※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実のところ、僕は東野圭吾の本を読むのはこれが初めてである。
なんとなく硬い本格ミステリーの匂いがして避けてきた。
あの有名な白夜行などもドラマともどもスルーしてきた。
結構周りから薦められてはいたが、こういう嗜好品は結局のところ主観が肝心なので、それらの素晴らしいアドバイスも加えてスルーしてきた。

ミステリー?なんだそれは。
そう言いたくなる東野圭吾のブラックジョーク満載の短編集である。
ううむ、これは食わず嫌いしてて損していた。
久々に、人生に裏づけされた一冊を読んだ気がする。
何気ない生活の一欠けらに、ありえないようなスパイスを加えて自分の世界を作る。
素晴らしい手腕である。

ちなみに僕は無人島大相撲中継が好き。

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|