん、それじゃそろそろお昼にしようか。」
暁「私もうお腹ぺこぺこ~…」
主「あー…俺も腹減ったなあー…」
日「くすっ、それじゃ行こうか姉さん。」
暁「うん!…あ、そうだ!今日天気も良いし、今から中庭でお昼食べるんだけど、良かったら●●くんも一緒に来ない?」
主「え、いいの?」
暁「うん、もっちろん!ね?」
日「そうだね、人数が多い方が楽しいだろうし。…あ、もし●●くんが良かったらで良いんだけど…どうかな?」
主「それじゃ、よろこんで!」
暁「わーい!それじゃ二人とも、行こ?」

それから3人で楽しく昼食を食べた。

  • →5-3へ



5-3、五月上旬(放課後)/教室


暁「うーん、こんなとこかな?」

放課後、人気の少なくなった教室で日直の最後の仕上げ、日誌を書く。

主「そうだね。もうこれ出して終わりだよね?」
暁「うん、そうよ!今日一日お疲れ様!」
主「暁子ちゃんもね。」
暁「ふふ」

パタンと日誌を閉じて鞄を持つ。

主「それじゃ、俺、先生のところに出してくるよ。」
暁「え、いいよ!私が出してくるから!」
主「いや、でも悪いし…」
暁「丁度先生に用事もあるし、気にしないで!」
主「あ、ならお願いしても平気かな?」
暁「うん!それじゃ持ってくね。●●くん、また明日!」
主「ああ、また明日。」

そう言うと暁子ちゃんは教室から出てー…ん?

暁「●●くん!」
主「ん?まだ何かあった?」

教室から出て行きかけたが、またこちらに話しかけてきた。

暁「そうじゃなくって…これ、今日頑張ったご褒美!投げるからキャッチしてね!」
主「え?」
暁「そぉれっ!」
主「わっ!」

暁子ちゃんの手から離れた何か小さいそれは、狙いが俺からちょっと外れ気味だったが何とかキャッチすることができた。
これはー…飴?

暁「それとっても美味しいのよー!」
主「あ、ありがとう!」
暁「どういたしまして!じゃあね!」

暁子ちゃんはそう言うと、今度こそ教室から出て行った。
早速包み紙を開けて食べてみる。

おお、これは確かに美味い!
…今度どこで買ったか教えてもらおう。