※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はい、石田衣良というだけでまた買ってきました。
正直なところ、この間の1ポンドの悲しみで恋愛ものは今は満腹なんだけどなぁと思いつつ手に取りました。

ええ、すみません。恋愛ものじゃありませんでした。
最近は石田衣良の恋愛ものばっか読んでたので勘違いしました。

泣かせる感動もの短編集ですね。
僕はどちらかと言うとお気楽のハッピーエンドの物語の方が好きです。
大事なものを失うことは悲しいこと、そう分かりきった"当たり前"のことだからです。
でもその"当たり前"のことを自然に読ませてしまうのが石田衣良なんですよね。
本書の解説にも似たような記述がある。

良い作品なんだけど……そろそろ石田衣良の長編ものを読みたいな。
特に若者が主人公のやつが良い。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|