※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


紹介
永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

我孫子武丸……。
この覚えやすい名前から、あのゲームをプレイした人にはピン!と来るだろう。
そう、あの『かまいたちの夜』に関わった小説家だ。
小説の方で我孫子の文章を読むのは初めてです。
ここで改めて気づくのは、その技巧の幅広さだ。
テンポと小説内の空気を調整出来ると言ってもいい感じだ。
今回読んだ『殺戮にいたる病』、とても有名な一作だ。

読んでみて、思ったこと。
最後の数ページのために全文があると思っても良い内容だ。
それぐらい最後のどんでん返しは良く出来てる。
ただ、それまでがそれの"準備"であると感じてしまうのも確か。
この本は兄貴と友達に薦められて読んだのだけど、正直なところ期待しすぎてた感が否めない。
「お、おらだまされないぞ!」と身構えすぎてたとも置き換えることが出来る。
かなり面白い作品であるのは間違いない。
でもミステリー好きには物足りないかもしれない。
どことなくあざといのだ。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|