闇籠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The filling of the darkness【やみかごめ】
[武具]

概要

現在は失われてしまった製法によって作られた武具の1つ。危機式はA。
軸の部分が空洞になった棒で、空洞には闇が詰まっているとされる。
魔術的にも工学的にもどういった技術で作られているのか解析できていない。
「質量は変わらないが重くなった」という現象は常に観測されており、この不可解な「重さ」が打撃力そのものに影響している。
とはいえ、殺害用の道具として「棒」が選択されることは少なく、「棒でなければ破壊できない何か」の為に製造されたというのが通説である。
製造時期、製作者等の関連は一切不明ながら「闇纏・やみまとい/D.C.G.・ダーガー」という棒が姉妹武具として登録されている。

使用者

使用者はこの重さの影響を受けない者に限られ、千年以上もの期間をポゥリッツ家の者が代々受け継いでいる(そもそもポゥリッツ家で相続されている私財ではある)が、「当主でも重たくて持てなかった」例や「遊びにきた友人でも持てた」例から遺伝的条件の有無はほぼ無いとされる。

空洞に詰まった通称・闇は数種以上のを変換した魔術的物質とされる。
「負の感情等の性質を帯びた第5〜7元素物質」という報告もある。


<関連作品>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。