※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


あらすじ 裏表紙より
私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁が無い。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった! クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本のファンタジーノベル大賞受賞作。

大学生の時に読めて良かった、そう思えた一冊。
実に時間の有り余ってる大学生にありがちなアホな話を、ひたすら難しい語調で書いてある。
作者の妄想と現実が入り混じっており、読み解くのにちょっと難があるかもしれない。
でも読み解いてみれば実に親近感の沸くことに気づく。
そしてその難解さを差し引いても輝かんばかりで男臭い一冊。
男女どっちが妄想に耽る割合が高いか分からないけど、一級の妄想者?の力を垣間見たような気分になった。
二度目に読むと新しい発見に出会えそうで楽しみだ。

あと京大とかの頭良いヤツはやっぱ変人なのかな、とも感じた。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|