7月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

18、1日(休み時間)/教室


今日からテスト期間だ。
憂鬱に鳴りながらも、先ほどの授業で黒板に書かれたテスト範囲をメモる。

白「あぅ~~~~~…」

隣の席では白雪がうな垂れている。

主「白雪、どうかしたか?」
白「あ、●●くん!」

白雪は、ぱっと顔を上げるとこちらを見た。

白「なんでテストなんてあるんですかあ…?」
主「え、何でって言われてもなあ…。」
白「白雪、難しいこと考えるの大嫌いなんですぅ…。」
主「うん、まあ俺もだな。」
白「小さい頃はそんなこと考えなくても良かったんですよねえ…はうぅ…。」
主「はは、まあ仕方ないっちゃ仕方ないな。」
白「もう白雪お勉強はうんざりですぅ~…。」
主「俺もできればしたくないけどな。」
白「あうぅ…。」

またうな垂れる白雪。

主「ま、テストが憂鬱なのはみんな同じか。」
白「むー………。」

そのまま白雪は顔を机に伏せてしまった。

主「ふう…勉強しないとなあ…。」
白「はっ!いいこと考えたです!!」

また突然に白雪は顔を上げる。

主「良いこと…?」
白「はいです!とっても良いことです!」
主「どした?」
白「うふふー…あのですねー…」
主「ん?」
白「●●くん!白雪と一緒にお勉強しましょう!」
主「へ?勉強?一緒に?」

先ほどとはうってかわって満面に笑みを浮かべて白雪は言う。

白「はいです!きっと二人で勉強すれば楽しいですよぉ!」
主「あー…なるほど。確かに二人でするのは効率も良さそうだしなあ…。」

確かにそれは一理あるな、と納得する。
勉強するのは嫌だけど、二人なら一人で勉強するよりも気がまぎれるかもしれない。

主「うん、そうだな…良いな、それ。」
白「でしょー?えへへ。」

俺が承諾すると白雪は嬉しそうに答えた。

白「白雪、放課後は教室に残ってお勉強しようと思いますー。なので●●くん、お暇なときは来てくださいね!白雪待ってます!」
主「うん、分かった。なるべく行くようにするから。」
白「えへへ…●●くんと一緒なら頑張れそうな気がしますー。」
主「そうだな、俺も頑張れそうな気がする。」
白「一緒に頑張りましょうね!約束です!指きりげんまんですよぉ~。」

そう言って白雪は小指を出してきた。
俺も小指を出して、白雪の指と絡める。

白「ゆーびきりげんまん、うーそついたらはーりせんぼんのーます!ゆーびきった!」

聞きなれたフレーズを歌うと指を離す。

白「きっとですよ!」
主「ああ、白雪こそな。」
白「白雪はもちろんですよぉ~!」

ち「おーい!○○~!!!!!」

そのまま白雪と喋っていると、垂髪に呼ばれた。

白「………。」
主「ん?どうしたー?」

とりあえずそのまま返事を返す。

ち「ちょっとこっちきてー!」

垂髪は手招きをしながらこっちにこいと指示する。

主「…ったく、仕方ないな。」

俺は席を立つ。

白「あ…。」
主「ごめん、ちょっと行ってくるな。」
白「…はい、です。用事、終わったら戻ってきてくださいね…?」
主「うん、すぐ戻ってくるよ。」
白「いってらっしゃいです…。」

そのままその場所を後にして垂髪のところへと向かった。



主「何?どうかしたか?」
ち「へへー、呼んだだけ!」
主「はあ?なんだよ、呼んだだけって…」
ち「んー…なんて言うか、○○困ってそうだったし。」
主「困る…?俺が?」
ち「うん、だって○○勉強嫌いそうじゃん。」
主「お前なあ…まあ確かにその通りだけど。」
ち「あはは!…うん、まあそれもあるんだけど、なんて言うか………」
主「なんて言うか…?」
ち「…や、やっぱいーや。」
主「ええ!?言いかけたことは最後まで言えよなー!」
ち「えへへ、言おうとしてたこと忘れちゃったー」
主「はあ…ったく。」
ち「ごめんねー。」
主「まあいいけど…そんじゃ俺戻るわ。」
ち「え…あ、うん…」
主「じゃあな。」
ち「…………」



主「お待たせ。悪かったな。」
白「いいえ…。あの、何話てたんですか…?」
主「いや、それがさー、あいつ呼んだのはいいけど何話すのか忘れたって!」
白「楽しそうでしたね…?」
主「そうかあ?」
白「…………」
主「白雪?」
白「寂しかったです…」
主「え?」

白雪は俺の服の裾をキュッと掴む。

白「もう、どこにも行かないでくださいね…?」
主「え、あ、や、ご、ごめん…!」

突然そんなことを言われて焦りながらも答える。

―キーンコーンカーン

と、いいタイミングでチャイムが鳴った。

主「あ、ほ、ほらチャイム…!席につかないと…」
白「………はい。」