~東方作者録~ 第1作者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ネタが思いつかねええ!!!!」

今絶賛机の上で頭を抱えている美少年 それが俺だ

        • いや美少年だよ? 

そして その時ある声が聞こえた

(少年よ・・・力がほしいか・・・)

oh.....アイムファンタジーヘッド
変な英語はおいといてなんなんだよこれ?

(少年よ・・・力がほしいか? ほしければくれてやる)

「いらないです」

(少年よ・・・え?)


「いやだからいらねぇよ」


(え・・・だって困ってたし・・・せっかくお前が今書きたいけどネタがないといっている東方の世界に送ってやろうと思っていたのに しかも作者だから能力も自由っていう特典をつk)
「おk 行こう 今すぐ行こう 早急にだ」

(お・・・おう ならば一度気絶してもらおう)


「おう てか展開速すぎね?」

(それは突っ込んだら負けじゃ それじ・・・・いっ・・・・)


こうして俺は意識を手放した
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。