校庭.


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・1回目

なんとなく帰り際に校庭に立ち寄ってみると、そこに見覚えある顔を見つけた。

垂髪だ。
そっか…あいつって部活入ってるんだな。

体操着姿の垂髪は、どうやら陸上部らしい。
軽いストレッチを終えると、垂髪は助走ポジションにつく。
彼女が見据える先には、走り高跳びのバーがそびえ立っている。
へぇ…高飛びの選手なのか…。

垂髪は呼吸を整え、タイミングを計り、走り出す。

タッ、タッ、タッ、タッ、タッ、タッ、タッ、タッ…シャッ――

勢い良く踏み切り、高い跳躍力を生かした背面飛びで、バーを余裕で跳び超えていく。
踏切から着地まで流れるように美しい垂髪のジャンプに、思わず俺は、ぼうっと魅入ってしまった。

ち「おっ、○○じゃーん」

どうやら俺の姿に気づいたらしい垂髪がこっちにやってきた。

主「よ。垂髪って部活してたんだな。」
ち「いやいや、これは助っ人稼業のひとつ!実はなんちゃって陸上部なの!」
主「はあ?」
ち「まぁ、このちさ菜様の優れた身体能力を生かして、陸上部に貸しを作ってるってワケ!これで来月の昼食代が浮くのよね~。」
主「あの、それって…」
ち「へへ、細かいことは気にしない!」
主「はあ。」
ち「こうやって練習にもちゃんと参加してるし、それに大会でいい成績を残せたらのご褒美だもの。」
主「そっか。」
ち「ま、見てなさいって。このちさ菜様の活躍を!」
主「はいはい。」
ち「っと、そろそろあたし行かなきゃ…!」
主「ああ、頑張れよー。」
ち「うん!じゃねー!」

そう言って、垂髪は陸上部の練習に戻っていった。
助っ人かあ…、なんか垂髪らしいな。

さて、と…俺は帰るとするか。
賑わう校庭を離れ、家路へとついた。



・2回目

陽も傾き始めオレンジ色の光に包まれる校舎。

課題の提出だ、締切だ、なんだので、今日はちょっと帰るのが遅くなってしまった。
こんなことなら早く済ませておけば良かったなあ…。
まあ、いまさら後悔したところでどうにもならないけど。
そんなことを思いつつ、俺は校舎を後にし校庭を歩いていた。

ドカッ!!!!

主「っ……」

突然後頭部に衝撃が走った。
何かに殴られたような痛みに、一瞬で俺の視界は真っ暗になった…

………
………
………

ち「○○?…ねえ、○○?!ちょっと大丈夫??」

ん…?
誰かに呼ばれてる…?

主「つぅ……あれ、垂髪…?」
ち「○○~!!よかったー、こっちにボール探しに来たら○○が倒れてて…吃驚したよ~ほんと!」

どうやら俺は飛んできたボールが直撃して、一瞬意識を失っていたようだ。
意識ははっきりと戻ったものの、まだ後頭部がジンジンと痛む。
痛みを紛らわそうと後頭部をさすりながら起き上がる。
触ってみてわかったが、どうやらコブになってしまったようだ。
そりゃ痛むはずだ…。
そんな俺を垂髪は心配そうに見ていた。

ち「あの、もしかして…ボール直撃しちゃった?」
主「ああ。」
ち「うわっ、ごめんね…大丈夫?思ってた方向と逆に打ち上げちゃって…頭まだ痛い、よね?」
主「そりゃ痛いって…。垂髪ー…さてはお前がぶつけただろ……」
ち「あ、うん。えへへ…」

垂髪は苦い笑いしながら頷いた。
ふう…まったく、考え事をしていてボールに気づかなった俺も悪いが、校庭からここまでボールを飛ばしてくる垂髪の運動神経の良さにも困ったもんだな。

主「今度はどこの部活で助っ人してるんだ?」
ち「ソフトボール部!」

確かに垂髪は、野球のユニフォームのようなストライプのシャツとズボンを着ていた。
そうか…ソフトボール部かー…

主「で、バッティング練習中に誤った方向に飛ばしたと?」
ち「はい、そのとおりです…うぅー、ご、ごめんねー…」

手を合わせ、ひたすら謝る垂髪。
なかなかこんな垂髪の姿は見れないので、ボールをぶつけたお返しに、俺は少しだけ大げさに痛がってみた。

主「ああ、痛みがぜんっぜん引かないなー…あ、眩暈が……」
ち「ちょ、ちょっとー??○○、しっかりして!!あ、だ、誰か呼んで来ないと…」

垂髪のあまりのうろたえっぷりに俺は笑いがこみ上げてくる。

主「…くくっ…」
ち「え、ええ、ちょ、ちょっとー!?」
主「ぷっ…あはははははははははっ!」
ち「え、何!?あ・・・もしかしてからかってんのー!!?」
主「ははっ・・・ああ、悪い悪い。ちょっと大げさに痛がってみた。」
ち「何それ!こっちは本気で心配してるのに・・・」
主「いや、痛いのは変わらないんだけど。お前のうろたえ方がおかしくってさ。」
ち「ちょっと、どういう意味よー?…ふう。でもまあ、そんなこと言えるなら大丈夫そうよね。…良かった。」
主「ああ、たんこぶ一つで済んだぜ。打ち所が悪くなくって良かった、良かった…」
ち「あ、いやぁ、本気で申し訳ない・・・ごめん!!」
主「まあ、事故だからしょうがないさ。そんな気にすんなって。」
ち「そ、そうよね!事故だもの、しょうがないわよね!!」

コイツ…俺が平気だって知ったとたんに…

主「…垂髪。お前、反省してないだろ?」
ち「へっ?!」
主「まったく…」
ち「そんなことないって。誠意をもって謝る、ごめん!お詫びに今度奢るから!!」
主「…………」
ち「…○○?」

こっちを伺うように見つめる垂髪。
まあ、こんなことになっても憎めないキャラなのが垂髪だ。
しょうがない、許してやるか…って、別に俺は始めから怒っているワケじゃないんだがな。

主「食堂でランチ三日分な。」
ち「えぇー!?うーん、・・・考えとく!」
主「お前・・・」
ち「嘘、嘘!!ちゃんと奢るって」
主「はは…ホント、お前得なキャラしてるわ…」
ち「そう?って、あー!!そろそろボール拾って戻らないと怒られちゃう!」
主「部活の途中だもんな、頑張れよ。あ、でもかっ飛ばすのもほどほどにな。」
ち「分かってますって。ほんと、ごめんね。あ、保健室でたんこぶ冷やしすアイスノン貰って帰るといいよー!」
主「ああ、そうする。じゃあな!」
ち「うん、またね!」

そう言って、垂髪はボールを拾うと校庭に戻っていった。
うーん、まだたんこぶは痛む…な。
よし、保健室に寄ってから帰るとするか。



・3回目

主「!!!!うわっ…冷たい…」

放課後、蒸し暑い校庭脇の小道をフラフラ歩いていると、突如水しぶきに襲われた。
い、一体なんなんだ!?

不意打ちの水流の襲撃に俺は全身ずぶ濡れになっている。

ち「おーい!○○ー!!」

何が起こったのか、暫く状況が飲み込めなくてポカンとその場に立ち尽くしていると、少し離れた場所にあるプールのフェンス越しから、俺を呼ぶ声がした。

ち「○○ー!」

あれは垂髪…って、あいつ…!!

主「おい…!」

垂髪の手に握られているホースを見て気付く。
どうやら俺をこんな目に合わせた犯人は、垂髪らしい。
あいつ…こんな悪戯しやがって。

俺は濡れたままプールサイドの垂髪の方へ向かっていった。

主「垂髪!おまえ俺に恨みでもあるのか?」
ち「あらー、○○ずぶ濡れねー!」
主「『ずぶ濡れねー』じゃねーよ!」
ち「あははは!」

垂髪は反省するどころか俺を見てケラケラと笑っている。
コイツ…!

主「まったく、いきなり水かけやがって…!」
ち「だって、暑さで干からびてる○○がココから見えたから、水分補給してあげたの!なんちって~…」
主「おまえ……」

確かに暑さでボーっとはしていたが、こんな形で熱を冷まされることを俺は望んでないっつーの!
が、しかしそんなこと思っても後の祭りだ。
仕方がない。

主「はあ…。で、今日は水泳部の助っ人か?」
ち「うーん、惜しい!!」
主「はあっ??」
ち「水泳部じゃなくて、“水球部”!」
主「そんな部活まであるのかよ。この学校って…」
ち「そりゃなんたって、この学校のウリの一つは部活数の多さなんだから。何でもあるわよ~!」
主「ははは…」
ち「ほんと助っ人のし甲斐があるわー。って、そろそろあたし試合に出ないと!」
主「ちょ、お前、俺はこのまま放置か?」
ち「へ?あー、この暑さなら歩いてるうちに乾くって!じゃねー!」
主「…………」

垂髪はプールサイドから水中へ戻っていった。

まあ、とりあえず濡れた服はこの暑さで既に乾きつつあったが、垂髪…お前と言うやつは…!!
はあ…このまま乾くまでしばらくフラフラしてるか……

と、プールサイドを離れようとしたその時、垂髪がプールサイドのフェンスの方に戻ってきた。

ち「○○、熱射病には気をつけなさいよー!」

そう一言告げてまた中へ戻っていく。
それを言う為だけにわざわざ戻ってきたという事は…一応は俺のことを気遣っているってことか。
しかし、これだけ俺をずぶ濡れにさせた垂髪にいわれるのもなんだかなぁ…

主「ふう…。ああ、気をつけるよ!」

俺は少し苦笑いしながら返事を返した。
さて、帰るとするか!
…歩いてるうちに服も乾くだろうし。
俺は西日が照りつける中をのろのろ歩きながら家路へとついた。