※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【灼眼のシャナII】【ラノベ】【アニメ】【萌え】【2008】【3】
公式 wiki ニコニコ
ザロービの計略を推測し、自らの力で最前の策を成し遂げた悠二の元へ、シャナとヴィルへルミナが合流した。だが、安心する間もなく新たな攻撃が3人を襲う。シャナの体を刻む無数の刃、ヴィルへルミナと悠二を飲み込んだ巨大な茜色の炎。それが一瞬にして同時に行われたのだ。そして、崩壊した商店街の瓦礫の上にかろうじて立ちあがった悠二の胸に、剣が突きつけられる。剣の主の名は“懷刃”サブラク。悠二を繁華街に誘ったザロービも、その動向を睨み照準を付けていたビフロンスも、サブラクが張った罠でしかなかったのだ。気配を消し、時とともに傷を広げる自在法“スティグマ”を操る敵に、ヴィルヘルミナ、マージョリー、そしてシャナ、3人のフレイムヘイズが翻弄される。


なんという中二病全開の強さ。
だが、それがいい(ニヤッ
しかし、強さの概念が曖昧なので良く分からんという事実。


悠長に説明するな!
サブラクの長い口上と言い回しは、嫌いじゃないけど……。
あれだけ失血してるヴィルヘルミナがだらだら、話してるのは変だねえ。
素晴らしい判断力、みたいな描写がヴィルヘルミナには多く見られるけど、それ程でもない気がする。
ドラゴンボールばりの攻撃とかで無駄に力使い過ぎでしょう。


なんかだらけきってるシャナとマージョリーをよそに瀕死です。
サブラクはもっと大胆に動いても良いんじゃないか。
だって、あれは人形みたいなものでしょう(ずばり
いくら戦法がばれるのが嫌だからって、本末転倒してる感じが否めない。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|