※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


あらすじ  公式より
悠二の鍛錬は、自在法の構築を試みる段階にきていた。幾度かの失敗の後、悠二が封絶に成功した時、シャナとアラストールからの祝い言葉はなかった。悠二の張った封絶を染める、“銀色の炎”から目が離せずにいたからだ。学園祭まで3週間を切り、悠二のクラスでは出し物の最終決定と、地域の商店街まで繰り出す、仮装パレードへの代表者選びが行なわれていた。シャナや一美だけでなく、史菜と悠二もまた出場者として選ばれ、それぞれが仮装する役がくじ引きによって選ばれる。そしてシャナがその怪しい影に気付いたのは、そんな一日の夕刻だった。“徒”でこそないが、悠二の家から彼女らを尾行するその影に、シャナは容赦ない一撃を加える。


"戦闘狂"とまで言われてるマージョリーさんでも、流石に炎の色だけでUGを殺そうとするのかねぇ……。
人違いの可能性がある時点で、殺してもすっきりしなさそうだが。
文化祭とかジュブナイルなネタは大好きだが、シャナでやられてもなぁ……。
UGが揺れ動かない時点で魅力として欠ける。さっさと戦闘しる!


帰ってきた親父(ヒロシ
最近、ヒロシが色んなところで活躍してるようで嬉しい。
吉田がいきなり屋根に上がってるのはご愛嬌だ。
封絶を数秒だけ張れば良いじゃないとか言っちゃダメだ!
吉田は動けるはずだけど、言っちゃダメだ!
……もうgdgd恋愛話は良いからさっさと手を伸ばしてください。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|