一回戦第二試合 空手対炎!空を舞う龍と大地の激突!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回はシモンバーサス龍虎チーム!
ところで、美形会議はいかがでしたか?
半笑いで見て頂けたら幸いです。
初登場時点でロバートさんはすでに割れています。
では、始めて下さいリョウさん!炎真!
リョウ「同等の力を持つものが相手なら覇王翔吼拳を使わざるをえない!」
炎真「始まるよ!」


「何か自分でじぶんち壊しそうで仕方ないんだけど…」

「そうだよねお兄ちゃん。」

金髪碧眼に道着というある種ミスマッチな格好のリョウ・サカザキと同じく道着姿だが黒い長髪を背中に流した少女、

ユリ・サカザキはよりによって一回戦の会場が自宅であるサカザキ道場、それもアメリカにある本部であることに嘆息

していた。

「リョウったらいきなり何落ち込んでるの?」

男装の麗人キングがその様子にため息をつくと隣にいた顎の割れた伊達男、ロバート・ガルシアが

「まあ、試合が始まればリョウのテンションも上がるやろうできにせんとき。」

と流暢な関西弁でフォローを入れた。

その向かい側では

「大丈夫?炎真。」

「俺はストライカーだけどお前は大将だろ?戦えなくてどうすんの?」

「結局軟弱だから飛行機酔いなどするのだ!」

「うぷ…紅葉…揺らさないで…」

赤い無造作ヘアーの少年、古里炎真が飛行機に酔って蹲っており、チームメイトの女性、鈴木アーデルハイトに

介抱されていた。後ろではカンカン帽に顎髭で、でもアーデルハイトと同じで炎真の一つ上の高校3年生という

ある種インパクトのある加藤ジュリーがあきれたように茶化し、眼鏡の高校生ボクサー青葉紅葉が口癖の結局を

連呼しながら炎真を叱咤していた。

するとガタガタという音とともに道場の入り口をほんの少し破壊しながら放送席が設置され

『さあ、第一試合はボンゴレチームの勝利で幕を閉じましたが第二試合はどうでしょうか!?まずは優勝候補の極限流チーム!』

実況の男がうつむくリョウを示し

『今は自宅がえらいことになるのを警戒していますがご存じ、覇王翔吼拳と竜虎乱舞という二つの強力な武器を備えた大会屈指の

強力選手!無敵の龍、リョウ・サカザキ!』

「シモンチームのお前ら!頼むから道場壊すなよ!」

『そしてその相棒と言えばもちろんこの人!ケツ顎の自称美形キャラの最強の虎、ロバート・ガルシア!』

「顎のことは言うなや!後自称ってなんや!どういう事や!」

『ぶっちゃけた話、美形会議でこっぴどくこき下ろしてた京は現実でも女性人気高いですよ?』

「ごめん、悪かった。頼むからそう言う心の折れる話はやめてくれ!」

『続いてさらわれたり家でしてちゃっかり別のチームを作ったり親父をアッパーカットで吹っ飛ばしたり、まさに奔放なる飛燕!

ユリ・サカザキ!』

「ちょっと!これって中傷の部類に入るんじゃないの!?」

『まあまあお気になさらず。続いてご紹介させて頂きますは男装の麗人、リョウとはちょっと良いカンジ?のキング!』

「満更でもなさそうな顔してるでこいつ…」

「なにかいった?」

「いいえ何にも。これっぽっちも喋ってへん。」

『続きましてはシモンチーム!リーダーはこれまた謎の高校生、並盛高校2年A組、ボンゴレチームリーダー、沢田綱吉とは親友の

古里炎真!今は全く威厳ありませんけどね。』

「大分楽になってきた…でもこの実況ちょっと悪意を感じる…」

『先鋒は笹川了平のライバル、高校生ボクサーの青葉紅葉!』

「結局この僕には中傷はなしだな!」

『扱いにくいですから。』

「結局~!?」

『続いて紹介するのは老け顔高校生の加藤ジュリーと堅物女子高生の鈴木アーデルハイト!』

「「扱いづらいからってまとめるな!(まとめないで!)」」

『それではラウンド1!コウヨウ!バーサス!ロバート!READY…』

そのアナウンスで空気が変わった。

『FIGHT!』

「最強の虎の復活や!じっくり拝み!」

「結局僕が勝つ!」

ロバートと紅葉の拳がぶつかり合う。

「ほおお~、結構やるやないか。」

「結局僕の拳にカウンターをあわせ拳をぶつけるとは、顔に似合わずきようじゃないか。」

じゃあ、と紅葉の鋭い拳とロバートの豪快な拳が交錯し、二人の肉体を打つ。やがてどちらともなく息を乱し始め、肩が落ち始める。

「ハア、ハア、やるではないか…ハア、ハア、結局この僕に僅差で敗れるところまで来ているのだからな。」

「ゼエ、ゼエ、そらないわ、僅差で負けんのはお前の方や。誇り高きヤングタイガー、ナメとんやないで」

ふっと二人は唇をゆるめ、同時に

「「言ってくれるな(言ってくれるやないの)」」

と呟き、拳を握り直す。

「滅!龍・虎・乱・舞!」

先に動いたのはロバートだった。一気に距離を詰め、無数の乱打を放つ。

「どないや!結局ワイの勝ちやったやろ!」

眼鏡が吹っ飛びよろめく紅葉に向けて両手を引いて構え、

「覇王!翔!吼!拳!」

と、虎の形をした巨大な覇王翔吼拳を放つ。だが、

「ドアホウが!結局貴様の敗因は僕の眼鏡を吹き飛ばしたことだ!」

紅葉は普段見えない眼鏡でセーブしている視力を使い、覇王翔吼拳を紙一重で躱す。

「なんやて!?」

「貴様は全身がキラースポット!結局次の一撃でこの試合は終わるのだ!」

紅葉の拳がロバートの腹に突き刺さり、ロバートが倒された。だが。

「クソッ…結局相打ちと言うことか…」

と言って紅葉も倒れた。

『さあ、どんどん参りましょう!アーデルハイト!バーサス!ユリ!READY…』

「容赦はしないわよ」

「負けないよ!」

『FIGHT!』

二人が掛けだし、扇子と拳が交差する。

「やるね!」

「あなたもなかなかのものね」

二人の攻撃が交錯し、交わる視線が火花を散らす。

やがて、どちらともなく決着をと考え始める。

「疲れたから早く決着付けようよ。」

「次に貴方のお兄さんが控えているものね。」

そしてユリはより強い一撃を繰り出すために構え、アーデルハイトは扇子をしまい、指輪をはめる。

「まさかこんな表舞台でシモンリングを使うなんてね。」

指輪から氷が走り、空気中の水分が凝結、氷の人形が形成される。

「行くよ!ちょう!竜虎乱舞!」

「氷人形無限乱舞!」

大量の人形が竜虎乱舞で砕かれ、最後の一体をストライカーとして飛び込んだキングが砕き散らす。

人形が一つ残らず砕かれたところにアッパーカットがたたき込まれ、最後に放った氷の弾丸にユリが

吹き飛ばされ、相打ちと相成った。

「大丈夫かい?アーデル?」

「ご苦労様、ユリ。」

さてと、と二人をねぎらった後両チームのリーダーが前に出る。

「思ったより出来るじゃないか。じゃあ俺も極限流の真髄、見せてやるよ。」

「僕も最初から炎を使わせてもらいますよ。」

リョウが構えをとり、炎真が額に炎を灯す。

「面白いじゃないか!道場の修繕費、出してくれるよな?」

「ええ、経費で落としてやりますよ!じゃあ、ツナ君の決め台詞を借りて…」

ここで炎真は言葉を切り、構えをとって言う。

「えっ…と…やっぱりちょっとアレンジして…死ぬ気で貴方を倒します!」

「おもしれえ、そこまで言うなら死ぬ気で来い!キング!」

「ああ、手出しは無用、でしょ?」

そして二人はかけ出し、ちょうど中間でぶつかり合った。

「やあっ!」

「そらっ!」

気迫とともに鋭く拳を繰り出し、もう片方の手で受け止める、すかさず蹴りを繰り出すと少し体勢を変えていなす。

蹴り、突き、フック、アッパー、肘、膝、裏拳、後旋腿と、様々な基本技が飛び交い、地味だが激しい戦いが繰り広げられる。

「埒があかねえ!おらっ!」

リョウがしびれを切らして炎真に鋭いボディーブローを放つ。

「ぐっ」

怯んだところへ連続して拳がたたき込まれる。

「ぐはっ」

「どうだ!極限流空手、暫烈拳は!」

とどめにただのアッパーカットを放つのが常だった、だが常に戦い方が進化するのが格闘家、リョウも暫烈拳を進化させている。

「完成!暫烈拳改!」

虎砲と呼ばれるアッパーカットを放ち、自身も飛び上がる。そしてそこから両手を組んで突き落として見せた。

だが、炎真も負けてはいない、掌から重力を持った球体を飛ばして動きを封じ、続けて自分に重力を使って反動を殺して

親友の技を真似てみせる。

「超高速!Xカノン!」

ツナのXカノンは反対方向に炎を噴射して反動を殺すのだが炎真は自分に大地の重力を使いXカノンを見事に真似て見せた。

今度は怯んだリョウに連続攻撃を仕掛け、膝を付かせる。

「クッ、虎煌拳!」

掌に気力を集めてリョウが掌底突きを放てば炎真は

「Xブレイカー!」

高純度の炎を纏った正拳突きを放つ。

リョウの虎煌拳が炎真を大きく弾き飛ばし炎真のXブレイカーがリョウを床面に少しだけめり込ませる。

「うぐぅ…やるじゃねえか…よっと!」

軽く飛び上がって床を少しだけ破壊しながら脱出し、リョウは腰を捻って両手を合わせ、覇王翔吼拳の構えをとり、

炎真もふらつく体を気力で支え、両手を突き出す。

「さてと、俺も次の一撃が限界だ。最大最高の覇王翔吼拳を限界ギリギリの力でぶち込んでやるぜ。」

「僕も死ぬ気で最後の一撃を放ちます。どちらが強いか…勝負です!」

リョウの体から龍の形をしたオーラが吹き上がる。

「覇王…」

炎真の体にも炎のオーラがリング状に纏わり付き、体を固定する。

「大地の…」

そして

「翔!吼!拳ッ!」

「XXBURNER!!!!」

リョウの手から巨大な龍の形をした覇王翔吼拳が放たれ、炎真の両手からも高純度の炎が放たれる。

極太の光条が二つ、しのぎを削り合うかのようにぶつかり合い、火の粉と光の粉を周囲に振りまく。

そして絶叫。

「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

二人の喉から猛りあがる咆吼。

気迫と気迫がぶつかり合い、大熱量の旋風を巻き起こした。そしてそれと同時に吹き上がる粉塵。

つまり、二人の最高の力がぶつかり合った結果、道場の屋根をぶち抜く大爆発がおこったのだ。

煙が晴れるとそこにはふらつきながらもなんとか立っている、しかし吹けば飛ぶような頼りない

印象を周囲に植え付けるほどにボロボロのリョウと膝を着き、肩で息をしながら喘ぐ炎真だった。

『決着ゥー!すばらしい激戦を制したのはわずかに地力で勝ったリョウ・サカザキ!よって、

一回戦は極限流チームの勝利です!』

「フウ…お疲れ様、リョウ。」

「ああ、すまんなキング。」

「まあ、よく頑張ったんじゃないの?俺としては後が怖いけど、確か並盛高校にあの赤ん坊が

やってきて言ったんだよな?負けたらねっちょりコース…って」

「ハア…ハア…ハア…ねっちょりはイヤだけど楽しかったから…僕は満足…だけどね…少し…

眠らせ…て…」
ジュリーと会話している炎真にリョウが問いかける。

「なあ、無名でそこまでやるってすげえな、世の中には強い奴がゴロゴロしてるのは分かるが、

あの炎は一体何なんだ?お前は一体何者なんだ?」

その問いに炎真は小さく

「自警団由来のマフィア…ですよ。あの炎はこのリングの力…このリングは僕しか使えないんですけどね…

すみません…続きは…また…起きたときにでも…スゥ…」

そこまできっちり喋ってから眠りについた炎真にユリとロバートは

「いてててて…律儀な人だね…」

「あたたたた…ホンマやなあ」

と呟くのであった。


「さて、戻るぞふたりとも!」

「ちょ、ちょっと待つでヤンスよ!」

「そうだぜ!急ぎすぎじゃねえか!」

「やれやれ、韓国在住はこういう時大変ですね、道場ごと移転してはどうです?」

韓国チームの四人は言い争いをしていた。並盛中学校校庭にてボンゴレチームに敗れた彼らはすぐに韓国に

帰国すべきか否かで言い合いをしていた。

まず、すぐにでも戻って更正という名のシゴキをしようと考えるキム、対してチャンとチョイはすぐに戻らされて

しごかれるのが嫌なチャンとチョイ、そしてそれを面倒臭げに俯瞰しているジョンであった。

そこに実況がやってきて韓国チームの面々に

「あの…これから先の試合を出場選手は無料で観戦できるんで、よろしければ他の試合もご覧になられてはいかがでしょうか?

二回戦以降になりますがひょっとすると新世代チームが勝ち上がるかもしれませんよ。息子さんの試合もご覧になられては?」

「そうだぜ旦那!ひょっとするとなんかのヒントが見つかるかもしれねえぞ!(少しでも長く修行に戻るまでの時間を稼がねえと!)」

「アッシは見てみたいでヤンスねえ、さっきのボンゴレチームみたいな奴らが常連とどんな戦いをするのか、見に行くでヤンスよ!

(チャンの旦那、アッシもアンタと同じ考えでヤンス!)」

「私も観戦ぐらいなら許可しても良いと思いますよ。うまくいけば彼らに更正の意志を強めさせることも出来る。(それにアテナさんも

絶対に勝ち上がってくる!)」

三者三様のダークな意思統一に押されてキムも了承した。



ハイ!
如何だったでしょうか?おもしろがって頂ければ幸いです!次はいよいよ草薙さん達が登場!
サブタイは一回戦第三試合 KOFの主役、来る!親父狩り狩り狩り?
お祭りですから真吾をアッパー修正しました!
柴舟哀れ…
ではまた!さあっ!しめてしめて!
京「じゃあな!」
真吾「さよーならー!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。