魔法少女らいが☆マギカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女らいが☆マギカ【マホウショウジョライガマギカ】

魔法少女らいが☆マギカとは、七峰来駕創作大系の「七峰来駕三部作」における真の第三作であり、「現実逃避の末に見えてくる新たな現実」を描こうとする作品である。
その名の示すとおり魔法少女まどか☆マギカの二次創作であり、最終回後の魔獣世界における一つの町での魔法少女たちの戦いを描いた作品である。

いまのところエターなってはいないのでストーリー解説は行わないが、
要するに七峰来駕が夕霧桜花という少女に変身して名家のお嬢様とか後輩とかとキャッキャウフフしながら百合プレイに勤しむ作品である。

来駕的にクトゥルフ的な狂気性を持たせたいと思っているのでキュゥべぇ発見まではそんな感じの文体でやろうかと考えているが、
這いよれ!ニャル子さんの文体が思いのほか自分とマッチングしていたような気がするのでそこを目指してみたいとも思っているらしい。

それと、過去作でも少なからず見られた残虐性を今回は前面に押し出すことを考えており、
そのため主人公もだいぶ色々やりやすい身体になっている。それはもう色々。
また、来駕の作品群の中でもとりわけ「七峰来駕」「夕霧桜花」意外に固有の名前を持つレギュラーキャラクターを用意したことも珍しいことではある。
もともとこれらの名前を多用するのも慣れ親しんだ名前で呼びやすいというのと、自分以外の一個人を混じらせたくないという深層心理によるものでもあった。

テキスト化が待たれる、かもしれない作品、かもしれない。