※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この間読んだ 分身 は正直微妙だった。
なので東野圭吾の小説はちょっと間を置こうかな、そう考えてた。
しかし、やっぱり時間を長時間潰すならミステリーだ。
ミステリーなんて東野ぐらいしか読んだこと無いし、やっぱり東野の作品に自然と手が伸びる。
ってことでやっぱり買ってきました東野作品。

読み終わって一言。
手を出してよかった……。ええ、面白かったです。
550ページ手前ほどある少し厚めの文庫本なんですが、一日で読み終わっちゃいましたよ。
んな馬鹿なことあるかって設定が土台にあるのに、不自然さを感じさせずに物語を展開させるスピーディーさにハラハラ。
最初に手の内を晒しておいて、話を進めるってのは難しいことだと思う。
どうやってあの場面に繋がるんだろう、そう考えると頁をめくる手が止まらない。

そして最初から最後まで無駄がほとんど無い。
読み終わった今そう感じてます。
ぶっちゃけ分身の反動で2~3倍は面白く感じた(苦笑
時生をアマゾンでチェックする。
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|