※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もくじ


「赤毛のアン」の年代について

赤毛のアンの時代設定は、単純にはモンゴメリが子供として過ごした時代と考えればいいでしょうから、1880年代あたりとのことに対して「おおざっぱにはOKね」として、誰も反対する人はいないと思われます。ファンの中には、後から出版されたアンのシリーズから推定されている人もおられます。

では、正確には、と考えるとどうなるのかしら。

クイーン学院に入学するときのシャーロットタウンの様子

クイーン学院に入学するために、シャーロットタウンにアンが着いた日、下宿の窓から電話線が見えるとの記述があります(a network of telephone wires shutting out the sky:CHAPTER XXXIV A Queen's Girl)。

シャーロットタウンに電話が開通した(Telephone service installed)のは1884年(Dates of interest in Charlottetown's growth by シャーロットタウン市公式ホームページ(pdfファイル) より)、または、1890年(松本侑子訳 集英社文庫の注p.527には1885年に法律が州議会で通り、1890年に電話が開通とある。これはAnnotated Anne of Green Gables 1997を資料としている)のようです。

とすると、クイーン学院に入学したのは、1884年(1890年)かそれより後。

1884年(1890年)に開通したということは例え工事途中の電話線がそれより前にやってきていたとしても張り巡らされてはいまい、ということで。もちろん、これは、電話線ではなく、電線が張り巡らされていたと解釈することも可能ですが(日本の電柱のように電線と電話線がいっしょになってるならどっちがどっちかわからないわけで)、これも少々おかしいようです。電灯がやってきた(City first lighted by electricity)のは1885年12月21日なのです(出典同じくDates of ……)。電灯用以外の電線と解釈するのは無理があると思いますし(動力用が張り巡らされているのは工場だけでしょうし、当時はその可能性はないと思われます)、モンゴメリは「telephone wires」と書いているのですから、無理の上に無理を重ねるのはNGではないかと。

そこで結論:
電話線や電灯(a thousand lights gleaming on stranger facesとの記述を電灯と考えると、ですが)がシャーロットタウンにやってきた年よりも後に、アンがクイーン学院に入学したと考えると、1884年かそれよりも後、または、1890年かそれよりも後(松本訳注)。それから逆算すると、1869年(電話を基準)か1870年(電灯を基準)か、1875年(松本訳注の電話を基準)か、それより後に生まれたことになるでしょう。

なお、モンゴメリは1874年11月30日生まれ。1893年(18歳)にシャーロットタウンのPrince of Wales Collegeに入学したときには、アンが見たのと同じように電話線が空を覆い、目映い街灯が夜の街を照らしていたでしょう、きっと。
★ L. M. Montgomery InstituteのChronologyを参照しました

まとめ

シャーロットタウンの歴史を前提に考えると、アンは1869年生まれかそれよりも後と考えるほうがよい。

1870年生まれとした年表

できごと アンの年齢 西暦 コメント
アン誕生(3月) 0 1870
アン、グリーン・ゲイブルズへ(6月) 11 1881
シャーロットタウンに電話が入る(installed) 14 1884 シャーロットタウン市ウェブページによる
アン、クイーン学院に進学(9月) 15 1885 シャーロットタウンの空には電話線
シャーロットタウンに電灯が灯る(12月21日) 15 1885 シャーロットタウン市ウェブページによる
シャーロットタウンに電話が開通 20 1890 松本訳 注による

1879年生まれとした年表(クイーン学院の入学の年が、モンゴメリがPrince of Wales Collegeに入学した年の翌年になる)

できごと アンの年齢 西暦 コメント
アン誕生(3月) 0 1879
シャーロットタウンに電話が入る(installed) 5 1884 シャーロットタウン市ウェブページによる
シャーロットタウンに電灯が灯る(12月21日) 6 1885 シャーロットタウン市ウェブページによる
アン、グリーン・ゲイブルズへ(6月) 11 1890
シャーロットタウンに電話が開通 11 1890 松本訳 注による
アン、クイーン学院に進学(9月) 15 1894 シャーロットタウンの空には電話線

★ 参考

2007年6月3日、6月9日


アンがミス・バリーに招かれてシャーロットタウンに行ったときの様子

アンが13歳の9月、ミス・バリーに招かれてシャーロットタウンに行き、品評展覧会(Exhibition)や音楽会を見ました。音楽会のあと、ミス・バリーの薦めでレストランでアイスクリームを食べますが、それをアンは、at brilliant restaurants at eleven o'clock at night (CHAPTER XXIX An Epoch in Anne's Life)とマリラに話しています。

松本訳では、「夜の十一時に、電灯でまぶしいくらい明るいレストランで」(p.340)となっています。この部分に対する訳注9(p.517)には、プリンスエドワード島に電灯が初めてついたのは1885年、と記しています(シャーロットタウン市のウェブページには1885年12月21日とあります。Dates of interest in Charlottetown's growth by シャーロットタウン市公式ホームページ(pdfファイル) より)。モンゴメリの英文そのものは「電気で」とは書いてありませんが、前後からアヴォンリーより明るいことがわかります。ランプではなく、電灯と考えるのは自然です。

とすると、アンが品評展覧会に行ったのは、1886年かそれより後。逆算すると、アンは1873年かそれより後に生まれたことになるでしょう。

★ 参考

2007年6月16日


シャーロットタウンの品評展覧会(Exhibition)

アンが13歳の9月、ミス・バリーに招かれてシャーロットタウンに行き、見に行った品評展覧会(Exhibition)はプリンスエドワード島全体の産物の展覧会のようです。松本訳注の品評展覧会については(第29章(4) p. 516参照)、1890年からプリンスエドワード島州全体の展覧会になったとあります。しかも、その前に、ジェーンとルビーはすでに2回行っています。

ジェーンとルビーが行った展覧会がプリンスエドワード島全体のものだったとすると、アンが品評展覧会に行ったのは、1892年かそれより後。逆算すると、アンは1879年かそれより後に生まれたことになるでしょう。少し、理由が弱いかもしれません。

★ 参考

  • L. M. モンゴメリ 著・松本侑子 訳 赤毛のアン (2007年3月25日 第4刷) 集英社文庫 ISBN4-08-747201-9
2007年6月17日


ミス・バリーに招かれてシャーロットタウンに行った、帰りの様子

アンが13歳の9月、ミス・バリーに招かれてシャーロットタウンに火曜日に行き、金曜に帰ってきます。金曜の夜は、(ほぼ)満月です。Behind them the moon was rising out of the sea that grew all radiant and transfigured in her light. (CHAPTER XXIX An Epoch in Anne's Life)。厳密に満月ではなくてもいいとは思いますが、夕方に月が昇るわけですから、ほぼ満月。満月の前後2日くらいは丸い月としてもいいのではないかしら。

そこで、そのころの月齢と曜日を調べてみました。月齢は、こよみのページを利用しました。月齢カレンダーをクリックして(直接リンクができませんでした)、1870年代からの月齢を調べました。シャーロットタウンは世界標準時より5時間遅い東部標準時のようなので(GMT-5)、-5時間で満月を調べました。

OKとNGの年が五分五分の割合でした。

9月の満月の日の表

西暦 満月の日 コメント アンの生まれ年
1879 30日(火) NG! 1866
1880 18日(土) OK 1867
1881 7日(水) 許せる 1868
1882 27日(水) 許せる 1869
1883 16日(日) 許せる 1870
1884 5日(金) OK.しかし、NG!※ 1871
1885 24日(木) OK 1870
1886 13日(月) NG! 1873
1887 2日(金) OK.しかし、NG!※ 1874
1888 20日(木) OK 1875
1889 9日(月) NG! 1876
1890 28日(日) 許せる 1877
1891 18日(金) OK 1878
1892 6日(火) NG! 1879
1893 25日(月) NG! 1880
1894 14日(金) OK 1881
1895 4日(水) 許せる。しかし、NG!※ 1882
1896 21日(月) NG! 1883
1897 10日(金) OK 1884
1898 29日(木) OK 1885
1899 19日(火) NG! 1886
1900 9日(日) 許せる。しかし、NG!※ 1887

※ 前の週が8月。ミス・バリーからのお誘いがダイアナを通してあるのが、出かける前の週で、それも9月。

★ 参考

2007年6月17日


アンがはじめて学校に行った日(9月1日)

アンが11歳、グリーン・ゲイブルズにやってきた年の9月1日(on the first day of September)、ダイアナといっしょに学校へ行きます(CHAPTER XV A Tempest in the School Teapot)。 もちろん平日のはずです。

そこで、 9月1日の曜日を調べてみました。

西暦 曜日 コメント アンの生まれ年
1877 1866
1878 NG! 1867
1879 1868
1880 閏年 1869
1881 1870
1882 1871
1883 1872
1884 閏年 1873
1885 1874
1886 1875
1887 1876
1888 閏年 1877
1889 NG! 1878
1890 1879
1891 1880
1892 閏年 1881
1893 1882
1894 1883
1895 NG! 1884
1896 閏年 1885
1897 1886
1898 1887
1899 1888
1900 1889

※閏年ではありません。100で割り切れて400で割り切れない場合は閏年にしないので(グレゴリオ歴)

1867年生まれ、1878年生まれ、1884年生まれ、ではないようです。

2007年6月3日、6月9日
2007年6月17日(1894年~1900年を追加)


ステイシー先生と教え子たちの演芸会(コンサート)

アンが12歳、ステイシー先生がやってきた年のクリスマスに演芸会(コンサート)を開きました(CHAPTER XXIV Miss Stacy and Her Pupils Get Up a ConcertCHAPTER XXV Matthew Insists on Puffed Sleeves)。 これは、クリスマスの日(12月25日)です。 アレン牧師が司会をしていますので(CHAPTER XXV Matthew Insists on Puffed Sleeves)、安息日の日曜ではないはずです。

そこで、 12月25日の曜日を調べてみました。

西暦 曜日 コメント アンの生まれ年
1878 1866
1879 1867
1880 閏年 1868
1881 NG! 1869
1882 1870
1883 1871
1884 閏年 1872
1885 1873
1886 1874
1887 NG! 1875
1888 閏年 1876
1889 1877
1890 1878
1891 1879
1892 NG! & 閏年 1880
1893 1881
1894 1882
1895 1883
1896 閏年 1884
1897 1885
1898 NG! 1886
1899 1887
1900 1888

※閏年ではありません。100で割り切れて400で割り切れない場合は閏年にしないので(グレゴリオ歴)

1869年生まれ、1875年生まれ、1880年生まれ、1886年生まれ、ではないようです。
1870年生まれ、1881年生まれ、1887年生まれ、とするとクリスマスの日が月曜で、前日は日曜。日曜には教会に行くのではないかと思いますが、リンド夫人が訪ねてくることはあっても教会に行く話はでてきていません。引っかかります。(2007年6月17日 追加)

★ この項目名には、松本侑子訳の第24章の章題を使いました。

2007年6月3日、6月9日
2007年6月17日(1893年~1900年を追加)


1866年生まれ説(「アンの娘リラ」にもとづく)

上のふたつの年表には基本的には違いはありません
アンは1866年生まれとなっています。「アンの娘リラ」からの逆算だそう(by aerithさん)。

1866年生まれとすると、アンがマリラとマシューに引き取られたのが11歳の1877年、クイーン学院に進学するのが15歳の1881年となります。

もちろん、あまりややこしく考える必要はなく、モンゴメリは第一次世界大戦に合わせて「アンの娘リラ」では西暦を入れたものの、アンの子供のころ(シャーロットタウンの電話線のはなし)とは矛盾してしまった、と考えれば、アンは1866年生まれと思うんです。

2007年6月3日、6月9日



今日 - | 昨日 - | Total - since 03 June 2007

last update: 2007-06-17 13:50:19 (Sun)