※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

!広告!


ううむ、伊坂幸太郎である。
この作者は時間軸の移動が非常に上手い(ミーハーの意見だけれども
もちろん、楽しんで読めた一冊なのだが、なにが一番良かったって解説が良かった(失礼
げふんげふん、作品が面白かった上です。
何故伊坂幸太郎の文が魅せるのか?
改めて具体的に言われるとなるほど!と言ってしまうことに気づく。
それぐらい自然かつ熟練された技なのだ。
解説にあったが、伊坂幸太郎は客観的な描写と主観的な描写を心地よくミックスさせているのだ。……変な言い方だけれども
今回の作品はそれが特に強く感じられる。
なんで?ってこれはハードボイルド作品だからってのも大きい。
ハードボイルド作品……線引きがかなり難しいジャンルだと思うけれど、これは確かに表面は冷たい文章を得意とする伊坂幸太郎にしてはいつもよりかなーり冷たい。でもいつも通り気持ち良い。
冷たければハードボイルドという訳では無いけれど、なんとなーく分かるものがある。
そして、登場人物はかっこいいのだ

おすすめの一冊である。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|