※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


あらすじ  公式より
ヴィルヘルミナと加えた鍛錬は徐々にその成果を見せ始め、悠二は次の段階へまた一歩踏み出そうとしていた。 一方、悠二の状況を知りつつも何も出来ない自分の腑甲斐なさを感じていた佐藤は、ついにマージョリーに「俺を、鍛えて下さい」と懇願する。マージョリーと一緒に街を出て、マージョリーの力になりたい。その「力が欲しい」と。 だが、その真剣は眼差しに対し、マージョリーは冷たく言い放つ「アンタ、死ぬわよ」。そして、彼女がこれまでどんな生き様を味わって来たのか、その一部を…世界恐慌から数年経った頃のニューヨークで、あの“千変”シュドナイと繰り広げた戦いとひとりのフレイムヘイズとの出会いとを語り始める。


悠二がスーパUGになりつつあるのを、微妙な気持ちで眺める佐藤。
佐藤は普通の人間だからねぇ。しかも脇役。
悠二の主人公補正を妬むのは当然……。
フレイムヘイズの紹介でフレイムヘイズになるって出来るのかねぇ。
フレイムヘイズになる流れがいまいち分からないっていう。


どう見ても死亡フラグ立ってます。
ここまで立ってる死亡フラグを回避するのはもはや無理。
間違いない!このショタは死ぬ!
ぶっちゃけマージョリー(おっぱい要員)は余り重視してないんで、こんな過去話は1話で流して欲しかったりする。
佐藤をどうすんだよ、佐藤を。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|