大陸の大きさ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Continent's area【たいりくのおおきさ】
[地理]

祭期2年に発表された大陸の定義は「海岸線が一周する陸地」であり「イーチェランダを最小の大陸と定め、有する面積がそれ以下の場合はとする」となっており、現在まで広く使われている。

大陸の面積の大きいものから
  1. オストライリア
  2. ザオーブ
  3. アルャツェーラ
  4. 第四大陸
  5. ツェナーフリ
  6. アンタイ
  7. ウェザルフ
  8. リーヴェル
  9. イグザカン
  10. ブランクルス
  11. フランク
  12. エスン
  13. イーチェランダ

14位以下の面積の陸地は「島」と呼ばれている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。