大陸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Continents【たいりく】
[地理]

地球上にはかつて超大陸・大大陸といった一続きの広面積の大地があったとされる。
大陸の大きさとその数は概ね反比例し、もっとも古くは1つの広大な面積の大陸であったという。
統一期の残された資料によると、統一戦争開始時に戦略すべき20の大陸、終結時点で「統治する10の大陸」とある。
地殻変動等による影響での大陸の増減はほぼ無かったと見られており、
  • 祭りの時代に人口増加に対応した人口の大地の増設
  • 儀式的あるいは大規模的行動の産物・副産物としての大陸浮上に依るもの
  • ムーの大陸分断戦争の様な大規模戦闘が頻発した結果
大陸の定義が資料・為政者・時代で異なる点が多いため現在の大陸の定義・面積・数と比較するのは困難である。

祭期2年にまとめられた「大陸の定義」で定義されたものは全部で13である。
大陸の面積の大きいものから
  1. オストライリア
  2. ザオーブ
  3. アルャツェーラ
  4. 第四大陸
  5. ツェナーフリ
  6. アンタイ
  7. ウェザルフ
  8. リーヴェル
  9. イグザカン
  10. ブランクルス
  11. フランク
  12. エスン
  13. イーチェランダ
14位以下の面積の陸地は「島」と呼ばれている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。