七峰来駕創作大系


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

七峰来駕創作大系【ナナミネライガソウサクタイケイ】

七峰来駕が脳内で思い描く創作世界のこと。"七峰来駕"と呼ばれる存在たちの可能性世界線、あるいは創作世界線とも呼ぶ。

作者の性癖から総じて七峰来駕という名の少年が何らかの干渉を受けて女体化及びそれに近い状態に陥るTSFが描かれることが多い。
これによって生み出された中でも特に初期の「東方擬態録」「ELEMENT DOLL」「有限会社NO NAME」は七峰来駕三部作と呼ばれている。

近年新たに「魔法少女らいが☆マギカ」が製作されたことで「(有)NO NAME」は元々作品自体が破綻していた為事実的に黒歴史認定され、
新たに「らいマギ」が三部作入りすることが決定されている。

総じて来駕の脳内にて恐るべきスピードで話数が進行し、速やかに最終回・エピローグに至った後完結して満足してしまうので、
どれも書籍、あるいはテキストデータ化されていない。来駕がそうした時間を持つことを嫌がること、また頭で思い描いたことを文章に上手く書き表せない、
ということも原因の一つではある。(おおむねアニメかマンガ的なイメージ映像から文章に書き起こそうとしているため少なからず齟齬が発生する)

どの作品も何らかの作品群を見たことでインスピレーションのままに描かれることが多く、内容的に稚拙であったり破綻していたりするものが多い。
完全な二次(三次)創作のため表舞台に出しづらい、だいたいTSFであれば即座に満足してしまうことが多いためあまり作りこまれない、ということも理由の一つではある。
現在、「這いよれ!ニャル子さん」から着想を得た「カバード・コア(仮称)」が鋭意製作されているが、内容はまだ公開できたものではない。

これらは有限個人NO NAME内の通称「視聴覚室」にて製作・発表される。詳しくは(有)NO NAME内装にて記載する。