※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【灼眼のシャナII】【ラノベ】【アニメ】【萌え】【2008】【3】
公式 wiki ニコニコ
サブラクとの激しい戦いの中、疲労の色を見せたヴィルヘルミナの絶体絶命の危機に、紅蓮の炎と共にシャナが躍り出る。時とともに受けた傷を広げていく自在法『スティグマ』。そのため他のフレイムヘイズは動けないと思っていたサブラクは、シャナの登場に驚愕する。だが、サブラクの驚きはそこで終わらなかった。ザロービが現れた時からあり、彼との戦いが終わった後でさえ消えなかった違和感。ヴィルへルミナがひとりサブラクの相手をしている間、その正体に悠二は着目し、考え、結論を得たのだった。そして、3人のフレイムヘイズと1人のミステス、佐藤と一美の2人の人間が加わった作戦が始まる。


えぇー、いきなりスティグマ封じ。
実際に技を喰らわないと、実験出来なかったってとこですか?
でも、わざわざ出血を放置して、シャナと同時に使う必要ないよなあ。
他のフレイムヘイズが瀕死、って思わせるためにか。


待て、これはUGの罠だ。
さっくりサブラクを悠二の計略通りに嵌め、撃退。
シャナの体育座りとか、珍しく見せまくりパンツとか見所満載の戦闘だった。
まぁ、その中でも佐藤の男前っぷりが一番だね!

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|