OPENING 黒曜チームの場合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もうまともに次回予告できる気がしない…
フラン「随分情けない作者ですねー」
ほっとけ!


「あ~退屈びょん!何かおもしれ~ものはねーびょんか?」

廃墟の一室に三人の少年がいた、内の一人、ワイルドな外見の城島犬がいかにも退屈そうに言った。

「犬、うるさい。」

影のような印象のニット帽を被った少年がぼそりと反応し、

「ホントに退屈そうですねー犬ニーサン」

と、リンゴの被り物の少年、フランが皮肉る。

「おめーらは退屈じゃねーのかよ。」

「退屈だけど…何かやるのは…めんどい…」

「別にー、犬ニーサンと師匠のやりとり見てるだけでミーは十分面白いですよー」

へっ。と犬がふてくされたとき、隣の部屋から特徴的な髪型をした青年、六道骸が部屋に入ってくる。

「クフフフフ…まあそう言わずに、その退屈しのぎになりそうな物が始まりますよ。」

「退屈しのぎれすか?」

「ええ、キング・オブ・ファイターズを開催します…と。どうしますか?」


ハイ、また短かったです。
次回はきっと若者の俺を立ててくれるはずだぜおやじチームNEO!
ハイ、骸さん達でシメちゃって。
骸「随分テンションが落ちていますね。それでは3人でシメて下さい。」
犬「次回も絶対見るびょん!」
柿ピー「めんどい…」
フラン「お後がよろしくないようで…どーもすいませーん。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。