インターミッション 異国で過ごす一日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次話で大会がめちゃくちゃになるのでここでしっかり休んでくださいね。
では。
京「始まるぜ。」
ツナ「少しでも体力を回復しておこう…」


では…やはり…?

ああ。俺達の今の役目は人のやり方を見守ること。場合によっては介入することも辞さない。

でも、どうするの?侵略者は。宇宙人が来たんでしょ?

ホントよね、無粋だわ。

案ずるな…




これはこれは。まさか直々にお出でになるとは。

必要とあらば我も出る。異存ないな?

当然。

あるワケありませんよ。

ええ、ないですわ。

無論ですよ。

では、時が来るまで待つとしよう。


「へえ~…じゃあ草薙さんの一族が三種の神器なんですか…なんか凄いですね…」

「一角ってだけさ。それに俺はその運命はクソ喰らえ…って思ってるくらいだしな。」

ここはニューヨーク市街の一角。そのカフェテリアにはボンゴレチームと日本チームの面々がいた。

感心するツナに補足する京。

「むう…よく分からんぞ…何故剣が人になるのだ…?」

「バカか芝生!草薙の剣ってのは草薙の拳って書く!そう言ってんだよ!」

了平のピントのずれた台詞に食って掛かる獄寺。オイオイと慌てる紅丸に山本がいつものことと返す。

道を挟んだ向かい側ではミルフィオーレチームの面々が残してきた他のファミリーへの土産を主に紅蓮と桔梗主動で見ている。

その側ではマキシマとウィップがマキシマの握りつぶした物に替わる新しいコップを見ている。

K'とクーラがその近くを歩いて行く。普段のぶっきらぼうな印象を拭い去ったような笑顔を浮かべるK'。

そんな平和が崩されるとはその時誰も思っていなかった。


さりげにマキシマが器物破損…ちょっ!おまっ!
因みに冒頭で会話しているのはあの方々です。初代ラスボス一味のあの方々です。
遙けし彼の地よりいずる者たちでないのは一目で分かりますが。
ではしめちゃってください。
?????「それでは次回もよろしくお願いします。」
???「死ぬ気で見ろよ!」
?????「私たちが出るかは作者の気分次第ね。」
???「まあ、出るんじゃない?」
???「そればかりは我も読めぬ…」
さあ、どうでしょうね…フッフッフッフ…
???「何なんでしょうね?この歯の隙間に挟まった胡椒を数日後に噛んだような笑いは…」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。